ホーム > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ごみ・資源物 > 台風19号による災害ごみの出し方について

台風19号による災害ごみの出し方について

ページ印刷
ページID:000013505

2019年10月16日 更新

 台風19号に伴う災害ごみの出し方について、お知らせいたします。
 台風被害に起因しない生活ごみ(可燃ごみ、不燃ごみ、有害ごみ、粗大ごみ)や資源物(びん・缶・ペットボトル、古紙・布類、剪定枝・刈り草・ 葉)については、通常どおりのルールで排出してください。

一般家庭の敷地内に飛来したごみ

 一般家庭の敷地内に飛来した排出元不明のごみは、以下の方法で10月28日(月)までに排出してください。

落ち葉・枝などの燃えるごみ

 可燃ごみの日に「ボランティア袋」または「災害ごみ」と貼り紙をした透明・半透明の袋(市の指定袋でなくても構いません)で、普段ご利用いただいている「ごみ集積所」に出してください。
 大量に出す場合(集積所を利用する他の方に影響が出る程度)は、清掃センターへ直接搬入いただくか、何度かに分けて出してください。
 清掃センターへ搬入する際は、運転免許証など、住所の確認できるものを持参してください。
※敷地内の倒木などについては、ボランティア袋等を使用できません。通常どおりの分別にて出してください。
※「ボランティア袋」の申請・受取については、クリーン推進課及び各支所・連絡所で可能です。 

トタンや屋根材など

 回収を希望される方はクリーン推進課または清掃センターへご連絡ください。
 回収までお時間をいただくことがあります。
 清掃センターへ直接搬入する場合は、運転免許証など、住所の確認できるものを持参してください。
※屋根材のうちスレート等については、アスベストを含んでいる場合に飛散してしまう恐れがあるため、ビニール袋(指定ごみ袋でない袋で構いません)に入れ、口を縛り、「スレート」と記載したうえで排出してください。袋に入らない場合は、散水等により、アスベストが飛散しないようにしてださい。詳しくは下記リンクをご覧ください。

台風の被害により発生した一般家庭の粗大ごみ

 一般家庭で台風の被害により発生した粗大ごみについては、清掃センターへの搬入及び収集に係る手数料が減免の対象になることがあります。
 減免を受けるには、危機管理課が発行するり災証明書を添付のうえ、申請手続きが必要となりますので、事前にクリーン推進課または清掃センターへお問い合わせください。

清掃センター案内図

このページに関するお問い合わせ

八千代市 クリーン推進課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表) ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.