ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 放射線 > 農産物放射線量測定結果 > 八千代市産牛肉の放射性物質のモニタリング検査結果

八千代市産牛肉の放射性物質のモニタリング検査結果印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 県では、「放射性物質安全チェック制度」を実施しており、県内の食肉センターが県産牛肉の安全性を確認するため、八千代市産牛肉の放射性物質の検査を行いましたので、検査結果をお知らせします。

検査結果

析機関:中外テクノス株式会社(千葉県千葉市) 単位:ベクレル/kg
採取日 品目 産地 放射性ヨウ素131 放射性セシウム
(134と137の合計)
流通の可否
8月16日(火) 牛肉 八千代市 検出せず 検出せず
<<参考>>
 注1) ベクレル : 放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。
 注2) 「検出せず」とは、放射性物質が存在しないか又は検出限界値以下であることを示す。
    放射性ヨウ素131 : 8ベクレル/kg
    放射性セシウム134 : 13ベクレル/kg
    放射性セシウム137 : 13ベクレル/kg

このページに関するお問い合わせ

八千代市 農政課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)