ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 安全・防犯 > 消費者問題 > 「洗濯機・脱水槽事故防止」について

「洗濯機・脱水槽事故防止」について印刷用ページ

2012年6月1日 更新

経済産業省より、洗濯機の使用方法について、指を切断したり、腕を骨折するなどの事故を起こす可能性があるとして注意を促すよう発表がありましたので、お知らせします。

この事故は、洗濯・脱水槽が完全に停止する前に、洗濯物を取り出そうとして、洗濯物が指に絡まるなどするのが原因です。2007年5月に事故報告されてからこれまでに同様の事故が6件発生しています。
経済産業省では脱水槽が完全に止まるまでは槽の中の洗濯物に手を触れないよう、注意を促すほか、脱水中、フタを開けてから15秒以内に脱水槽が止まらない場合は故障の可能性があるとして製品の使用中止を呼びかけています。

また、社団法人日本電気工業会(JEMA)では、2007年からホームページ上での同様の注意喚起を行っています。

脱水槽が停止する前に洗濯物を取り出すのは危険です、洗濯・脱水槽が確実に停止してから洗濯物を取り出してください。

【お問い合わせ先】
一般社団法人 日本電機工業会 家電部 企画業務部
〒100-0082 東京都千代田区一番町17番地4
TEL:03-3556-5887 FAX:03-3556-5891
ホームページ:

このページに関するお問い合わせ

八千代市 消費生活センター
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)