ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 安全・防犯 > 消費者問題 > 長期使用製品安全点検・表示制度について

長期使用製品安全点検・表示制度について印刷用ページ

2012年7月1日 更新

長期使用製品安全点検制度

長期間の使用で経年劣化により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれの多い製品(特定保守製品)に対して、点検制度が設けられました。

対象製品は、以下の9品目になります。
  1.ブルトイン式電気食器洗機
  2.浴室用電気乾燥機
  3.石油給油機
  4.石油風呂がま
  5.FF式石油温風暖房機
  6.屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
  7.屋内式ガス瞬間湯沸器(プロパンガス用)
  8.屋内式ガス風呂がま(都市ガス用)
  9.屋内式ガスふろがま(プロパンガス用)

      点検制度の表示例

点検制度の表示例

長期使用製品安全表示制度

経年劣化による重大事故発生率は高くないが、事故件数の多い製品について、「製造年」「設計上の標準使用期間」「経年劣化についての注意喚起」の表示が義務化されました。

      表示制度の表示例

表示制度の表示例

消費者の皆さまへ

平成21年4月1日以降に製造又は輸入された対象製品については、長期使用製品安全表示がされています。標準使用期間が過ぎたら、異常な音や振動、においなど製品の変化に注意しましょう。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 消費生活センター
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)