ページトップ

[本文へジャンプ]

_未使用 > 市長への手紙(ふれあいメール) > 寄せられた投書と回答 市税

寄せられた投書と回答 市税印刷用ページ

2013年4月1日 更新

公共料金の納税方法新設のお願い [八千代台北・男性]

意見・ 要望など

 固定資産税・都市計画税、水道料金等の公共料金の納税・支払い方法のお願いごとでございます。
 現在、窓口払・銀行口座引落・コンビニ払等がありますが、このほかにクレジットカード払を新設してほしいです。ご存じの通りクレジットカードは利用するとポイントがつき、納税者も得をします。 
 近年納税を怠る方もいるようですが、納税方法の拡充は税収のアップにもつながると思います。お忙しい職員の方々の事務が増えるかもしれませんが、長い目で見ると税収拡充の一助になると思いますのでよろしく御一考のほどお願いいたします。
 

回答

 本市で取り扱う公金については、市県民税・固定資産税・軽自動車税などの税金をはじめ、国民健康保険料・介護保険料・保育料等の料金等、各担当課により収納業務を行っております。
 以前より銀行、郵便局、支所・連絡所での窓口による納付の他、口座振替やコンビニエンスストアーでの納付など納付環境の整備に努めているところです。

 先般、納付方法の拡充を検討する全庁的な会議を開催し、クレジットカード納付や携帯端末納付等について協議し、事務手続や初期導入経費、手数料等についての課題を検討している状況であります。
 外出することなく納付することができ、利用ポイントがつくことなど納税者の皆様の利点もありますことから、引き続き検討させていただきたいと考えております。

 また、水道料金等につきましては、クレジットカード納付についてかねてより検討してまいりました。
 1件当たりの手数料が、口座振替やコンビニエンスストアーでの納付の方法に比べると、割高であり、納付額が高額になれば手数料も高額になること、料金徴収に伴う新たなシステムの開発も必要となることから経費がかかるため、実施にはいたっていません。
 引き続き、口座振替やコンビニエンスストアーでの納付など既存の方法をさらに推進するとともに、ご要望の件につきまして先進市などの状況を検討してまいりたいと考えています。

平成23年7月6日

 

年金から特別徴収される住民税について[勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 年金から特別徴収される住民税の内、翌年の仮特別税額について問題あり。
 現行では、所得確定後の調整された後期分が翌年の仮特別税額となっている。
 これでは、前年所得変動あった場合、今年度後期は調整されてよいが、翌年の仮特別額が、調整された額となり、前期、後期でアンバランスとなる。また、この事が一度起こると、永遠に継続することになる。また、所得変動はかなりの人がいつかは起こりうる。
 

回答

 ご指摘いただきました、年金からの特別徴収に係る本徴収と仮徴収との間に著しい増減が生じる場合に関し、地方税法上の規定および制度運用上においても国・県における統一の基準は示されていません。
 現在、近隣市と連絡および調整を図りながら実態の把握に努めるとともに、年金特別徴収の目的とされる納付の利便性を考慮しつつ、納税者の方にとってより良い制度の実現に向けて、対応策を講じています。

 市・県民税は前年の所得に対して課されるため、前年度の税額を基にしている仮徴収と本徴収の金額との間に差額が生じてしまうことは制度上やむを得ないところです。 
 当該事案に関しましては、特別徴収を停止することにより一義的には解決されるものと考えています。しかしながら、この仮徴収額と本徴収額とのかい離状態の是正に対し、問題点の解決に向けて検討を進めているところですが、具体的な時期等に関して現時点においては未定となっています。

         平成22年7月5日

 

納税通知書等の口座番号表示について[上高野・男性] 

意見・ 要望など

 口座振替の講座・通等番号を下四桁非表示で無く、全桁非表示にして頂きたい。

理由
 

  1.  他の会社(全ての会社の中で、上3桁非表示があり、両方の郵便物を合わせると、通帳番号が分かってしまう。
  2.  数年前より、同じ人が、同じ金融機関の口座を複数持てなくなったので、通帳番号を表示しなくても本人ならば銀行名と種類表示で充分です。

 

回答

 八千代市個人情報保護条例では、個人情報とは特定の個人が識別され、又は識別され得るものとされており、ご指摘の納税通知書に表記されている金融機関の口座情報についても、保護すべき事項であると考えております。
 それに伴いまして本市では、納税通知書に記載の口座番号について、平成17年6月から、下4桁を伏字(アスタリスク「*」)表記としております。上記改正の際に、口座番号を全桁伏字にすることも検討しましたが、複数の金融機関口座をお持ちの方がいると想定されることから、口座番号については下4桁を伏字表記としており、郵送の際にも封筒外部から口座情報の表記が見えないように配慮しております。

 また、近隣市町村でも、口座番号について本市と同様に下4桁を伏字表記としている例が多く見られます。
今回の貴重なご意見に関しましては、今後の参考とさせていただきますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

平成22年4月28日

 

市民税の減税について(行革の推進状況と予算との関係) [大和田新田・男性]

意見・ 要望など

 名古屋市議会は河村市長の公約通り「市民税10%減税」を来年4月から実施する条例を可決したと報道されています。八千代市も、名古屋市と同様に「市民税10%減税」を目標に掲げ、市長の指導力で、人件費削減等の行財政改革を推進して頂きたく要請いたします。また、「八千代市行財政改革大綱」に「新地方行革指針」という項目がありますが、この指針に基づく行革の推進状況と予算との関係を簡単に知る方法があれば教えてください。
 

回答

 本市では、現在、平成17年3月に総務省が示した「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針」(新地方行革指針)の内容を踏まえた、市の行財政改革の基本となる方針や各方策の取組みの指針を示した計画である「八千代市行財政改革大綱(改訂版)」(平成19年11月改訂)、及び個別の取組み等を示した推進計画である「八千代市行財政改革大綱第3期推進計画書(第2次改訂版)~集中改革プラン~」(平成20年3月改訂)に基づき、事務事業の見直し、職員数削減等による行財政改革に取り組むことにより、歳出の抑制及び歳入の確保に努めているところです。

 また、本市の行財政改革の進捗状況、並びに財政効果の目標値及び各年度における財政効果実績額につきましては、以下の資料に記載しており、市役所情報公開室、市立図書館、及び市ホームページトップページ-八千代市資料-〔市の施策・計画・予算等〕行財政改革)でご覧いただけますので、ご参照いただきますようお願いいたします。
 なお、ご要請の「市民税10%減税」につきましては、現在、その予定はございませんのでご理解ください。

平成22年1月6日

 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

市長への手紙(ふれあいメール)