ページトップ

[本文へジャンプ]

_未使用 > 市長への手紙(ふれあいメール) > 寄せられた投書と回答 広報・広聴

寄せられた投書と回答 広報・広聴印刷用ページ

2013年4月1日 更新

市ホームページの「お知らせ一覧」表示と市長への手紙の送信後のメッセージの改善  [米本・男性] 

意見・ 要望など

 「お知らせ一覧」は、時系列に並んでいるだけで、探すときに大変不便であり、苦労する。
 分類するなどして、探しやすい表も追加して、市民の目線で改善してほしい。
 市長への手紙を送信した後に、「送信を完了しました。お疲れ様でした。」と表示される。
 「お疲れ様」はおかしい。意見を市民から出して頂いたので、むしろ「ご意見、有難うございました」のような文章に変えてください。
 また、送信前も同じような文章が表示される。これも修正してください。
 

回答

 本市ホームページは、平成25年度にリニューアルを予定しています。
 今回頂いたご意見を参考とさせていただき、リニューアルの際には情報を得やすいホームページとなるよう、検討してまいります。
 また、「市長への手紙(ふれあいメール)」投書のページにつきましては修正いたしました。

平成24年10月29日

 

自転車のルール  [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 8月15日の「広報やちよ」の自転車のルールを興味深く読みました。 
 但し、例外として、以下の場合自転車が歩道を通行できることになっています。

 (1)道路標識や道路標示で指定された場合
 (2)運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、 身体の不自由な方の場合
 (3)車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合

 この内容も記載されれば、より良かったと思います。
 

回答

 「広報やちよ」8月15日号広報女性版「知ってる?守ってる?自転車の交通ルール」について、ご意見をいただきありがとうございます。
 自転車の走行についての「車道が原則、歩道は例外」の記事は、限られた紙面の都合により歩道走行の例外など詳細な説明を掲載できませんでした。
 今後また、自転車についての特集掲載の機会がありましたら、ご意見を参考にさせていただきます。

平成24年9月3日

 

「市長への手紙」  [勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 先日、要望があり市の某課に問い合わせたところ、応対した担当者から、「『市長への手紙』にでも書いてくれ!」と言われ、さらに、「『市長への手紙』はあくまで”市民から市長への手紙”に過ぎず、市長又は市担当課が要望に応えるとは説明していない」とまで言われました。
 さて、『市長への手紙』は、その程度の位置づけでしかない、と市長や市職員はご認識なのでしょうか。
 

回答

 市長への手紙(ふれあいメール)は、市民の皆さまの声を反映させ、時代の変革に対応した開かれた市政を築いていくため、また、市政の透明性を高めるために市民の皆様への説明責任を果たす制度として平成9年にスタートしました。
 いただいた市長への手紙は、苦情も含め、市民の皆さまからの大切なご意見・ご要望として伺っており、内容によって即日対応できるもの、今後対応していくもの、参考意見として検討し市政に反映していくものなど対応は様々です。
 「あくまで“市民から市長への手紙”に過ぎず、市長または市担当課が要望に応えるとは説明していない」というものではありませんので、職員には改めてその旨指導致しました。

平成24年8月15日

 

広報やちよ6.15 [大和田新田・男性]

意見・ 要望など

 表題の新川周辺地区事業計画の記事を拝見しました。
 この計画には、多大なお金が必要だと思います。計画の内容と同時に、税金が建設にどれだけかかり、後の維持費にどれだけかかるのかを説明していただかなければ、総合して市民の福祉にどのようにメリットがあるのかを判断できません。
 この記事の内容だけでは、外にやることがあるのではないかと、心配になるだけです。
 何故、計画の内容と同時に建設費、維持費を記載しないのですか。
 

回答

 市では、市のシンボル的存在の新川を中心としたまちづくりについて、新川周辺地区都市再生整備計画の策定によって、22年度から26年度の5か年の計画で、その整備計画に基づく事業を進めています。今般、6月15日号の広報やちよで、「新川周辺地区都市再生整備計画」を掲載しましたが、中央図書館・市民ギャラリーや総合グラウンドなどの施設概要の周知を主な目的として、イメージ図などを中心としたお知らせとなっています。

 新川周辺地区都市再生整備計画は、平成22年3月に策定し、その整備計画の対象事業費を含めた事業内容については、22年5月15日号の広報やちよに掲載しています。 また、整備計画の対象事業費を含めた事業内容については、市ホームページの「新川周辺地区都市再生整備計画」の中の「新川周辺地区都市再生整備計画の概要」に掲載しています。

 平成24年7月17日

 

市民の活躍 [村上南・男性]

意見・ 要望など

 小・中学生の将棋大会で文部科学大臣杯という大会があります。
 同じ学校に通う児童3人一組でチームを作り、将棋で戦います。上位4校が千葉県の代表として次の東日本大会に進みます。
 この大会で毎年八千代市の小中学校は健闘して優秀な成績をおさめているのですが、今年度も小学校の部では勝田台小学校が千葉県1位を獲得、萱田小学校が3位、中学校の部では大和田中学校が1位、高津中学校が3位を獲得しました。次は7月26日に東京都で東日本大会が開催されます。

 この栄誉を是非、広報やちよで称えていただけないでしょうか。
 時々掲載されております市民の活躍のコーナーに掲載していただけるだけでも、学業以外にも一芸に力を入れ、成果を上げたことが児童たちの誇りにもなりますし、市民の活躍を知ることは市の活気につながることと思います。
 また、小学生倉敷王将戦でも、市内の児童が県大会低学年の部で優勝いたしました。
 どうかこの栄誉を同様に広報やちよに掲載していただくことをご検討いただければ幸いです。
 詳細は以下のホームページをご覧ください。(別ウィンドウで開きます)
 千葉の将棋情報 http://blog.goo.ne.jp/hisabisa45
 

回答

 将棋の文部科学大臣杯と東日本大会について、情報をいただきまして有難うございます。
 広報やちよの裏表紙「19万人のひろば」では、全国レベルの文化・スポーツ大会などで活躍した市民の皆さんを紹介しています。
 このような記事は、編集会議により掲載の可否、時期を決定しています。
 この度頂きました情報についても、今後の結果をふまえ、取材させていただくことになりましたら改めてご連絡を差し上げますので、よろしくお願い致します。

 平成24年7月19日

 

八千代市の広報の送付  [平戸・男性] 

意見・ 要望など

 市広報の折込新聞紙を購読していませんので配布の手続きを既にしておりますが、今日、現在、5月1日号が配布されていません。半年以内で今回で2回目です。
 5月1日にもメールしましたがまだ配布されておりません。業者に委託して配布しているのか。配布されている確認はどうしているのか。委託先まかせなのか。
 委託先まかせでは、委託先が配布しなくても契約金額を支払ってしまっていると思うので、配布者の抽出調査等して確認作業をしているのか。いなければ担当職員が市に損害を与えていると思います。単純に確率からするとかなりの率で配布されていませんので調査回答をお願いします。
 

回答

 この度は、「広報やちよ」のポスティング(宅配)サービスにおいて、2回に渡り未着となりましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
 当サービスは、新聞未購読世帯を対象に広報の宅配を行っているもので、新聞折込み業者に委託し、現在約2,700世帯に配布しています。
 4月15日号から委託業者が昨年度と変わりましたが、4月15日号・5月1日号併せた未着件数について調査したところでは、未着が約10件発生しています。
 このことから、配布漏れ防止の徹底について、委託業者に指導いたしました。

平成24年5月29日

 

市長への手紙のホームページの改善要求 [米本・男性]

意見・ 要望など

 ホームページに掲載された「新規掲載分のリスト」に追加情報をお願いしたい。

  (1)提出年月日と回答年月日を追記する。
  (2)このリストにある10程度の手紙と回答をすぐ見れるように、リンクする。

 利用しにくいので、早急に、この2点の改善をしてください。
 

回答

 市長への手紙のホームページ改善のご要望中「提出年月日と回答年月日を追記する」につきましては、現在も「回答年月日」については掲載していますが、「提出年月日」の掲載については、今後検討し、ご要望に沿えるようにいたします。
 「新規掲載分リストの手紙と回答をすぐ見られるようリンクする」につきましては、毎月第1金曜日に更新する「寄せられた投書と回答」の新規掲載分についてと思われますが、現在でもリストの各投書のインデックス(青字)をクリックされるとご覧になれます。
 利用しにくいという方のために、さらに「各投書のインデックス(青字)をクリックしてください」などの説明を記載するなどして、分かりやすくしてまいります。

平成24年2月23日

 

やちよNAViの「平成22年新春市長インタビュー」について[萱田・男性] 

意見・ 要望など

 収録現場について思うことがあります。
 特に市長のバストショットになる時、下駄箱のような収納棚が背景となり、みすぼらしいし見づらいです。
 豪華に見せる必要はありませんが、会議室などにソファーセットを移動させて、もっとすっきりとした場所で収録した方が八千代市のイメージアップにもなります。市長執務室が必修だとも思いません。
 

 これからはこう言った『見た目』にも気を配る行政が求められると思います。
 これはテレビだけでなく市の公式サイトも同様で、「やればいい、あればいい」と言う意識では市民もそれ以外の人も市行政への興味のわき方が変わってくると思います。次回は是非考えて頂きたいと思います。
 

回答

 平素より広報番組「やちよNAVI」をご視聴いただき誠にありがとうございます。
 さて、本年一月放送分「平成22年新春市長インタビュー」の映像の背景でございますが、例年、市長室にて収録しております関係上、配慮が足りず、お見苦しい個所が映され不快感を与えましたこと、大変申し訳ございませんでした。
 ご指摘のありました点を考慮し、今後の番組作成に取り組んでまいりたいと思います。

平成22年1月14日

 

八千代市市民意見箱創設について [八千代台北・男性] 

意見・ 要望など

 現在内閣府では下記のように意見箱というものを行い、広く意見を集めているそうです。
 八千代市でも、市民、また八千代市にゆかりのある人々から広く意見を集めるべきではないでしょうか。
 そのため、

  1.WEBにて定期的にお題を出し、意見を募集する(WEBでの登録制にし、協力出来る人にメール送信)
  2.駅前や各種施設に意見箱を置き、八千代市の施設等を利用している方々からも意見を集める
  3.不定期に市政に関するDMを送付する

 以上3点を行い、より広い意見・要望に対応していただければと思います。
 

回答

1点目のWEBにて定期的にお題を出し、意見を募集することについてお答えいたします。
 市では、パブリックコメントを実施しており、広報やちよの紙面やホームページ上にて 必要に応じ、期間を定めてご意見を募集しております。ちなみに、平成19年度は11案件、平成20年度は13案件を掲載し、ホームページ上にて、いただいたご意見をまとめ、掲載いたしました。

2点目の駅前や各種施設に意見箱を置き、八千代市の施設等を利用している方々からも意見を集めるというご意見ですが、この「市長への手紙」制度をご利用していただけ ればと思います。
 メール以外での方法として、各公共施設に専用の封筒をご用意しておりますので、郵便ポストに投函していただくか、もしくは、郵便料金節約にご協 力いただけるなら封をして職員にお渡しいただければと思います。

3点目の不定期に市政に関するDMを送付することについてですが、「広報やちよ」で、市政情報を掲載しておりますので、新たにDMをお送りすることは、考えておりません。 新聞未購読者の方からの申し出により、広報やちよのポスティングサービスを行っております。
 また、毎年ではありませんが、ランダムに抽出した市民の方に、郵送にて、市民意識調査等を行っておりますので、その際には、ご協力をお願いいたします。

平成21年12月1日

 

情報公開(新型インフルエンザ)について [ゆりのき台・男性] 

意見・ 要望など

 新型インフルエンザの流行に伴い、八千代市は情報公開が遅れていると思います。
 他市は朝刊紙等の新聞及び市役所のホームページでも毎日更新し、情報公開されています。
 八千代市はホームページでも8月下旬から更新されていないし、学級閉鎖が行われていてもマスコミ等へ公表されていないのか新聞にも記載さえありません。

 逆に市民への不安感を煽っているように思えます。
 情報公開されていないことで、感染拡大を助長しているかと思います。
 職員の危機管理意識の低さとしか思えません。
 

回答

 患者の発生状況につきましてはこれまで、千葉県から報告を受け、市ホームページ等で市民の皆様に公表してきましたが、患者数の増加とともに感染確定に必要な染色体検査を一部のみ実施するという国の方針変更が8月25日付であり、確定患者の全数把握をしなくなったことから、現在は、原則、集団発生の場合のみ公表となっております。
 

 また、地域の流行状況は、習志野健康福祉センター管内(八千代市・習志野市・鎌ヶ谷市)の定点医療機関の患者の報告数による数値(管内の定点1医療機関における1週間の平均インフルエンザ患者数)を公表しております。
なお、最新情報としまして、新型インフルエンザ患者の市内発生状況や流行状況などについて、市ホームページを9月14日に更新しました。

 今後とも、国、県の方針に沿いながら最新の情報提供に努めて参ります。
次に、新型インフルエンザに関するマスコミへの情報提供につきましては、学級閉鎖が決まった学校や学年について、その都度行っております。記事として掲載するか否かにつきましては、各新聞社の判断となっております。
 また、小・中学校の状況について「市内小中学校新型インフルエンザ情報」として教育委員会のホームページでも掲載しております。(各小・中学校のホームページとリンク)
 市民の皆さまへの情報提供の手段として、ホームページの更新や新聞社への情報提供など引き続き行って参りたいと思います。

平成21年9月18日

 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

市長への手紙(ふれあいメール)