ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 市政運営 > 行政評価 > 事務事業評価表

事務事業評価表印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 本市の事務事業の個別評価は、以下のような評価シートを使用して評価を行っています。

評価表1枚目

評価表1枚目

○予算区分
 評価単位となる事務事業は、財務会計システムとの連携を図るため、予算の細事業と一致させています。

○区分
 「自治事務」「法定受託事務」「その他」に分類し、「法定受託事務」に区分される事務事業については、効率性やプロセス部分について評価を求めることとし、目的妥当性については評価対象外としました。
 「その他」に区分される事務事業は、各部課の庶務的業務や、お金の出し入れのみを行う事業のため、事業概要と目的・事業費の把握のみの評価となっています。
 

評価表2枚目

評価表2枚目

○事業費・人件費

3.事務事業の評価(SEE)

 「目的妥当性」「有効性・効率性」の観点から自己評価(判断)を行い、その評価結果をもとに課題整理を行い、改革・改善の糸口を見出します。

○目的妥当性[1]~[4]
 ⇒自治事務のみ評価

 [1]事務事業の目的が上位の施策に結び付いているか?

 [2]すでに所期目的を達成しているか?

 [3]民営化で目的を達成できるか?

 [4]「対象」・「意図」の設定は現状のままで良いか?

○有効性・効率性[5]
 ⇒自治事務・法定受託事務が評価

 [5]今後、有効性や効率性を向上させる可能はあるか?

 [5]-2有効性や効率性を向上させる手段は何か?

 [5]-3推進にあたっての課題はあるか?

評価表3枚目

評価表3枚目

○今後の方向性
 「目的妥当性」「有効性・効率性」の観点から評価した結果を受け、今後の方向性について記載します。 

○この事務事業に対する市民や議会の意見(担当者が把握している意見)

○所属長コメント

○評価調整委員会評価

このページに関するお問い合わせ

八千代市 総合企画課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)