ページトップ

[本文へジャンプ]

防犯灯印刷用ページ

2014年12月16日 更新

 現在、市内には、約13,700灯の防犯灯が設置されており、市内の自治会等の協力を得ながら、市が維持管理を行っております。

防犯灯とは

 道路における夜間の犯罪の防止及び通行の安全を図るために設置している電灯のことをいいます。
防犯灯が設置されている柱は、主に[1]東電柱[2]NTT柱[3]鋼管ポール柱の3種類があります。

防犯灯のLED化

 市が管理する防犯灯は、平成26年度に全てLED照明に交換する工事を行いました。
 LED照明は、水銀灯80W相当の明るさのもので、同程度の明るさの蛍光灯や水銀灯と比べ省エネ性能が高く光源寿命も長いことから、電気料金を大幅に削減でき、二酸化炭素の排出量の削減も見込めます。
(※一部、開発事業者等が所有している防犯灯は、蛍光灯や水銀灯の場合があります。)

LED防犯灯LED防犯灯

防犯灯を新たに設置するには

 市では、八千代市防犯灯設置等に関する基準に基づき、防犯灯の設置をしています。新たに設置を希望する場合は、自治会長、区長を通じて、防犯灯設置要望書を提出してください。
 自治会が無い区域は、地域の代表者を決めていただき、防犯灯を設置する場所の周辺の方の同意を示す書類も併せて提出してください。
 詳細については、生活安全課までお問い合わせください。

防犯灯が故障したら

 市では、防犯灯の不点、破損等があった場合、連絡の重複を防ぐ意味で、できるだけ地元の自治会を通して生活安全課へ連絡をいただくようお願いしています。連絡の際に、防犯灯が設置されている電柱の番号(例:北越192)、近くの目標物、住所などをお知らせください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 生活安全課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)