ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 建築審査 > 中間検査制度の改正

中間検査制度の改正印刷用ページ

2017年8月1日 更新

【平成26年八千代市告示第24号及び第30号の概要】
 平成27年4月1日より施行開始

≪中間検査制度の改正のお知らせ≫
平成29年10月1日から中間検査の対象建築物の用途及び規模が変わります。
改正内容をご確認ください。

1.中間検査を行う区域

 市内全域

2.中間検査を行う期間

【改正前の期間】
 平成27年4月1日から平成29年9月30日まで

【改正後の期間】
 平成29年10月1日から平成34年3月31日まで

3.中間検査の適用建築物

 平成27年4月1日以降に、市の建築主事又は指定確認検査機関に確認申請を提出するもの。ただし、平成27年3月31日以前に提出されたものでも、八千代市告示第79号(平成19年5月18日付け)、八千代市告示第91号(平成22年5月31日付け)、八千代市告示第97号(平成23年6月24日付け)の中間検査を受ける建築物に該当するものは、引き続き各告示の適用を受ける。

【平成29年10月1日以降】
 平成29年10月1日以降に、市の建築主事又は指定確認検査機関に確認申請(計画変更含む)を提出するものに関しては、新しい内容が適用されます。適用時期の判断については、確認申請(計画変更含む)の受付日がいつかで判断します。(確認済証、着工時期及び竣工時期は無関係)

以下の図を参考にしてください。

4.中間検査の適用を受けない建築物

 (1)法第18条の適用を受ける建築物
 (2)法第85条の適用を受ける建築物(仮設建築物)
 (3)認証型式部材等を有する建築物
 (4)住宅の品質確保の促進等に関する法律の規定による建設された住宅に係る住宅性能評価書の交付を受ける建築物

 【平成29年10月1日以降(追加)】
 (5)法第26条第三号で定める用途の建築物(畜舎、堆肥舎並びに水産物の増殖場及び養殖場) 

 ※ただし、建築基準法第7条の3第1項第1号により中間検査の対象となる建築物(鉄筋コンクリート造等の階数が3以上である共同住宅)については、適用除外はありません。

5.中間検査を行う建築物の構造、用途及び規模等

 新築に係る一の建築物又は増築若しくは改築に係る一の建築物の部分が、次の表に掲げる用途で階数及び面積が一定規模のものとする。

【平成29年9月30日まで】

  建築物の用途 規模(階数、面積等)
1 一戸建ての住宅(事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるものを含む。) 自己の居住の用に供するもの 地階を除く階数が3以上のもの
上記以外のもの 地階を除く階数が3以上のもの、又は、床面積の合計が100m2を超えるもの
2 長屋(事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるものを含む。) 地階を除く階数が3以上のもの
3 共同住宅(事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるものを含む。) 地階を除く階数が3以上のもの
4 建築基準法施行令第19条第1項に規定する児童福祉施設等又は介護老人保健施設 床面積の合計が2,000m2を超えるもの
5 (1)劇場、映画館、演芸場、観覧場又は集会場
(2)病院又は診療所
(3)ホテル、旅館又は下宿
(4)店舗又は飲食店
地階を除く階数が3以上のもので3階以上の階において左記の用途を含むもの



【平成29年10月1日以降】
 平成29年10月1日以降に、市の建築主事又は指定確認検査機関に確認申請(計画変更含む)を提出するものに関しては、新しい内容が適用されます。内容については以下のとおりとなります。
  建築物の用途 規模(階数、面積)
1 一戸建ての住宅
(事務所・店舗その他これらを兼ねるものを含む。)
下記以外のもの 地階を除く階数が3以上のもの
分譲住宅のもの 地階を除く階数が3以上のもの、又は、床面積の合計が100平方メートルを超えるもの
2 一戸建ての住宅の用途以外の用途に供する建築物 地階を除く階数が3以上のもの、又は、床面積の合計が500平方メートルを超えるもの

6.指定する特定工程及び特定工程後の工程

 5に掲げた用途及び規模の建築物について、次の表に掲げる工程に達した時に、中間検査を行うとして特定工程を指定し、中間検査に合格しなければ着手してはならない工程として、特定工程後の工程を指定する。
 なお、次の表の特定工程で1から5までの二以上の工程に該当する場合は、いずれか早期に施工する工程を、1から5までのいずれかの工程を二以上の工区に分けて施工する場合は、二以上に分けた工区のうちいずれか早期に施工する工区の工程を特定工程とする。
【平成29年9月30日まで】

  建築物の構造等 特定工程 特定工程後の工
1 木造 屋根の小屋組工事及び構造耐力上主要な軸組工事(枠組壁工法にあっては耐力壁の工事) 構造耐力上主要な軸組及び耐力壁を覆う外装工事(屋根葺き工事を除く)及び内装工事
2 鉄骨造 地階を除く階数が1 1階の鉄骨その他構造部材の建て方の工事 構造耐力上主要な部分の鉄骨を覆う耐火被覆及び内外装工事
地階を除く階数が2以上
3 鉄骨鉄筋コンクリート造 地階を除く階数が1 1階の鉄骨その他構造部材の建て方の工事 屋根及びはり(基礎ばりを除く)のコンクリート打ち込み工事
地階を除く階数が2以上 2階のはり及び床のコンクリート打ち込み工事
4 鉄筋コンクリート造 地階を除く階数が1 屋根及びはり(基礎ばりを除く)の配筋工事 屋根及びはり(基礎ばりを除く)のコンクリート打ち込み工事
地階を除く階数が2以上 2階のはり及び床の配筋工事 2階のはり及び床のコンクリート打ち込み工事
5 1から4までに掲げる構造以外のもの 地階を除く階数が1 屋根版の取付け工事 構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎ぐいを除く。)を覆う内外装工事
地階を除く階数が2以上 2階の床版の取付け工事

 ※ただし、法第7条の3第6項の政令で定める工程を除き、既存建築物の全部又は一部が存することのみにより建築基準関係規定に適合しない場合は、最上階の内装の工事を特定工程後の工程とする。

 ※階数が3以上である共同住宅については、建築基準法にて特定工程(2階の床及びはりに鉄筋を配置する工事のもの)を含むとされているので、中間検査の申請が必要となります。



【平成29年10月1日以降】
 平成29年10月1日以降に、市の建築主事又は指定確認検査機関に確認申請(計画変更含む)を提出するものに関しては、新しい内容が適用されます。内容については以下のとおりとなります。


【特定工程】

建築物の構造 指定する特定工程
S造・SRC造 1階の鉄骨その他構造部材の建て方工事
RC造 平屋建て 屋根及びはり(基礎ばりを除く。)の配筋工事
2階建て以上 2階のはり及び床の配筋の工事
木造 屋根の小屋組みの工事及び構造耐力上主要な軸組の工事
(枠組壁工法の場合は、屋根の小屋裏の工事及び耐力壁の工事)
上記以外 平屋建て 屋根版の取付け工事
2階建て以上 2階のはり及び床の配筋の工事


【特定工程後の工程】

建築物の構造 指定する特定工程後の工程
S造・SRC造 構造耐力上主要な部分の鉄骨を覆う耐火被覆の工事、外装の工事及び内装の工事
RC造 平屋建て 屋根及びはり(基礎ばりを除く。)のコンクリートの打ち込みの工事
2階建て以上 2階のはり及び床のコンクリートの打ち込みの工事
木造 構造耐力上主要な軸組又は耐力壁を覆う外装の工事(屋根ふきの工事を除く。)及び内装の工事
上記以外 構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎ぐいを除く。)を覆う外装の工事及び内装の工事

 

中間検査申請書等

このページに関するお問い合わせ

八千代市 建築指導課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)