ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 開発行為 > 宅地造成工事の許可に関すること

宅地造成工事の許可に関すること印刷用ページ

2013年4月1日 更新

宅地造成等規制法とは

 宅地造成等規制法(昭和36年11月7日付法律第191号)は、宅地造成に伴う崖崩れや土砂の流出による災害の防止のため必要な規制を行うことにより、皆様の生命及び財産の保護を図り、公共の福祉に寄与することを目的としています。宅地造成工事に関する工事について規制を行う必要があるものを、宅地造成工事規制区域として指定し、この区域内において行う一定規模以上の宅地造成工事については、許可及び届出の手続を必要とします。

宅地造成工事規制区域

 八千代市では、宅地造成等規制法に基づき宅地造成工事規制区域に指定している区域(八千代市勝田台7丁目地先約12.2ha)に係る宅地造成に関する工事については、昭和61年4月1日より許可等の審査事務を行っています。

許可を必要する工事とは

 宅地造成工事規制区域内で下記の工事を行う場合には、許可を受けなければなりません。

1.切土によって高さが2mを超えるがけができるとき。 2.盛土によって高さが1mを超えるがけができるとき。
1.切土によって高さが2mを超えるがけができるとき。 2.盛土によって高さが1mを超えるがけができるとき。
3.切土と盛土を同時にする場合で高さが2mを超えるがけができるとき。 4.高さに関係なく切土と盛土をする土地の面積が500平方メートルを超えるえるとき。
3.切土と盛土を同時にする場合で高さが2mを超えるがけができるとき。 4.高さに関係なく切土と盛土をする土地の面積が500平方メートルを超えるえるとき。

届出を必要とする工事とは

  1. 宅地造成工事規制区域内の宅地において、次の工事を行う場合は着手する日の14日前までに市長に届出なければなりません。
    ・高さが2mを超える擁壁の全部又一部の除却(法施行以前の既存擁壁を含む)
    ・雨水その他の地表水を排除するため排水施設の全部又は一部の除却
  2. 宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用する場合は、宅地造成工事を伴わなくても、転用した日から14日以内に届出なければなりません。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 開発指導室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)