ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > コミュニティバス・公共交通 > コミュニティバス 八千代台コースの運行に係る意見交換会を開催しました(H26.12)

コミュニティバス 八千代台コースの運行に係る意見交換会を開催しました(H26.12)印刷用ページ

2015年1月9日 更新

八千代台コースの現状と、今後どうしたら、効果的・効率的な運行にできるか、また、まちの賑わいを取り戻すのに、コミュニティバスを活用できないか等、地域の方々と市と事業者の3者が同席して意見交換を行いました。

コミュニティバス意見交換会の概要

開催日時:12月9日 午後2時~午後4時
開催場所:八千代台東南公共センター5階ホール
参加者:22名

意見の一部

意見交換会

地域の方々の主なご意見

  • 若い人はコミュニティバスを知らない人が多いので宣伝が必要。
  • 市役所(福祉センター)に行けるようにして欲しい。
  • 200円でも乗る。京成バスが路線バスを運行するなら、コミュニティバスはなくてもいい。
  • 高齢者割引定期のようなものが欲しい。
  • 車体を小さくしたら、赤字が解消できるのでは?
  • コミュニティバスで買物に出かけている。コミュニティバスがなくなれば、八千代台はもっと寂れたまちになる。
  • 病院通いで使っている人が多い。バスがなくなると、外出することができなくなる。
  • 若い頃は、八千代台駅まで歩いていた。今は東習志野で買い物をする。地域の活性化まで考えなかったが、なるべく市内の店を使いたい。市に知恵を絞っていただきたい。
  • コミュニティバスで外出している。外出する足がないと家を出ない。外出の機会がないと医療費が膨大になるのでは?
  • 回数券(サービス分はバス会社の協力)や、商店で使えるポイントなど、宣伝が必要。バス事業者側の協力も必要である。
  • 八千代台南一丁目の停留所について、近いうちにセブンイレブンができると思うが、セブンイレブンの前に停留所を移動して欲しい。
  • 東子供の森から大和田までの道路を早く整備して欲しい。

市の意見
  • 地域の取り組みによってより効率的・効果的な運行が可能ではないか。
  • コミュニティバスでまちの賑わいを取り戻すよう取り組みができないか。

意見交換会の開催について

 コミュニティバス八千代台コースは、平成27年3月31日まで運行を継続することとしていますが、それ以降の運行につきましては、35%の収支率(収支率:運行経費に対する運賃収入の割合)を目標値と定め、今後の運行継続の基準の1つとしています。  つきましては、下記のとおり現在までの利用状況等を踏まえた意見交換会を開催しますのでご案内します。

 日 時 12月9日(火) 午後2時
 場 所 八千代台東南公共センター5階ホール
      八千代台南1‐11‐6(八千代台駅から徒歩3分)

※事前の申し込みは不要です。直接会場にお越しください

このページに関するお問い合わせ

八千代市 都市計画課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)