ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 住宅 > 長期優良住宅建築等計画の認定制度

長期優良住宅建築等計画の認定制度印刷用ページ

2017年7月5日 更新

制度の概要

 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。

 この法律において長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(「長期優良住宅建築等計画」といいます。)を認定する制度があります。認定された住宅は税制上の優遇を受けることができます。市内の住宅については市長が認定を行います。
 認定を受けるためには、長期優良住宅建築等計画は下記の認定基準を満足しなければなりません。また、認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うこととなります。

増改築に係る長期優良住宅の認定について(平成28年4月1日~)

平成28年4月1日から、既存住宅を増築・改築する場合の認定制度が開始されました。これに伴い、認定申請に係る様式が変更となりましたので、ご注意ください。
※申請にあたっては、新築による場合と同様に、登録住宅性能評価機関が発行する適合証を利用することができます。
※増改築工事がないものや、長期使用構造等と関係のない工事は対象となりません。
※「改築」は建築基準法における取り扱いと必ずしも同一でなく、耐震改修工事や断熱改修工事等を含みます。
インスペクション(現況検査)の技能を有する建築士が作成した状況調査書及び、増改築を実施しない部分の仕様について根拠となる図書を添付して提出してください。建築基準法に適合していることを建築士が確認する必要があります。
 

  • 法律の条文、政令、省令、告示(基本方針、認定基準)及び認定を受けた長期優良住宅に関する税制優遇の内容については、国土交通省ホームページに掲載されています。

認定基準について

長期使用構造等

 長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示第209号)を満たさなければなりません。

  • 構造躯体等の劣化対策
  • 耐震性
  • 可変性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 高齢者等対策
  • 省エネルギー対策

住宅の規模の基準

 規模は省令のとおりです(八千代市独自の基準はありません)

住戸面積(一戸あたり)
一戸建ての住宅 75m2以上
共同住宅等   55m2以上

 ※少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分の面積を除く)

 ※共同住宅等とは、共同住宅、長屋その他の一戸建ての住宅以外の住宅

居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準

 申請に係る建築物が、次の区域内にあっては認定することはできません。
 ただし、当該都市計画事業に適合するもの又は支障を及ぼすおそれがないものとして長期にわたる立地について許可等を得ている場合は除きます。
 (事業完了した土地区画整理事業区域内は認定できます)

  • 都市計画法第4条第4項に規定する促進区域
  • 都市計画法第4条第6項に規定する都市計画施設の区域
  • 都市計画法第4条第7項に規定する市街地開発事業の区域

 ※許可等とは、特段の条件を付していない土地区画整理法第76条の許可を含みますが、都市計画法第53条及び第65条の許可は除きます

その他

  • 建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること
  • 資金計画が建築・維持保全を遂行するため適切なものであること

認定基準のイメージ(木造戸建住宅の場合)

認定基準のイメージ(木造戸建住宅の場合)

 ※鉄骨造、鉄筋コンクリートの場合は別途認定基準があります。

認定申請手続きについて

 認定申請手続きは着工前に行わなければなりません。

認定申請手続き(法第5条第1項~第3項)

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づき住宅の性能評価を行っている「登録住宅性能評価機関」において、認定申請に先立って基準への適合について技術的審査を受けることにより、認定手続きを円滑に行うことが可能です。
また、平成27年4月1日より、品確法に基づき登録住宅性能評価機関が交付する、設計住宅性能評価書を活用した認定申請が可能となります。

※登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けた場合、及び設計住宅性能評価書を活用する場合は、認定申請手数料が減額されます。(登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けた場合は適合証、設計住宅性能評価書を活用する場合は評価書の添付が必要です。) 
  

認定申請手続き(法第5条第1項~第3項)

建築確認申請との併願

 法第6条第2項の規定により、認定申請に建築確認申請書を添付して建築基準関係規定の適合審査を申し出ること(確認の併願)が可能ですが、この場合は次のとおり取り扱います。

  • 受付時に認定申請手数料と併せて、計画通知手数料(確認申請と同額)が加算されます。
  •  ※認定申請と建築確認申請を別に手続きすることも可能です。

認定申請等手数料について

このページに関するお問い合わせ

八千代市 建築指導課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)