ホーム > くらしの情報 > 環境 > 八千代の自然 > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

ページ印刷
ページID:000004655

2018年6月26日 更新

特定外来生物「ヒアリ」について、現時点では八千代市を含め千葉県内での生息は確認されておりません。
触ったり、巣を刺激したりしないように注意すれば、刺されることはまずありません。正しい知識を持って、冷静な対応をお願いします。

ヒアリとは

ヒアリは、体長は2.5ミリから6ミリで、体色が赤褐色で腹部が暗赤色のアリです。大きなアリ塚を作るのが特徴です。 もともとは中南米原産ですが、アメリカや中国等の国に侵入し定着しています。日本では特定外来生物に指定されており、29年6月に国内で初めて確認されました(29年5月26日に尼崎市で発見)。
ヒアリ(出展:環境省ホームページ)
詳しくは環境省や千葉県のホームページをご覧ください。

大きさや色合いが似ている種類

区分 ヒアリ アズマオオズアリ アミメアリ オオシワアリ ハリブトシリアゲアリ
参考写真 テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:  テキスト ボックス:
肉眼で見える特徴
  • 全体にツヤがあり、腹部がやや黒っぽい
  • 集団では色々なサイズが混ざる
  • 働きアリは、小型と大型の 2 タイプに顕著に分かれる
  • 大型の働きアリは頭が大きい
  • 上から見ると頭部と腹部が丸く、鉄アレイ型にみえる
  • 腹部にツヤがある
  • 頭部、胸部にツヤがない
  • 頭部から腹柄節は黄色っぽく、腹部は暗褐色
  • おしり(腹部)の先端がツンと尖がり、上から見るとハート型にみえる
国内の分布 ※29年6月国内(兵庫県)で初めて確認 北海道、本州、四国、九州、屋久島 北海道(南部)、本州、四国、九州、対馬、南西諸島、小笠原諸島 本州(太平洋岸)、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島 北海道(稀)、本州、四国、九州、対馬
出典:環境省ホームページ

もしヒアリをみつけたら

現時点では、八千代市内でヒアリが発見される可能性は低いと考えますが、もしヒアリとみられるアリを見つけた場合は、環境政策室(電話:047-483-1151)へご連絡をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 環境政策室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.