ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 住宅 > 八千代市木造住宅耐震改修費補助事業のご案内

八千代市木造住宅耐震改修費補助事業のご案内印刷用ページ

2017年7月7日 更新

地震による住宅の倒壊の被害から市民の生命、身体及び財産を保護し、安全・安心な市民生活を確保することを目的として、木造住宅の耐震改修に要する費用の一部を補助します。

平成29年度の交付申請の受付につきましては、平成29年6月1日から受付開始致します。募集件数は10件程度ですが、予算の執行状況により変動があります。ただし、平成29年度内に事業が完了するものに限ります。(受付は先着順です。)

対象となる木造住宅

  1. 丸太組構法、建築基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第100号)による改正前の建築基準法(昭和25年法律第201号)第38条の規定による認定又は型式適合認定によるプレハブ工法により建築されたものでないこと。
  2. 昭和56年5月31日以前に着工されたものであること。
  3. 一戸建ての住宅又は併用住宅(居住の用に供する部分の床面積が、延べ面積の2分の1以上のものに限る。)であること。
  4. 地上階数が2以下であること。
  5. 八千代市補助金等交付規則(平成17年八千代市規則第43号)及び八千代市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱(平成19年八千代市告示第40号)に基づき補助金の交付を受けて行われた耐震診断その他これに準じる耐震診断で市長が特に認めるものにより求められた住宅の上部構造の耐震性能に係る評点が1.0未満であること。
  6. 建築基準法第3章(集団規定)の規定に適合していること。

補助対象者

本市の住民基本台帳に記載されていて、以下のいずれかに該当する建物所有者

  • 所有者自らが居住するもの
  • 所有者の3親等以内の親族が居住するもの

耐震改修工事

 耐震改修工事とは、耐震診断により上部構造評点の判定値が1.0未満と判定された木造住宅の判定値を1.0以上にする改修工事のことをいいます。
 ※耐震改修工事は耐震性能の向上を目的とするものをいいます。リフォーム工事等を同時に行う場合は、区分するように注意が必要です。

耐震改修費

 耐震改修に要する費用で設計費、工事費及び工事監理費が補助対象となります。
 ※補助金の交付を受けるためには、設計、工事監理、改修工事を全て行ってください。なお、一つでも欠けると補助金は交付できません。

補助金額

 補助金額は次に掲げるものとなります
 耐震改修の設計に要した費用の3分の2(千円未満切捨て 限度額4万円)。
 耐震改修の工事監理に要した費用の3分の2(千円未満切捨て 限度額6万円)。
 耐震改修の工事に要した費用の3分の1(千円未満切捨て 限度額40万円)。

手続きの流れ

申請書類

要綱・要領・パンフレット・記載例

所得税の特別控除のための住宅耐震改修証明書の発行

  • 耐震改修工事を行った住宅については、所得税の特別控除を受けることができます。
  • 建築指導課では、所得税の特別控除を受けるために必要な書類である「住宅耐震改修証明書」を発行しております。

その他

 申請書類や詳しい手続き等については、建築指導課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 建築指導課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)