ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 産業・ビジネス > 産業 > 商工業 > 八千代市高年齢者等雇用促進奨励金制度

八千代市高年齢者等雇用促進奨励金制度印刷用ページ

2017年8月23日 更新

制度概要

 市内に住所を有する高年齢者又は心身障害者(以下「高年齢者等」という。)を公共職業安定所(ハローワーク)の職業紹介により、常用労働者として雇用した事業主に対する補助制度です。

対象となる事業主

市内に事業所を有し、高年齢者等を雇用して事業を行う事業主が対象です。

定義

1.高年齢者等
市内に住所を有し、かつ、住民基本台帳に記録されている者で、次のいずれかに該当する人
(1)高年齢者
  60歳以上65歳未満の人
(2)心身障害者
  1.身体障害者の場合
   身体障害者手帳の交付を受けた者であって、6級以上の障害がある人
  2.知的障害者の場合
   児童相談所、知的障害者厚生相談所、精神保健センター等の精神保健指定医により知的障害と判定された人

2.常用労働者
期間を定めずに又は12月以上の期間を定めて雇用され、かつ労働時間が1週間につき30時間以上ある人

奨励金の額

奨励金は高年齢者等を雇用した翌月から1年間交付されます。

1.高年齢者
 月額10,000円×月数(最大12か月間)
2.心身障害者
 月額15,000円×月数(  〃   )

※ 高年齢者等が雇用された翌月から12か月未満で退職された場合
  →退職した日の属する月の前月(退職日が16日以降の場合は、退職日の属する月)分まで交付されます。

奨励金の申請方法

奨励金の交付は上期(2月~7月分)と下期(8月~1月分)の2回に分けて交付しますので、期毎に申請が必要です。
交付までの流れについては以下のとおりです。

申請 上期:9月上旬 下期:3月上旬

交付決定 上期:9月下旬 下期:3月上旬

交付 上期:10月 下期:4月



1.申請
対象となる可能性がある事業所に対し、申請書類一式を発送致します。事業主の方は、申請書類等に必要事項を記入し、商工課へ郵送してください。
※ハローワークの管轄の違いにより、市内の事業所で対象となりそうな事業所でも申込書類が事業所に届かないケースが考えられますので、【制度概要】を見て、該当しそうな場合はお手数ですが、商工課までお問い合わせください。


2.交付決定
市が申請書類の内容を精査し、不備が無ければ交付決定通知書を事業主に通知いたします。


3.交付
請求書の内容に不備が無ければ請求書提出後、目安として1・2か月以内に指定の振込み先へ奨励金を振り込みいたします。

奨励金の対象となるモデルケース

1.ハローワーク船橋の紹介により、63歳の方を常用労働者として平成29年4月30日に採用し、補助金の申請時においても事業所に在籍している場合
→この場合、奨励金の対象となるのは雇用月の翌月からですので、平成29年5月から1年間が対象になります。申請は平成29年度上期(5月~7月分の3万円)、下期(8月~翌年1月分の6万円)、平成30年度上期(2月~4月分の3万円)と3回必要になります。


2.ハローワーク船橋の紹介により、身体障害者2級の方を常用労働者として平成29年5月1日に採用し、補助金の申請時においても事業所に在籍している場合
→この場合、奨励金の対象となるのは雇用月の翌月からですので、平成29年6月から1年間が対象になります。申請は平成29年度上期(6・7月分の3万円)、下期(8月~翌年1月分の9万円)、平成30年度上期(2月~5月分の6万円)と3回手続きが必要になります。


3.ハローワーク船橋の紹介により、63歳の方を常用労働者として平成29年6月30日に採用し、平成29年12月31日をもって退職した場合
→この場合、奨励金の対象となる月は平成29年7月から平成29年12月分までとなります。申請は平成29年度上期(7月分の1万円)、下期(8月~12月分の5万円)の2回となります。

 
※その他、不明な点については、商工課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 商工課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)