ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > その他 > 独自利用事務について

独自利用事務について

ページ印刷
ページID:000010076

2018年5月14日 更新

独自利用事務とは

当市において、マイナンバー法に規程された事務(いわゆる法定事務)以外に、独自にマイナンバーを利用する事務(以下「独自利用事務」という。)について、マイナンバー法第9条第2項に基づく条例に定めています。
この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを利用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)

独自利用事務の情報連携に係る届出について

当市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に対して届出を行っており(マイナンバー法第19条第8号及び個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出)、承認されています。
 
執行機関 届出
番号
独自利用事務の名称
市長
(生活支援課)
1 生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置に関する事務であって規則で定めるもの
  届出書   根拠規範
市長
(障害者支援課)
2 八千代市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例(昭和48年八千代市条例第50号)による
助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
  届出書  根拠規範1  根拠規範2
市長
(子ども福祉課)
3 八千代市子ども医療費の助成に関する条例(平成14年八千代市条例第32号)による助成金の
支給に関する事務であって規則で定めるもの
 届出書  根拠規範1  根拠規範2
市長
(子ども福祉課)
4 八千代市ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例(平成9年八千代市条例2号)による
助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
 届出書  根拠規範
市長
(健康福祉課)
5 八千代市市営住宅棟管理条例(平成9年八千代市条例第26号)による市立住宅の管理に関する
事務であって規則で定めるもの
 届出書  根拠規範1  根拠規範2
教育委員会
(学務課)
1 経済的理由によって就学困難と認められる児童又は生徒の保護者に対して援助に関する
事務であって規則で定めるもの
 届出書  根拠規範1  根拠規範2
教育委員会
(学務課)
2 市立の小学校又は中学校の特別支援学級に就学している児童又は生徒の保護者の経済的負担を
軽減するための当該就学に必要な経費の支弁に関する事務であって規則で定めるもの
 届出書  根拠規範

このページに関するお問い合わせ

八千代市 法務課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.