ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 都市計画 > 都市計画高度地区(建築物の高さの最高限度)の変更

都市計画高度地区(建築物の高さの最高限度)の変更印刷用ページ

2015年3月31日 更新

 平成27年3月31日(火)付けで、高度地区(建築物の高さの最高限度)が変わりました。

  • 第一種高度地区は、20mの建築物の最高高さ制限が付加されました。
  • 第二種高度地区は、20mの建築物の最高高さ制限又は、31mの建築物の最高高さ制限が付加されました。
  • 準工業地域及び工業地域には、新たに第三種高度地区が指定され、20mの建築物の最高高さ制限となりました。(ただし、建物用途によっては、建築物の最高高さ制限が適用されません。)

特例

  • 平成27年3月31日(火)において、既存のマンション等、最高高さ制限に適合しない部分を有する建築物は、同規模・同用途であれば建替えが可能です。(建替えの際は、市の特例認定を受ける必要がありますので、注意してください。)
  • 準工業地域及び工業地域内の工場、倉庫等には、建築物の高さ制限(第三種高度地区)は適用されません。

区域図

区域図については、下記をご参照ください。
※区域図は高度地区の境界を明示するものではなく、あくまで参考としてご利用ください

区域の詳細は、下記からご参照ください。

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

八千代市 都市計画課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)