ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 防災 > 防災対策 > 避難行動要支援者名簿

避難行動要支援者名簿印刷用ページ

2017年1月23日 更新

 八千代市では、大規模災害発生時に、避難行動要支援者の生命又は身体を災害から守るために必要な措置をとるため、避難行動要支援者名簿(以下「名簿」といいます。)を作成しています。

対象者

 名簿の対象者は、次のいずれかに該当する人です。

  1. 介護保険法に基づく要介護3以上の高齢者
  2. 身体障害者手帳の交付を受け、障害の程度が1~2級の障害者
  3. 療育手帳の交付を受け、障害の程度がAからAの2の障害者
  4. 精神障害者保健手帳の交付を受け、障害の程度が1級の障害者
  5. その他特別の事情で避難支援を希望し、市長が認める者

避難支援等関係者の役割等

 大規模災害時の対応には、行政の力だけでは限界があります。避難支援等関係者は、普段から同意を得られた避難行動要支援者への声掛け、見守りを行い信頼関係を築くよう努めます。また、災害発生時等には、避難行動要支援者の状況を把握し、必要な支援を行います。
 なお、避難支援等関係者本人やその家族等の生命・身体の安全を確保した後に、避難支援を行うので、状況によっては避難を支援できないこともあります(避難支援等関係者は、支援活動について法的な義務を負うものではありません)。

名簿の外部提供

 普段から避難行動要支援者の避難支援体制をつくるため、避難支援等関係者へ名簿に記載された本人の同意を得て名簿の提供を行います。
 名簿の提供に同意する人は、次の「八千代市避難行動要支援者登録申請書兼情報提供同意書」を提出してください。
 なお、避難支援等関係者には、名簿情報を適正に管理するよう説明し、指導します。
 また、災害時に生命又は身体を守るため特に必要があると認めるときは、本人の同意を得ずに名簿の提供を行います。

避難行動要支援者とその家族による備え

 避難行動要支援者とその家族は、日頃からヘルプカード(個別計画)の作成や更新に努めてください。
 作成にあたっては、近所や自治会等支援してもらえる人に依頼し、地域支援者(※)の確保に努め、作成したヘルプカード(個別計画)を市に提出するとともに、災害の発生に備え、自宅内のわかりやすい場所に掲示してください。
 また、内容に変更があった場合は、速やかに市に報告してください。

※ 地域支援者とは、家族・親族、友人・知人や避難支援等関係者のうち、ヘルプカードに基づき避難支援を行う者をいいます。

問い合わせ先

  • 災害時要配慮者支援基本計画に関すること

  安全環境部 総合防災課

  • 避難行動要支援者名簿に関すること

  健康福祉部 障害者支援課・長寿支援課

関連リンク

市で取り組んでいる要配慮者対策はこちらからご覧いただけます。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 総合防災課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)