ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 新型コロナウイルス感染症にかかわる助成金・税金猶予など

新型コロナウイルス感染症にかかわる助成金・税金猶予など

ページ印刷
ページID:000014592

2020年7月1日 更新

令和2年7月1日現在の情報を掲載しています。

個人向け支援

子育て

支援策 担当窓口 支援策の概要
  • 子育て世帯への臨時特別給付金
  • 子ども福祉課
児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し、一時金を支給します。
  • 対象児童:令和2年3月31日までに生まれた令和2年4月分の児童手当対象児童(3月に中学校を卒業した児童等を含む)
  • 支給額:対象児童1人につき1万円

関連ページ
  • 新型コロナウイルスから赤ちゃんを守れ!ベビーバリア助成金
 (新生児新型コロナウイルス感染予防助成金)
  • 子ども福祉課
新生児の新型コロナウイル感染を防ぎ、母子の健康と健やかな育児の推進を図るため、新生児の保護者に対し、助成金を交付します。
  • 対象:令和2年4月1日~令和3年3月31日に出生し、その出生の日が、本市の住民基本台帳の登録日と同日である新生児の保護者
  • 助成額:新生児1人につき1万円

関連ページ
  • 新型コロナを乗り切ろう!ひとり親家庭支援給付金
 (ひとり親家庭緊急支援事業臨時給付金)
  • 子ども福祉課
就業環境の変化による影響を受けやすい、ひとり親家庭のうち、児童扶養手当受給者に対し、給付金を支給します。
  • 支給対象:児童扶養手当受給資格者のうち、令和2年4月分の児童扶養手当支給決定者
  • 支給額:1世帯に対して3万円

関連ページ
 

生活困窮者

支援策 担当窓口 支援策の概要
  • 住居確保給付金
  • 八千代市社会福祉協議会
  • 福祉総合相談室
離職・廃業、または休業等に伴う収入減少により離職や廃業に至っていないが、同程度の状況で、住居を失うおそれが生じている人に対し、家賃相当額(上限あり・3か月)を支給します。

関連ページ
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 八千代市社会福祉協議会
新型コロナウイルス感染症の影響で休業や失業となり、生活資金でお困りの人(世帯)に特別貸付を行っています。
  1. 緊急小口資金:休業などにより収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯が対象(上限あり・無利子)
  2. 総合支援資金:収入の減少や失業などにより生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯が対象(上限あり・無利子原則3か月)
【問い合わせ先】
  • 八千代市社会福祉協議会 047-483-3021
 

税金などの納付が困難な人 

支援策 担当窓口 支援策の概要
  • 国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料の減免
  • 国保年金課
  • 長寿支援課
令和2年2月~令和3年3月の間に納期限などが設定されている元年度分・2年度分の国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険料について、次のいずれかの世帯に属する被保険者の保険料について、該当世帯に属する被保険者の保険料を、主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額に応じて減免します。
  1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の令和2年中の事業収入、給与収入などが、前年比30%以上減少する見込みで、前年の所得が一定の基準以下の世帯

関連ページ
  • 地方税徴収の猶予
  • 納税課
新型コロナウイルス感染症の影響により収入に相当の減少があった人は、1年間、徴収の猶予が受けられます。(担保は不要です。延滞金もかかりません)
  • 対象者:1、2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)
  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

関連ページ
  • 水道料金、下水道料金の支払いの相談
  • 第一環境株式会社八千代営業所
  • 給排水相談課
新型コロナウイルス感染症の影響により水道料金・下水道料金の支払いが一時的に困難になった場合は、支払期限延長や分割納付など、支払いの猶予の相談に応じます。

【問い合わせ先】
  • 第一環境株式会社八千代営業所 047-483-5403
  • 八千代市上下水道局給排水相談課 047-483-6155
  • 国民年金保険料免除申請
  • 国保年金課
収入源となる業務や売り上げが減少し、所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた手続きにより、国民年金保険料免除申請(学生の人は学生納付特例申請)ができます。

関連ページ
 

個人へ向けたその他支援策

  担当窓口 支援策の概要
  • 特別定額給付金
  • 総務課
 関連ページ
  • 国保・後期高齢者医療保険の加入者への傷病手当金
  • 国保年金課
国民健康保険、後期高齢者医療保険に加入し、給与の支払いを受けている人で、新型コロナウイルス感染症に感染または感染が疑われ、その療養のため労務に服することができなかった期間傷病手当金を支給します (一定の要件を満たした場合に限る)

関連ページ
  

事業者向け支援

中小企業

 
支援策 担当窓口 支援策の概要
  • 八千代市中小企業者等経営支援金
  7月1日更新
  • 商工観光課
新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受け、売り上げが大きく減少している中小企業者等に対して支援金を支給します。
  • 対象:中小事業者、個人事業主
  • 要件:令和2年1月から7月のうち、任意のひと月の売り上げが前年度と比較して20%以上減少した市内の中小事業者等に対して、1事業者あたり、15万円を支給。

関連ページ
  • 国・県等の中小事業者向け支援
  • 商工観光課
持続化給付金や資金繰り支援(セーフティーネット保証)、千葉県の支援策については、関連ページをご覧ください。

関連ページ

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646 ファクス: 047-482-9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.