ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 開発行為 > 市街化調整区域内における開発行為等の許可に関すること

市街化調整区域内における開発行為等の許可に関すること印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 市街化調整区域は、「市街化を抑制すべき区域(都市計画法第7条第3項)」であるため、市街化調整区域内に係る開発行為は原則として認められませんが、次表に示す同法第34条各号のいずれかに該当する場合は例外的に認められる場合があります。

許可を得て立地できる建築物(法第34条)

第1号 市街化調整区域内に居住する者の利用に供する政令で定める公益上必要な建築物又はこれらの者の日常生活に必要な物品の販売等の業務を営む店舗、事業場その他これらに類する建築物の建築を目的とした開発行為等
第2号 市街化調整区域内の鉱物・観光及び水資源の有効利用上必要な建築物の建築を目的とした開発行為等
第3号 温度、湿度、空気等について特別の条件を必要とする政令で定める事業の用に供する建築物の建築を目的とした開発行為等
第4号 市街化調整区域内で生産される農水産物の処理、貯蔵及び加工用施設の建築を目的とした開発行為等
第5号 特定農山村地域における農林業等の活性化のための基盤整備の促進に関する法律の規定にかかる土地において、当該所有権移転等促進計画に定める利用目的に従って行う開発行為等
第6号 都道府県が国等と一体になって助成する中小企業共同化及び集団化施設の建築を目的とした開発行為等
第7号 市街化調整区域で現に存する工場施設と密接な関連を有する事業用施設の建築を目的とした開発行為等
第8号 火薬類等の危険物の貯蔵又は処理施設の建築を目的とした開発行為等
第9号 道路管理施設、休憩所、給油所及び火薬類製造所の建築を目的とした開発行為等
第10号 地区計画又は集落地区計画の区域内の建築物の建築を目的とした開発行為等
第11号 市条例で指定した土地の区域内で行う建築物の建築を目的とした開発行為等
第12号 市条例で規定したもので、かつ、自己の居住の用に供する専用住宅の建築を目的とした開発行為等
第13号 既存の権利の届出をした者が行う開発行為等
第14号 市街化を促進するおそれがなく、かつ、市街化区域で行うことが困難又は著しく不適当と認められるもので、開発審査会の議を経た開発行為等

 ※ おおよその内容については上記のとおりですが、詳細についてはお尋ねください。

 ※ 法第29条各号の規定に基づく許可対象から適用除外される場合、許可が不要である旨の証明書の交付を受けることができます。

 ※ 市街化調整区域においては、用途変更や建替など区画形質の変更を伴わない建築行為であっても許可が必要となります。

第11号関連

第12号関連

このページに関するお問い合わせ

八千代市 開発指導室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)