ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 省エネ > 公用車に電気自動車(EV)を導入します

公用車に電気自動車(EV)を導入します印刷用ページ

2016年4月11日 更新

 このたび、八千代市では、日産自動車(株)様よりe-NV200電気自動車(EV)を3年間無償で貸与していただくこととなりました。貸与された電気自動車は、公用車として、地球温暖化対策の取り組み(環境学習)等に活用していきます。
 納車にあわせて、28年4月9日(土)に日産e-NV200電気自動車出発式を開催しました。
※EVは、Electric Vehicleの略

電気自動車(EV)とは

 ガソリン自動車はガソリンをエンジンで燃焼させ、車を駆動させるのに対して、電気自動車は電動モーターで車を駆動させます。  電気自動車は近年、騒音も少なく、走行時に有害物質を排出しないため、環境問題への関心の高まりを背景に、注目を集めています。

EVをもっと身近に!プロジェクト 電気自動車活用事例創発事業 日産e‐NV200出発式を開催しました

日産e‐NV200出発式の様子日産e‐NV200出発式の様子

日時

4月9日(土) 午前11時30分~正午
※式典終了後(正午~午後0時30分)、「八千代市消防音楽隊」によるミニコンサートも開催しました。

消防音楽隊消防音楽隊

会場

車種

貸与された電気自動車と急速充電器貸与された電気自動車と急速充電器

日産  e-NV200 
ワゴン7人乗り 
(プラチナシルバー)













※貸与式で使用したスピーカーの電源は、この電気自動車「e-NV200」のコンセントから供給しました。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 環境政策室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)