ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 市政運営 > その他 > 市役所の組織の一部変更

市役所の組織の一部変更印刷用ページ

2016年5月16日 更新

4月1日(金)から市役所の組織が一部変わります。(※改正後の行政組織図
ここでは、主な改正点、新たに設置する部署の業務内容をお知らせします。

新設される課

法務課 

 行政不服審査法が大きく変わり、審査をより公正にするための審理員制度などが28年度から新たに導入されるため、法務課を設置し、審査請求の適正な審査を図ります。また、組織のスリム化の観点から情報公開室と法務課を統合し、情報公開室を情報公開班とします。
 

資産管理課

 公共施設マネジメントを着実に推進するため、公共施設マネジメント推進課と管財課を統合して資産管理課を設置します。これにより所有資産の統括管理、施設情報などの把握、施設の適正な保全などを一体的に担う組織体制とします。

 

 子ども福祉課

 子育て家庭に関する手当・助成・相談支援に係る事務の一元化を図り、手続などを行う窓口を分かりやすくするため、子ども福祉課を設置します。
 

土木維持課(維持班、交通安全施設班)  

 長寿命化計画に基づく橋梁・道路に係る補修などへの体制を整備するほか、自転車駐車場・放置自転車に関する事務などを統合して事務の効率化を図るため、土木維持課を設置します。
 

上水道課、下水道課

 上下水道施設の建設・改良や補修・維持管理などを上水道と下水道で分けて行うため、建設課、維持管理課を廃止して、上水道課と下水道課を設置します。また、村上給水場は上水道課の出先機関になります。
 

再編される室

総合企画課の統計調査室・国際推進室を同課の班に再編 

 各種統計調査は、統計法等に基づいて各市町村で統一した事務処理をしているため組織のスリム化の観点から、統計調査室を班体制とします。また、市の政策に係る企画・立案を国際交流の視点からも行い、一体的に推進していくため、国際推進室を班体制とします。
 

名称を変更する室・班・担当

業務をわかりやすくするため変更

  • 生活支援課の第1保護班及び第2保護班を管理班及び保護班に
  • 宅地開発指導室を開発指導室に
  • 公園緑地課の広域公園建設担当を県立八千代広域公園担当に
  • 土木管理課の管理班を管理補修班に

業務の分担を変更

  • 長寿支援課の認定・給付班及び指導班を認定班及び給付・指導班に
 

移設される室

契約課工事検査室

 工事の契約締結から検査までを一連の事務処理としてスムーズに行うため、工事検査室を管財課から契約課へ移します。
 

変更のあった主な班

国保年金課に高齢者医療班を移動

 国民健康保険事業と後期高齢者医療制度は、どちらも医療保険であることから、高齢者医療班を長寿支援課から国保年金課に移します。
 

生活安全課市民生活班を自治振興班に統合

 相談受付業務に係る業務を包括するため、市民生活班を自治振興班に統合します。
 

都市計画課にまちづくり班を設置

 まちづくりと地域公共交通は密接な関係があり、課題に一体的に取り組むため、まちづくり班を設置します。
 

都市整備課に市街地整備班と区画整理班を設置

 既成市街地における都市機能の再構築を図るため、市街地整備班を設置します。また、公共区画整理班と組合区画整理班を統合して区画整理班とします。
 

土木建設課に街路班と河川班を設置

 都市計画道路とその他の道路建設などに関する事務を統合し、事務の効率化を図ります。また、河川改修などに係る体制を整備するため、現行の維持班と交通安全施設班を廃止し、街路班と河川班を設置します。
 

生活安全課に防犯交通安全班を設置

 自転車駐車場・放置自転車に関する事務などを土木維持課に移管することに伴い、防犯対策班と交通安全班を統合し、防犯交通安全班を設置します。
 

子ども部が変わります

 子ども部を再編し、3課1室体制(子育て支援課・子ども福祉課・母子保健課・子ども相談センター)で子ども・子育て施策を推進します。
 元気子ども課を廃止し、同課で行っていた企画、立案及び幼稚園に関する事務などは、子育て支援課へ。子育て家庭に関する手当・助成・相談支援に関する事務などは、新設した子ども福祉課へそれぞれ移管します。
※子ども部の再編成について、詳しくは広報やちよ5月15日号で紹介しています。
 

その他、事務の移管など

新たに所管となる事務

  • 飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の助成金に関する事務
 地域猫とは、地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫のことです。飼い主のいない猫(地域猫)の不妊・去勢手術費用の助成金に関する業務は、生活環境の保全を目的としていることから、環境政策室で行います。
 
  • AEDに関する事務
 AEDの設置場所周知などの事務は健康づくり課で、AEDを使用した救命講習などの事務は消防本部警防課で行います。
 

移管される事務

  • 市営住宅に関する事務
 建築指導課で行っている市営住宅に関する事務は、福祉施策の一環として総合的に実施し、入居者へのサービスの向上を図るため、健康福祉課に移管します。
 
  • 専用水道、簡易専用水道などに関する事務
 健康福祉課で行っている専用水道と簡易専用水道などに関する事務は、業務に関連性があることから環境保全課に移管します。
 
  • 空き家などに関する事務
 生活安全課が行っている空き家などに関する事務は、まちづくりの視点で住宅政策と一体的に進めるため、建築指導課に移管します。
 
  • 街路樹と道路補修などに関する事務
 土木建設課の街路樹と道路補修などに関する事務は、道路の維持管理業務として一体的に進めるため、土木管理課に移管します。
 
  • 屋外広告物に関する事務
 土木管理課が行っている屋外広告物に関する事務は、地区計画や都市景観に関する事務と関連しているため、都市計画課に移管します。
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 総務課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)