ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 大気・悪臭関係 > アスベストを含む製品の廃棄についてのお願い

アスベストを含む製品の廃棄についてのお願い印刷用ページ

2012年1月1日 更新

 国の調査により、家庭製品の一部にアスベスト(石綿)が使われているものがあることが分かりました。通常の使用では飛散の恐れはないとのことですが、ごみとして出すときには、飛散防止のため次のことを守ってくださるようお願いします。

破壊・分解をしないでください

 製品を破壊・分解せずに、そのままの状態で不燃ごみの指定ごみ袋に入れ、不燃ごみの日に出してください。主な該当品は、トースター(91年)・ジューサー(97年)・クッキングカッター(97年)などです。
 不燃ごみ袋に入らないものは粗大ごみになります。粗大ごみ専用受付電話(TEL 483-4506)に申し込んでください。ただし、有料処理です。主な該当品は、照明器具(95年)・掃除機(00年)・ストーブ(02年)・自転車(05年)などです。

※ ( )内の数字は、製造輸入終了年(西暦)です。また、主な該当品すべてにアスベストが含まれている訳ではありません。なお、市では、安全な収集作業のため、収集車両の変更などを今年度中に行う予定です。

 このほか、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・マッサージいすなど、市で収集していないものにもアスベストが含まれている場合があります。廃棄する場合は個人で分解などをしないで、市が許可している廃棄物処理業者などに処理を依頼してください。
 なお、事業所から出た産業廃棄物や建築廃材などにもアスベストが含まれている場合があります。市では収集・処理していませんので、産業廃棄物処理業者に適正処理を依頼してください。

飛散性のあるものは「アスベスト」と表示してください

 電気火鉢に使用されている石綿灰など、明らかに飛散性のアスベストを使用している製品は、水などで湿らせ、ビニール袋で二重に梱包し、不燃ごみの日に「アスベスト」と書いた紙を指定ごみ袋に貼り、ほかのごみと混ぜずに出してください。

※石綿灰は1966年に製造を終了しています。

アスベストを含む製品の見分け方

 アスベストが含まれる製品の確認は、製造メーカーにお問い合わせください。なお、経済産業省のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 クリーン推進課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)