ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 放射線 > 農産物放射線量測定結果 > 八千代市の牛ふん堆肥の放射性物質モニタリング検査結果

八千代市の牛ふん堆肥の放射性物質モニタリング検査結果印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 県が、県内の牛ふん堆肥の安全性を確認するため、平成23年8月18日(木)及び25日(木)に八千代市の牛ふん堆肥の放射性物質検査を行った結果、個別検査の1農家を除き暫定許容値以下でした。

 このたび、流通の自粛を継続していた1農家について、新たに生産した堆肥を検査したところ暫定許容値以下であったため、流通の自粛が解除されたことをお知らせいたします。

平成23年12月14日(水)実施分

単位:ベクレル/kg
採取日 品目 放射性セシウム
(134と137の合計)
分析結果
12月14日(水) 牛ふん堆肥 100 暫定許容値以下
 暫定許容値(堆肥) 放射性セシウム:400ベクレル/kg

<<参考>>
 注1) ベクレル/kg : 放射能の強さを示す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。
 注2) 「不検出」とは、放射性物質が存在しないか又は検出限界値以下であることを示す。
    なお、検出限界値は次のとおりです。
    放射性セシウム134と137の合計 : 50ベクレル/kg

平成23年8月18日(木)及び25日(木)実施分

単位:ベクレル/kg
検査区別 採取日 品目 放射性セシウム
(134と137の合計)
分析結果
モニタリング検査八千代1 8月18日(木) 牛ふん堆肥 不検出 暫定許容値以下
モニタリング検査八千代2 8月18日(木) 牛ふん堆肥 不検出 暫定許容値以下
モニタリング検査八千代3 8月25日(木) 牛ふん堆肥 60 暫定許容値以下
個別検査八千代1 8月18日(木) 牛ふん堆肥 1,700 暫定許容値超え
<<検査対象>>
 モニタリング検査:牧草の放射性物質が300ベクレル/kgを超えた地域(県央・県北地域)の各市町村
 個別検査:バークや剪定枝を敷料や堆肥の副資材として利用していた畜産農家

このページに関するお問い合わせ

八千代市 農政課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)