ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ごみ・資源物 > 粗大ごみの出し方

粗大ごみの出し方印刷用ページ

2017年1月27日 更新

 平成17年7月1日から粗大ごみの処理が有料になりました。これは、少しの修繕で再利用可能な物も多いこと、粗大ごみの収集を依頼する人が限定的であることから、ごみの減量や資源の有効活用、ごみ処理費用の公平性を推進するために始めたものです。

粗大ごみとは
 20リットル用の市指定ごみ袋(袋の口の所が完全に縛れる)に入らない大きさのもの。ただし、蛍光管、傘、杖、バット、自転車用空気入れ等は、粗大ごみではありません。

粗大ごみの出し方

 粗大ごみの出し方には二通りの方法があります。それぞれの方法について紹介します。

1.収集依頼の場合

(1)粗大ごみ受付専用電話へ電話
 専用電話(TEL 047-483-4506)へ。このとき、住所・氏名・電話番号・収集依頼物などを伝えてください。
 ※番号の押し間違いにご注意ください。

【電話受付時間】 
 祝日・年末年始を除く月~金曜日 午前9時~午後4時30分

*電話をする前に*
  1. 申込み後、収集まで1週間前後かかります。お急ぎの依頼はお断りしています。
  2. 引っ越しに伴う収集は時間の余裕を見て申し込んでください。引っ越し後の収集はお断りいたします。
  3. 家具類や棒などは寸法(タテ×ヨコ×高さ)をお聞きいたしますので、事前に測っておいてください。
  4. 一回に10点まで申し込みできますが、大型または重量物(粗大ごみ処理手数料が600円のもの)が多い時は、何度かに分けていただくときがあります。

(2)粗大ごみ処理券の購入
 申し込み時に指定された金額分の“粗大ごみ処理券”を市内の取扱店表示シールの貼ってあるお店で購入してください。
※処理券は1枚300円です。詳しい料金については、下記粗大ごみ処理手数料一覧表で確認してください。

 (3)戸別収集
 指定日の朝8時30分までに処理券を処理依頼物の見える位置に貼り、玄関前などの指定された場所に出してください。
※収集時に立ち会う必要はありません。また、収集員は建物内には入れません。必ず指定された場所に出してください。

2.清掃センターに直接持ち込む場合

 清掃センターへ直接持ち込む場合は、運転免許証や健康保険証など、八千代市在住を確認できる物を持参してください。

(1)廃棄物処分申請書の記入
 「廃棄物処分申請書」に必要事項を記入し、清掃センターへ提出してください。申請書は、清掃センター、市役所2階クリーン推進課、支所・連絡所にあります。また、下からダウンロードして使用することもできます。
廃棄物処分申請書様式(PDF版)をダウンロードして使用することができます。
 ご使用の際は、必ずA4判の白紙をご利用ください。感熱紙や着色された紙、他用紙の裏面などの使用はできません。用紙のサイズに合わせて印刷してください。なお、用紙及び印刷は利用者のご負担になります。

(2)処理手数料を現金で支払う
 下表に掲載してある金額の半分になります。確認してください。
 ※粗大ごみ処理券は使えません。ご注意ください。

(3)指定された場所へ搬入
 指定された場所に処理依頼物を降ろしてください。

【家庭ごみの直接持ち込み受け付け時間】 
 祝日・年末年始を除く月~金曜日及び第3土曜日
   ・午前8時30分~11時40分
   ・午後1時~4時

清掃センターで収集・処理できないもの

 下記の物は、清掃センターでは収集・処理できません。危険物や処理が困難なものは、専門業者に相談するか、工事を依頼した業者や購入した店に引き取りを依頼してください。

 ●家電リサイクル法対象機器等
 テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵(冷凍)庫、衣類乾燥機、パソコンなど

 ●1辺が2メートルを超えるもの
 ただし次に挙げるものは除く
 ※カーテンレール、物干し竿、じゅうたん、カーペット

 ●著しく重い(大きい)もの
 ピアノ、エレクトーン、両 袖 付机、0.5 坪を超える大型物置、車、オートバイなど

 ●設置工事を伴うもの
 洗面台、浴槽、流し台、トイレ、アルミサッシ、玄関ドアなど

 ●危険物
 薬品、農薬、殺虫剤、ガソリン、灯油、バッテリー、爆発の危険がある物、注射器等の感染の危険がある物、有害な液体など

 ●構造上、市で処理できないもの
 スプリング入りベッドのマット、タイヤ、非金属性タイヤチェーン、車のパーツ、ガスボンベ、耐火金庫、マッサージチェアー等の大型健康器具、消火器など

 ●その他
 石などの硬いもの、ボーリングの球、砂、土、焼却灰、塗料、液体、液状の物、ペンキが残っている缶、増改築等に伴う建築廃材、産業廃棄物など

粗大ごみ処理手数料一覧表

※表記の無い品目や料金が不明な場合は、クリーン推進課(TEL 047-483-1151代表)または清掃センター(TEL 047-483-4521)へお問い合わせください。

種目 品目 取扱区分等 手数料
(円)
電気・ガス・石油器具 オーディオ機器(デッキ、アンプ等) 各1点につき 300
ガステーブル・コンロ   300
照明器具   300
ストーブ(ファンヒーターを含む)   300
スピーカー 2台まで 300
扇風機   300
掃除機   300
電子レンジ   300
ホットカーペット 2畳以下は2枚まで 300
ミシン   300
ワープロ   300
家具・寝具・建具 プラスチック製衣装ケース
※ほかの材質のものは1個300円
高さ40cm以下の物は2個まで 300
高さ40cmを超える物は1個につき 300
いす(座いす、ベンチ等) 一人がけの物 300
上記以外の物 600
カーテンレール 長さ200cm以下の物は10本まで 300
座布団、クッション 5枚まで 300
敷物(カーペット、じゅうたん、ござ等) 2畳以下は2枚まで 300
収納家具(タンス、本棚、 鏡台 、サ イ ドボード、食器棚、オーディオラック等) 長辺が100cm 以下 300
長辺が100cm を超える物 600
すだれ、よしず 長さ 150cm 以下の物は2本まで 300
ソファー、応接いす 一人がけ 300
上記以外 600
1/4に切断したものに限る ※注4 300
机(両袖付は不可)、テーブル 天板の長辺が 100cm 以下 300
天板の長辺が 100cm を超える物 600
建具(雨戸・網戸・ふすま・ドア・障子等) 工事を伴わない物に限る ※注4 300
布団 2枚まで 300
ブラインド 長さ 150cm 以下の物は2本まで 300
ベッド、ベビーベッド スプリング入りは不可 600
趣味・スポーツ・レジャー ギター(ケース含む)   300
健康器具(大型マッサージチェア等は不可) 30kg以下の物 300
30kgを超える物 600
ゴルフ用品 クラブ(14本まで) 300
バッグ 300
スキー板(ストック含む)   300
釣りざお 長さ200cm 以下の物は5本まで 300
その他 アイロン台   300
犬小屋 長辺が90cm を超える物は 600円 300
枝・幹・その他の木 ※注2 ※注4 300
乳母車、ベビーカー   300
木の板、ベニヤ板 長辺 150cm、厚さ3cm 以下の物は2枚まで ※注4 300
角材 ※注3 ※注4 300
子ども用遊具(すべり台・ブランコ等) 家庭用の簡易な物に限る ※注1 300
ごみ箱、プラスチック製ポリバケツ ※ほかの材質の物は1個300円 長辺が90cm 以下は2個まで 300
長辺が90cm を超える物は1個 300
自転車   600
旅行用スーツケース   300
すのこ 2枚まで 300
チャイルドシート   300
つっぱり棒 長さ 200cm 以下の物は5本まで 300
トタン板 長辺 200cm 以下の物は2枚まで ※注4 300
パイプ、棒 長さ 200cm 以下の物は5本まで 300
プラスチック製プランター ※ほかの材質の物は1個 300円 長辺が90cm 以下の物は2個まで 300
長辺が90cm を超える物は1個 300
プラスチック製の板 長辺 150cm 以下、厚さ3cm 以下の物は2枚まで 300
ポリタンク 2個まで 300
はしご 収納時の長さが 200cm 未満の物に限る 300
解体した物置 0.5坪以下の物に限る 600
物干し用ハンガー   300
物干しざお 長さが 200cm 以下の物は5本まで 300
物干し台(土台無しの物) 左右1セットで 300
上記以外の物で重量が30kg を超える物   600
※注1 30kgを超えるものは 600円
※注2 可燃ごみの基準以上(直径7cm 長さ50cm )の物で、長さ150cm 以下の物は、直径30cm以内の束にしてください。
※注3 長さが150cm以上にならないようにして、直径30cm以内の束にしてください。
※注4 少量のみの収集です。大量の場合は、増改築に伴う廃棄物という扱いになりますので、収集しません。
(例)収集する物の目安は畳は2畳分まで。雨戸は2枚まで

このページに関するお問い合わせ

八千代市 クリーン推進課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)