ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ごみ・資源物 > ごみの減量にご協力を!目標は一人一日100gのごみ減量

ごみの減量にご協力を!目標は一人一日100gのごみ減量印刷用ページ

2014年9月1日 更新

 八千代市では平成23年3月に、ごみの減量・資源化の推進に関する目標・方策などを示した「八千代市一般廃棄物処理基本計画」を策定しました。この計画で、平成21年度に821gであった一人一日あたりのごみの排出量を平成32年度までに100g減らして、721gにすることを目標にしています。
 ごみを減量することは、ごみの焼却施設や最終処分場の延命化につながり、焼却時の二酸化炭素削減による地球温暖化の防止にも役立ちます。一人ひとりができることから取り組んで、ごみを減らしましょう。

ごみ減量の実践例と100g減量の目安

レジ袋をもらわない(エコバッグを使用する)

 レジ袋 1枚 約10g   100gの目安 10枚

白色トレイは、公民館等の拠点やスーパーマーケットの店頭回収ボックスに持ち込む

 白色トレイ 大1枚 約10g 小1枚 約5g
       100gの目安 大10枚 小20枚

生ごみの水を切る

水100g水には色をつけています。赤の線で100gです。

 生ごみには多くの水分が含まれています。水切りをすることで、ごみの減量につながります。
 写真は500mℓペットボトルに100g水を入れた状態です。水切り量の目安にしてください。
 生ごみたい肥化容器等を使用することでも、生ごみの減量ができます。

使い捨て商品ではなく、繰り返し利用できるものを使用する

 マイ箸、マイボトル等を使用する
 割り箸 1組 約4g  100gの目安 25組

このページに関するお問い合わせ

八千代市 クリーン推進課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)