ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 安全・防犯 > 交通安全 > 道路交通法が改正されました

道路交通法が改正されました印刷用ページ

2015年6月2日 更新

平成27年6月1日から改正道路交通法の一部が施行されました。

今回の改正内容

自転車で、危険行為を反復して行った人に講習受講が命じられます

自転車危険行為

 一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は公安委員会の命令を受けてから3か月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。

  • 自転車運転者講習
  講習時間  3時間
  手数料  5,700円
  対象者  危険行為を3年に2回以上繰り返した14歳以上が対象 

  受講命令に従わない場合は5万円以下の罰金に処せられます。
 
  • 危険行為
  [1]信号無視
  [2]通行禁止違反
  [3]歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  [4]通行区分違反
  [5]路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  [6]遮断踏切立ち入り
  [7]交差点安全進行義務違反等
  [8]交差点優先者妨害等
  [9]環状交差点安全進行義務違反等
  [10]指定場所一時不停止等
  [11]歩道通行時の通行方法違反
  [12]制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  [13]酒酔い運転
  [14]安全運転義務違反 

  その他の危険行為も対象となるものがあります。
 

一定の病気に該当すること等を理由に免許を取り消された場合

 一定の病気に該当すること等を理由に免許を取り消された場合、取消しから3年以内で免許を再取得した場合は、取り消された日までの期間と再取得した免許を受けていた期間は継続されていたものとみなされます。

25年12月1日の改正内容

平成25年12月1日(日)から改正道路交通法の一部が施行されました。

無免許運転などの罰則が強化・新設されます


改正内容 これまでは
1 無免許運転をすると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
2 無免許運転をするおそれがある者に自動車や原付を提供すると、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
※自動車や原付を提供された者が無免許運転をした場合に限る
-
3 運転者が無免許であることを知りながら、自動車や原付に乗せてくれるように運転者に要求や依頼をして同乗すると、2年以下の懲役または30万円以下の罰金 -
4 自動車の使用者等が無免許運転を命じたり容認すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金
※「自動車の使用者等」とは、自動車の運行を直接管理する立場にある事業主や安全運転管理者など
1年以下の懲役または30万円以下の罰金
5 運転免許証を不正に取得すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金 1年以下の懲役または30万円以下の罰金

 

自転車が道路右側の路側帯を通行することが禁止されます

路側帯を走る自転車の絵

 現在、自転車などの軽車両は、歩道がない道路の左側にある路側帯と右側にある路側帯のどちらも通行することができますが、施行後は左側の路側帯しか通行できません。右側にある路側帯を通行すると、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。 

ブレーキ不良自転車に対する指導が強化されます

改正内容
1 警察官は所定の安全基準を満たしているブレーキを備えていないと認められる自転車を停止させ、そのブレーキについて検査することができます
※「所定の安全基準」とは、[1]前車輪及び後車輪を制動すること[2]乾燥した平坦な舗装路面において、制動初速度が10キロ毎時のとき、制動装置の操作を開始した場所から3メートル以内の距離で、円滑に自転車を停止させる性能を有すること
2 ブレーキの整備不良やブレーキ自体がないことが確認された場合、警察官はその自転車の運転者に対し、ブレーキの整備などの応急措置をとることや運転の中止を命じることができます
3 警察官による停止や命令に従わなかったり、検査を拒否したり妨害すると、5万円以下の罰金
 

問い合わせ先

八千代警察署 交通課
電話番号:047-486-0110 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 生活安全課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)