ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 大気・悪臭関係 > 「習志野演習場」における旧軍毒ガス弾等の環境調査

「習志野演習場」における旧軍毒ガス弾等の環境調査印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 今般、地歴調査により、陸上自衛隊習志野演習場で、旧日本軍毒ガス弾等の存在に関する情報の確実性が高いことが判明し、防衛省及び環境省は、習志野演習場内及び周辺の環境調査を実施する予定となっています。
 習志野演習場の大部分は八千代市域に含まれていることから、今後は、「習志野演習場に係る旧軍毒ガス弾等の環境調査」について、継続的に掲載してまいります。

習志野演習場に係る旧軍毒ガス弾等の環境調査報告書の公表について

<20年8月27日>


 防衛省が、平成17年度から19年度にかけ実施した習志野演習場に係る旧軍毒ガス弾等の環境調査(地下水、物理探査、土壌、不審物確認、周辺大気環境)について、このたび、防衛省から、演習場周辺3市(八千代市、船橋市、習志野市)の要望に基づき、環境調査報告書の提供がありました。環境調査報告書は、平成20年8月27日から、市役所情報公開室及び環境保全課窓口で閲覧できます。

<報告書に関する問合せ>
 防衛省 経理装備局 施設整備課
 電話:03-3268-3111 (内線:20885)

<閲覧に関する問合せ>
 環境保全課
 電話:047-483-1151(代表) 

習志野演習場周辺における水道水源井戸の調査結果について

<20年3月3日>


 習志野演習場に係る旧軍毒ガス弾等による地下水への影響については、環境省が17年4月に調査を実施し、その安全性が確認されています。
 更に水道水源井戸としての安全性を調査するため、本年1月22日に市上下水道局では、独自で水質調査を行いました。その結果、すべての地下水で毒ガス関連物質は検出されず、安全な地下水であることが確認されました。

 

分析対象物質 調査場所 定量下限値(mg/L)
高津浄水場系
深井戸(4か所)
八千代台浄水場系
深井戸(3か所)
ジフェニルクロロアルシン ND ND 0.003
ジフェニルシアノアルシン ND ND 0.003
ジフェニルアルシン酸 ND ND 0.003
フェニルアルソン酸 ND ND 0.002
ビス(ジフェニルアルシン)オキシド ND ND 0.003
マスタード ND ND 0.001
ルイサイト1(ルイサイト2含む) ND ND 0.002
2-クロロビニル亜アルソン酸 ND ND 0.002
総ヒ素 ND ND 0.001
注:NDとは、分析対象物質の濃度が不検出であることを示します。
<問い合わせ>
 上下水道局維持管理課 
 電話:047-483-6587

習志野演習場の環境調査結果について、防衛省及び環境省へ要望書を提出

<20年2月19日>


 平成19年12月19日に開催しました住民説明会において、来場された住民より防衛省の報告内容に対して、疑問点が指摘されております。
 地域住民の安心安全の観点から、船橋市、習志野市、及び八千代市で協議した結果、国へ「調査の詳細について住民に周知すること」を要望すべきと意見がまとまりました。
 このことから、平成20年2月13日付で、防衛大臣及び環境大臣へ船橋市長、習志野市長及び八千代市長の連名にて要望書を提出いたしました。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 環境保全課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)