ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 安全・防犯 > 防犯対策 > 八千代市空き家等の適正管理に関する条例が施行されました

八千代市空き家等の適正管理に関する条例が施行されました印刷用ページ

2014年10月1日 更新

 この条例により、空き家等が管理不全な状態になることを防止し、良好な生活環境の保全及び市民が安心して安全に暮らせるまちづくりを推進します。

条例制定の背景

 空き家については、本来、所有者が適正な管理を行うべきでありますが、近年、適正な管理が行われていない、管理不全な状態の空き家が全国的に増加しています。
 管理不全な状態の空き家は、倒壊、建築材料の飛散等による人の生命若しくは身体又は財産に対する被害、火災又は犯罪の発生の誘発、草木の著しい繁茂等による周辺の生活環境への悪影響といった問題をひきおこすおそれがあります。
 本市においても、管理不全な状態の空き家に対する苦情や相談が寄せられており、市では、所有者等に対し、適正な管理をするよう協力依頼をしておりますが、相続や転居により所有者の所在が判明しない場合や所有者が対応してくれない場合など、問題の解決にいたらないことがあります。
 このため、市では、空き家の所有者の責務を明確にするとともに、管理不全な状態の空き家による問題を解決するための必要な事項を定めた「八千代市空き家等の適正管理に関する条例」を制定することとなりました。

条例の内容

(1)目的

 この条例は、空き家等が管理不全な状態になることを防止し、良好な生活環境の保全及び安心で安全なまちづくりの推進に寄与することを目的とします。

(2)所有者等の責務

 所有者等は、空き家等が管理不全な状態にならないよう、適正な管理を行わなければならないものとします。

(3)情報提供

 市民等は、空き家等が管理不全な状態にあるとき、その情報を市に提供できるものとします。

(4)調査

 (3)の情報提供があったとき、又は管理不全な状態の空き家等があると認めるときは、空き家等の状態、所有者等の情報その他必要な事項について調査するものとし、必要な限度において、空き家等への立入調査を行うことができるものとします。

(5)助言・指導

 空き家等が管理不全な状態にあると認めるときは、所有者等に対し、適正な管理に必要な措置について助言、指導することができるものとします。

(6)勧告

 指導に従わないときは、所有者等に対し、適正な管理に必要な措置を講ずるよう勧告することができるものとします。

(7)命令

 勧告に従わず、かつ、空き家等の管理不全な状態が著しいと認めるときは、期限を定めて、所有者等に対し、適正な管理に必要な措置を講ずるよう命ずることができるものとします。

(8)命令代行措置

 所有者等から命令に係る措置を履行することができない旨の申出があった場合において、その理由が正当であり、かつ、緊急にその措置を講ずる必要があると認めるときは、所有者等の同意を得て、その措置を講ずることができるものとします。
 なお、命令に係る措置を講じたときは、その措置に係る費用を所有者等から徴収するものとします。

(9)公表

 所有者等が正当な理由がなく命令に従わないときは、あらかじめ意見を述べる機会を与えた上で、所有者等の住所、氏名等を公表することができるものとします。

(10)警察その他の関係機関との連携

 管理不全な状態の空き家等の適正な管理のため必要があると認めるときは、警察その他の関係機関に必要な協力を求めることができるものとし、協力を求めるときは、所有者等の情報を提供することができるものとします。

条例の施行日

平成26年10月1日

条例本文等資料

このページに関するお問い合わせ

八千代市 建築指導課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)