ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 防災 > 東日本大震災 > ボランティア団体等による東日本大震災の被災者支援活動

ボランティア団体等による東日本大震災の被災者支援活動印刷用ページ

2013年4月1日 更新

被災者一時避難所(ふれあいプラザ)における支援内容(平成23年4月22日最終)

1.支援金

 (1)支援金額 808,871円
 (2)提供者 21団体、2個人
 点訳グループあけぼの、梨香会、福祉芸能部、斉藤カルテット、卓球有志、無名会、八千代ハイキング、八千代ロータリークラブ、大和田新田下区自治会、大和田支会、八千代吟友会、読売センター高津、木球会、正山会、玉すだれピーナツ、八千代市卓球連盟家庭婦人、宝声会、美香苑、コーヒーと音楽の集い一同、囲碁サークル会員一同、勝田台女性会、その他個人2名(順不同、敬称略)

2.支援物資

 (1) 支援物資の内容
 食糧 : 米、卵、野菜、肉、果物、お菓子、お茶の葉、カツ、ハンバーグ
 飲料 : 缶コーヒー、牛乳パック、パインジュース
 衣料 : マスク、下着等衣料品、靴下カバー
 その他 : 花、ほうき、スリッパ、洗剤、加湿器、おもちゃ、絵本、歯ブラシ、歯磨き粉、補聴器、防災グッズ、CD、紙おむつ、タオル、ぬいぐるみ
 (2) 提供者  11企業・団体、19個人
  大和田支会、八千代市農業協同組合、北葉企業、利根コカコーラボトリング、日本赤十字奉仕団、八千代市歯科医師会、コーシン乳業、八千代市社会福祉協議会、吉田整形外科、八千代補聴器センター、島村商店、その他個人19名(順不同、敬称略)

3.ボランティア活動

 (1) 支援の内容
  夕食の調理及び配膳、ヘルスケア、犬と猫の預かり、散髪、蕎麦配膳、ラーメン配膳、はり・灸・マッサージ
 (2) 参加団体  12団体、6個人
  日本赤十字奉仕団、上高野原村上一部支会、つつじの会、北東支会、さざんかA、さざんかB、西北支会、八千代市医師会、東京女子医科大学八千代医療センター、かとれあ、FT蕎麦打ちを楽しむ会、きちえもんラーメン店、その他個人6名(順不同、敬称略)

救援物資の支援活動

 吉田整形外科では、東日本大震災発生直後から、福島県で被災者の支援を行っているNPO法人「ハートネットふくしま」を通じて救援物資の支援を行っております。

名称 住所 連絡先
吉田整形外科
院長:吉田 章一
〒276-0037
八千代市高津東3-1-10
電話:047-487-4154
FAX:047-405-5515
NPO法人
ハートネットふくしま
〒963-8811
福島県郡山市方八町2-7-1 サイエンスビル301号
電話:024-954-7959
FAX:024-954-7960

被災地での支援活動

・被災地東松島市で散髪ボランティア
 平野 悟さん(吉橋)
 消防団員の平野さんが、3月28日東松島市宮戸小学校を訪問し、散髪ボランティアを行いました。現地の友人から避難所の運営について相談を受けた栄町消防本部、岩崎信夫さんからこの話を持ちかけられ、迷わず手を上げました。
 しかし、実際に被災地に行くと、テレビで見るよりもはるかにひどい状況に震えと涙が。物資も届きにくく、お風呂もない避難所生活を目の当たりにしました。地元の理容師と二人で、朝から日が暮れるまで67人を散髪。「お返しに笑顔をもらいました。声がかかれば、またぜひ協力させていただきます」と話していました。

・気仙沼市でけんちん汁やつきたての餅を
 東葉フレンドシップクラブ
 東葉高速鉄道沿線で地域活性活動を行っている、東葉フレンドシップクラブ。4月27日に有志15人が、気仙沼総合体育館でけんちん汁やつきたての餅などの炊き出しを行いました。きっかけは東日本大震災の影響で、源右衛門まつりや八千代ゆりのき台つつじ祭りなど、毎年行っていた行事が中止になったこと。祭りに参加するために準備していたことを、支援活動に充てることにしました。自分たちで摘んだよもぎや、掘った竹の子を使った春の味も、笑顔と一緒に被災地に届けました。

・大船渡市でカレー2,000食の炊き出し
 八千代市民の東日本大震災支援プロジェクト
 4月18日に市内の有志24人が、商工会議所と社会福祉協議会の協力を得て、大船渡市で炊き出しを行いました。初めは源右衛門鍋を持参して、被災した人たちを心身ともに温めようという計画でしたが、先方の希望でメニューはカレーとコロッケに変更。避難所2カ所で昼食と夕食の2回、各1,000食を提供しました。この活動は、これからも引き続き行われる予定です。
  第2弾として6月11日~13日まで南三陸町に行くそうです。

・南三陸町へ“電気”を運びました
 鈴木 康彦さん(大和田新田)
 「磁気を使った発電なので、何もない所でも大丈夫なんです」。4年越しで南アフリカへ電気を持ってく準備をしていた鈴木さん。出発直前だった4月13日、急きょ南三陸町に向かいました。真っ暗だった駐車場や診療所がライトアップされると、周囲からは歓声が上がりました。

・石巻市で瓦礫・土砂の撤去作業を実施
 八千代青年会議所
 4月13日から16日まで、5月5日から8日まで岩手県石巻市ボランティアとして、八千代青年会議所の有志の皆さん19名が作業車(ユンボ)、ダンプカー、トラックを持っていき瓦礫や土砂の撤去作業を行いました。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 総合防災課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)