ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 各種計画・報告書等 > 計画の推進のために > 八千代市交通バリアフリー基本構想

八千代市交通バリアフリー基本構想印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 八千代市では、「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」(交通バリアフリー法)に基づき、平成15年3月に「交通バリアフリー基本構想」を策定しました。
 基本構想では、重点的かつ一体的に整備する必要がある「重点整備地区」として八千代中央駅周辺地区を選定し、駅や道路、歩道などのバリアフリー化のための基本的な方針を定めています。
 現在、道路管理者(市)、公共交通事業者(東葉高速鉄道(株)・東洋バス(株))、千葉県公安委員会(千葉県警察本部)が、基本構想に沿って作成した特定事業計画に基づいて、重点整備地区におけるバリアフリー化整備を進めています。
 また、施設や車両といったハード面の整備だけでは、真のバリアフリー化とは言えません。基本構想には、バリアフリーに対する市民の皆さんの理解をより深めていただくために、ハード面の整備と並行して「心のバリアフリー」の推進に努めることも盛り込まれています。
 ホームページでは、基本構想の「本編」のみを掲載しています。基本構想の策定段階で実施した「アンケート調査」や「交通バリアフリー体験会」などの結果をまとめた「資料編」は、「本編」と合わせて市役所1階情報公開室、各図書館に配置していますので、ご覧ください。

八千代市交通バリアフリー基本構想(PDF版)


   1)交通バリアフリー法等の制定
   2)八千代市のこれまでの取り組み
   3)八千代市の現況
     (1)人口
     (2)高齢者、身体障害者の行動実態
     (3)駅及び駅周辺の状況


   1)基本構想の目的と位置づけ
   2)基本方針
   3)重点整備地区の選定


   1)特徴
   2)基本的な方針
   3)重点整備地区の概要

   4)特定事業とその他の事業の内容


   1)特定事業等の推進
   2)心のバリアフリーの推進
   3)推進体制
   4)市民参加の推進


   1)勝田台駅周辺地区
   2)八千代台駅周辺地区


   1)全市域への展開
   2)建築物等のバリアフリー化
   3)心のバリアフリーの継続的取り組み
   4)社会情勢変化への対応
   5)今後の展開に向けた課題


このページに関するお問い合わせ

八千代市 都市計画課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)