ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 省エネ > 家庭でできる省エネ

家庭でできる省エネ印刷用ページ

2017年7月7日 更新

やっちやっち

 地球温暖化を防止するためには、全ての市民のみなさんの温室効果ガスの排出抑制・削減に向けた行動が必要です。 
 一人一人が省エネをすることは温室効果ガスの削減になり、地球温暖化の防止につながります。
 地球温暖化の防止に向けて、低炭素型のライフスタイルを選択する「COOL CHOICE」に取り組み、日常生活に必要なエネルギ-はしっかりと確保し、知恵と工夫で節約できる部分はできる限り抑えましょう。

夏の省エネ

 本格的な夏の間は、熱中症に注意して無理のない範囲で省エネに取り組んでみましょう。

服装

  • ポロシャツの着用
  • 持ち物にはうちわや扇子も
  

家電
  • エアコンの夏の温度設定は28℃を目安に
  • 冷蔵庫の温度設定は中に


くらしの工夫

  • 緑のカーテンやすだれで涼しく
  • 日中は図書館・公民館等で教養アップ
  • 涼しい木陰でリフレッシュ
  • 一家だんらん・一部屋で
  • 朝夕は打ち水を
  • ちばの夏野菜で身体もクールダウン

        

1年を通してできる省エネ

エネルギーの消費量を減らす

  • エアコンフィルターは2週間に一度、清掃を
  • テレビの画面設定は明るすぎないように
  • 窓にはブラインドや遮熱シートを
  • 夜はこまめにライトダウン
  • 長時間使用する照明は蛍光ランプやLED電球に交換
  • 自動車選びには低公害車を

 

家庭でエネルギーを作る・貯める

  • 太陽光発電設備の設置
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム)の設置
  • 太陽熱利用システムの設置
  • 蓄電システムの設置

八千代市では、省エネルギー設備等の補助金を交付しています

ライトダウン ~ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。~

やっち

 環境省では、地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や各家庭の電気を消すよう呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しています。
 これはライトアップになれた日常生活の中で、電気を消して過ごすことでいかに照明を使用しているかを実感してもらい、地球温暖化問題について考えてもらうことを目的としています。

 毎年、6月21日「夏至ライトダウン」と7月7日「七夕ライトダウン」のいずれも午後8時から10時までの2時間を特別実施日として、一斉消灯を呼びかけておりますので、市民の皆さんも、ライトダウンへのご協力をお願いします。
 また、ライトダウンは、昼間、夜間を問わず無理のない範囲でお願いしています。本格的な夏に向け、知恵と工夫による節電に取り組みましょう。

冬の省エネ

 冬は、エアコンやこたつ、電気カーペットなど暖房機器の長時間使用が多くなるため、エネルギー消費が多くなってしまします。そのため、毎日の暮らしの中でみなさん一人ひとりが省エネルギーを実践することはとても大切です。
 資源エネルギー庁では、2月を「省エネルギー月間」とし、取組みの促進を図っています。寒い冬も、暖房機器を賢く使用して暖かく過ごしましょう。
※ガス・石油ストーブを使用される場合には、必ず換気をおこない、洗濯物や布団などを近くに置かないように注意しましょう。

重ね着

  • カーディガンやセーター、マフラーなどを活用しましょう
  • 足を冷やさないために厚手の靴下やひざかけを(足元や首筋を暖めると、体感温度が変わります)


エアコン

  • 室温設定は20℃を目安に
  • 2週間に1度を目安にフィルターをお掃除 (ホコリの目詰まりによる暖房能力の低下を防ぎます)
  • 厚手のカーテンやブラインドなどで外からの冷気の進入を防ぐ
  • 風向きは下向きにして空気を循環させる (暖かい空気は上昇しますので、足元から暖めましょう)

 
 

こたつ、電気カーペット

  • 機器の下にマットなどを敷いて保温効果を高める
  • こたつの掛け布団を2枚に

 
 

電気ストーブ

  • 電気ストーブやハロゲンヒーターは短時間使用する脱衣所や洗面所に(すぐに暖まりますが、部屋全体を暖めるには時間がかかります)

 

温水洗浄便座

  • フタを閉めて暖房している便座からの放熱を抑える

 

入浴

  • 間隔を空けずに入浴することで、追炊きの回数を減らす
  • シャワーの流しっぱなしにはご注意を

参考

このページに関するお問い合わせ

八千代市 環境政策室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)