ページトップ

[本文へジャンプ]

_未使用 > 市長への手紙(ふれあいメール) > 寄せられた投書と回答 ごみ(資源物)

寄せられた投書と回答 ごみ(資源物)印刷用ページ

2013年4月1日 更新

八千代市清掃センター職員  [勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 数年前、ラジオの番組でパーソナリティが八千代市批判をしました。
 切っ掛けは、番組内で八千代市民からの投書が読まれ、内容が八千代市清掃センター職員の態度が悪く憤慨したというもので(午前中にゴミを持ち込んだが、昼休憩時間が近いからと職員が応対を拒否したというもの)、これについて同パーソナリティが「時間を理由にするなら時間中に持ち込まれたゴミは受け取るべき」と発言したものです。

 さて、同施設にゴミを搬入できる時間は午前8時30分~11時40分・午後1時~4時(土日・祝日を除く)で、昼休憩が80分あるのは一般的に破格の待遇ではないでしょうか。
 利用者にとって不便であるだけでなく、市役所・支所でも昼時間帯や午後4時以降も開庁しているのに清掃センターは何の理由があって開庁時間が異なるのでしょうか。
 実際の勤務時間と、搬入できない時間帯が何のために必要か、何の業務をして受付できないのか、明確に説明してください。
 

回答

 職員の勤務時間につきましては、「八千代市職員の勤務時間に関する条例」及び同条例規則において、1日につき7時間45分とし、勤務時間の割振りは午前8時30分から午後5時15分までと規定されています。
 休憩時間は1日の勤務時間が6時間を超える場合は、所定の勤務時間の途中に1時間を設けることとなっており、清掃センターにおいても、この規定に基づき12時から午後1時までが休憩時間となっています。

 ご指摘の、ごみ搬入窓口(台貫(だいかん)※)の業務終了時間は午前11時40分、午後は4時ですが、台貫の業務は受付終了後も次のような業務があります。
 午前11時40分~12時には、午前中に受け付けた廃棄物処分申請書の整理や徴収金の確認、午後4時~5時15分には1日の廃棄物処分申請書の整理、徴収手数料の集計計算、台貫計量システムの計量記録を基にしたごみ種別搬入量や徴収集計などの帳票打ち出し、当日分の搬入実績の日報作成などを行っています。
 また、近隣自治体の昼時間の対応状況を調査しましたところ
 

  • 千葉市の受付時間は、午後1時~4時(場所によって午前9時~午後4時の受入時間あり)
  • 船橋市は、平日午前9時~11時、午後1時~4時
  • 習志野市は、平日午前9時~11時30分、午後1時~4時
  • 印西市は、平日午前9時~12時、午後1時~4時
  • 佐倉市は、平日午前8時30分~11時30分、午後1時~4時30分
  • 市川市は、平日午後のみで午後1時~4時


となっています。
 このように、近隣市でも概ね、本市と同様の受入れ体制となっています。
 業務遂行のため、市民の皆様には受入時間内の搬入をお願いしていますので、ご理解をお願いします。                          
 
 

 ※車両の重量を測定する大型の秤

平成24年8月6日

 

市指定ごみ袋に関する件 [勝田台・男性]

意見・ 要望など

 市指定ゴミ袋は40Lサイズ10枚で240円と近隣自治体と比べ極めて高い。これは、市のゴミ処理代を含んだ公金という位置づけのためで、条例に基づいていると訊いている。
 なお、10枚240円のうち30円(市クリーン推進課に確認済み)は販売店に手数料としてキックバックされる。しかしながら、市民が市清掃センターに直接、ゴミを持ち込んだ場合でも、その場で指定ゴミ袋を手数料含む240円で買わねばならない。この件については2012年3月市議会で議論になった。

 市安全環境部長の答弁によれば、手数料は清掃センターにおいては職員が直接ゴミを受付ける職務への委託経費となり、手数料分の値下げは一切考えていないとしている。これは、民間の販売店が本来業務の傍らゴミ手数料という公金を徴収しているのに対し、市清掃センターでは市職員が本来職務としてゴミ受付をしている、非なる行為であるにも関わらず、同じゴミ袋代として市が徴収していることになる。
 公金の徴収方法としては説明不足、不透明な処理ではないか。

 また、240円の積算根拠は市のゴミ処理経費から起算しているが、手数料分使途も不明なまま、2002年を最後に見直していない。
 10年間同じ積算根拠を使う自治体、官公庁など考えられない。
 これらについて担当課でなく市長自身の考えは如何か。応えてください。
 

回答

 指定袋の取扱いにつきまして、「八千代市一般廃棄物処理手数料収納業務委託実施要領」により、市内に店舗がある事業所と業務委託契約を締結して販売しており、市の公共施設では販売していません。
 しかしながら、指定袋を持参せずに、直接家庭廃棄物を持ち込む方もいらっしゃるため、利便性を考慮して清掃センター敷地内の八千代清掃事業協同組合に販売を委託しています。このため、指定袋代金の徴収を市職員は行っていません。
 なお、「有料指定ごみ袋制度」は、平成12年7月にごみの減量化・適正処理及び負担の公平性を目的とし、ごみの収集運搬、焼却や埋立て等にかかる費用の一部をごみ処理手数料として市民の皆さまに負担していただくために導入しました。この手数料は、ごみ処理経費の一部に充当しています。

 手数料の見直しにつきましては、「有料指定ごみ袋制度」の目的の1つであるごみの減量化が促進されたことから、平成16年12月に改定しました。
 今後も、ごみ減量化の進捗状況やごみの処理経費等の検証を行いながら手数料の見直しも含めて検討してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いします。

平成24年7月27日

 

ごみ集積所 [八千代台東・女性]

意見・ 要望など

 このたび近隣の方に交じりごみ当番がまわってきました。
 長年商業店舗と住宅居住者とでごみステーションなどの設置の分別がうまくいかなかったからなのか、理由は分かりませんが、この町会ではごみ集積所を個人何世帯かで交代でしているようです。
 個人的にそのような事情も知らず家を建てたため、狭いスペースでごみ集積所設置が自宅では難しそうです。仮に自宅の敷地に設置をする場合でも駅から近く、目の前は駐車場のため、通りがかりの方が生ごみから不燃物から投げ捨てたり置き去りにする傾向がありごみ当番でない時でも処理に困っています。

 また、自宅隣のビルではごみ集積所があっても近所のものは捨てることができず、そこのビル居住者のみが利用していますが、私の自宅寄りに設置されています。
 また、反対側のお隣の方が当番のときは自身で所有する土地にごみ集積所を設置していますがそれもご自身の家側に集積所を置くのではなく私の自宅のすぐわきに設置するため両隣からごみ集積所に挟まれているため、夏場は匂い等が気になっていくことでしょう。
 両隣の設置場所についてはモラルの問題であり私個人の意見となってしまいますが、ご近所との関係を保つためにもなかなか口に出しては言いづらいものがあります。
なんとかごみ集積所を自宅で持たずに設置場所を確保していただく事は出来ないでしょうか?
 

回答

 お手紙に書かれているごみ集積場所の位置の件につきましては、近年、生活スタイルの多様化や各家庭の様々な事情もあり、ごみ集積場所の位置選定や交代制(輪番制)による維持管理等のルールについて、地域でトラブルに発展している場合もあります。
 特に住宅が密集している地域では、ごみの集積場所を新たに設置したり、別の場所に変更する場合に最適な場所を見つけることが困難と考えられます。
 このような実情から、お住まいの地域でもごみ集積場所を公平に交代する輪番制にしたものと思われます。

 問題解決の一つの方法として、加入されている自治会の会長やお住まいの区域の班長さん等に相談されてみてはいかがでしょうか。
 ごみ集積場所の選定や輪番制による場所変更についての仲介・斡旋は、各地域ごとに様々な事情があり、市が介入することができません。
 ごみ集積場所の選定は、使用する地域住民の方々で決めて頂くことが最適と考えています。
 市としましても、ごみの出し方や臭い等の問題が発生した場合には、注意を促す看板の設置や指導等を行いたいと考えておりますので、ご連絡いただければと考えております。

 平成24年5月15日

 

東日本大震災の瓦礫受け入れ  [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 被災地の瓦礫受け入れ市町村が少ないのは残念なことです。
 日本中が被災地の復興を支援すると言いながらの支援の実行がいくらあるのだろうか。
 八千代市が全国の先頭を切って瓦礫受け入れを意志表示し実行すべきと思います。
 50日間のボランティアをしてきて、現地の復興への力強さを実感してきましたが、まだまだ全国からの支援が必要です。
 

回答

 東日本大震災に伴う瓦礫処理についてのご質問でございますが、現在、全国的な支援体制が遅れている中、先般、東京に引き続き、神奈川県が受入れの意向を表明いたしました。
 震災に伴うガレキの処理につきましては、復興に向けた災害廃棄物の広域処理体制の構築を目指すことを趣旨とする国からの調査が県内各自治体を対象に実施され、本市においても受け入れ協力できるか検討いたしました。
 その結果、現有する焼却炉3基とも既に10年以上経過しており、近年、老朽化に伴う焼却能力の低下が著しいことから、受け入れるだけの余力がありません。
 現在、施設の延命化を図る目途で、基幹的設備等改良事業を計画していますことから、災害廃棄物の受入れは困難であると判断しています。

平成24年1月19日

 

新川沿いなどのごみについて[高津東・男性] 

意見・ 要望など

 先日、新川沿いを友人とランニングをしたのですが、ポイ捨てされた空き缶などがあって不快でした。
 そこで、市民の「ゴミをポイ捨てしないでしっかり捨てる」や「ゴミが落ちていたらしっかり拾おう」などと言った気持ちを少しでも高めるために、デポジット機を設けることは可能ですか?もし可能であれば設置して頂けますか?
 

回答

 空き缶等のデポジット方式導入を実施するためには、製造会社・販売会社・購買者(住民)の協力と自治体間の連携が必要になります。
 デポジット方式には、大きく分けると、製品そのものに金額や特典を上乗せする方法と、シール等を用いて地域や学校内などの特定の場所で行う方式の二通りあります。 大規模な取り組みを行うには前者の方式が、地域等を限定して行うには後者の方式が採用されているようです。
 しかし、商品価格に上乗せすると、デポジット対象商品の方が割高になるため、制度に加入していないメーカーの商品を買う人が増えるというリスクをデポジット方式に参加したメーカーが負うことになります。

 また、一時的に購買者が通常定価より高い買い物をすることや、空き缶やペットボトルなどを回収機にまで持っていくことなど、多くの問題点が浮き彫りにされています。
 本市では週1回、新川遊歩道を投棄物の収集を兼ねたパトロールを実施し、月1回はスピーカー付きの車で、ポイ捨て防止の啓発活動も実施しています。また、学校や自治会などを対象とした学習会やポイ捨て防止ポスターの募集なども行っています。こうした活動を通じ、リサイクルやポイ捨て防止の意識を少しでも向上させることが大切なことだと考えています。

平成22年12月10日

 

ゴミ袋について[大和田新田・女性] 

意見・ 要望など

 八千代市に越してきた者です。 ごみ袋の値段の高さに驚いています。
 他のページに回答があり読ませてもらいましたが、40L10枚入りが240円で本当に驚いています。
 こういう意見を持っている市民はたくさんいるのではないでしょうか?
 ただでさえ、都内や埼玉などより賃金も安いのにどうして市民の生活を圧迫するようなことをするのでしょうか?

 ゴミを減らす、ちゃんと分別する、もちろんいいことだと思います。
 でも、市販のごみ袋でだってできますよというか、今までだってやっていました。
 とにかく、その金額に納得できません、高すぎます。
 ごみの減量化・適正処理及び負担の公平性を目的というなら、各家庭に指定ごみ袋を配布してください。
 埼玉では、何ヶ月かに1度、各家庭にごみ袋が支給されていましたよ。郵便ポストに入っていて、とてもありがたく思い、使っていました。
 もっと低収入の家庭の事も考えてください。
 

回答

 本市では、ホームページでも掲載していますが、平成12年7月から「有料指定ごみ袋制度」を導入しています。
 指定袋の売上げは市の歳入となり、ごみの収集、焼却や埋立て等にかかる費用の一部に充当させていただいております。
 ごみ袋の無料配布につきましては、各自治体において様々な考え方があり、本市ではごみの排出時に処理費の一部を負担していただくという考え方でありますので、基本的には各家庭へのごみ袋支給は実施しておりませんが、生活保護受給者等の生活困窮者につきましては例外的に支給しております。

 また、有料化後、ごみの減量が見られたため平成16年にごみ袋の値下げをしましたが、現在の価格からの値下げは今のところ予定しておりません。
 市民一人ひとりのご理解とご協力をいただきながら今後もごみの減量化・再資源化を進めてまいります。

平成22年12月10日

 

ごみ袋について [大和田新田・女性] 

意見・ 要望など

 ゴミ袋の枚数の多いものを作っていただけませんか?
 定期的に買うものなので、例えば、30枚入りとか50枚入りなどを作っていただけると助かります。
 ゴミ袋の外袋は乾電池を捨てるときに使えると書いてありますが、どんどん溜まって困ります。
 

回答

 指定ごみ袋の枚数ですが、八千代市の条例で1袋10枚と定めているため、現在のところ変更の予定はありませんが、今後の検討課題とさせていただきます。
 また、指定ごみ袋の外袋やレジ袋等のその他プラスチック容器包装類は、現状では可燃ごみとして収集しておりますが、今後のリサイクルセンター整備に併せ、資源物として分別収集を予定しておりますので、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

平成22年5月31日

 

清掃センターでのごみ袋購入について[村上・男性] 

意見・ 要望など

 粗大ごみを清掃センターに持ち込んだところ、その中に不燃ゴミと可燃ごみが混じっていたために、それぞれのごみ袋を購入して、それに入れて、指定の場所に持ってゆくように係員に指示されました。指示された通りにしたものの、持ち込んでいるのに、なお袋を購入しなければならないのか疑問に思います。
 

回答

 本市では、ごみの減量化、適正処理及び負担の公平性を目的として、平成12年7月から「有料指定ごみ袋制度」を導入しています。
 この制度は、ごみ処理にかかる費用の一部を、ごみ処理手数料として市民の皆様に負担していただいている制度です。そのため、可燃・不燃・有害ごみは、直接清掃センターに持ち込んで頂いた場合でも集積場所に出す時と同様、指定袋を使用していただいておりますので、ご理解をお願いいたします。
 なお、ごみ処理につきましては、環境に配慮しながら適正に処理するとともに、市民一人ひとりのご協力をいただきながら、今後もごみの減量化やリサイクルを進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

平成22年4月30日

 

八千代市指定ごみ袋の値段について[村上・女性] 

意見・ 要望など

 八千代市へ転入してきました。何より驚いた事は、[1]指定ごみ袋が高額な事と、[2]ごみ袋に名前を書く所がある事と、[3]スーパーのレジ袋に入ったごみは回収されない事です。
 可燃ごみ袋で比較した場合、前市では45リットル1枚10円しないのに対し、八千代市のごみ袋は40リットルで1枚24円もします。
 加えて、ごみ袋に名前を書くなんて、シュレッダーが一家に一台あるご時世に、なんて非常識でデリカシーの無い市政なんだろうと、非常にがっかりしました。
 

 スーパーでの買い物にはエコバッグを使用するようにしていますが、忘れてしまった時や、エコバッグに入りきらなかった商品を入れるのにどうしてもスーパーのレジ袋を頂いてしまう事があります。今どきのレジ袋は燃やしても有害物質を出さないものがほとんどです。それなのに、レジ袋でごみを出せないとなると、レジ袋をただのごみとして捨てる事になるのが、それこそエコではないと思います。
 この他にも転入してきて違和感を覚えた節がいくつもあるので、八千代市に生涯にわたって定住するつもりは全く無くなりました。ちかく、家を購入する検討を始める予定ですが、現在のままでは八千代市には全く魅力を感じません。
 都内で働く人間にとっては東葉高速線以外に魅力がありません。東葉高速線は市民割でもあるのか?と疑うほど高額な事も疑問です。

 主人は会社から交通費が出ますが、現在、主婦をしている私ですが、いざハローワークへ行こうと思っても、隣の船橋市へ行かなければならない現在、交通費だけでバカバカしい金額になります。
 何から何まで、住みだして10日もたたないのにこれだけの疑問が出たわけで、老後もこの街で生活する気にはなれません。
 もっと一般人にとっての日常生活における魅力を打ち出して頂きたいです。
 転入してきて残念の一言です。
 

回答

 指定ごみ袋が高額であるとのご意見ですが、本市では、ごみの減量化・適正処理及び負担の公平性を目的として、平成12年7月から「有料指定ごみ袋制度」を導入しています。
 この制度は、ごみの収集、焼却及び埋立て等にかかる費用の一部をごみ処理手数料として市民の皆様に負担していただいている制度です。そのため、「有料指定ごみ袋制度」を導入していない自治体に比べ、販売価格は若干割高になっています。

 次に、ごみ袋に記名欄があることについてですが、指定袋制度開始時には、排出者責任を明確にするため、記名欄を設けましたが、記入は、任意であり強制的なものではありません。従いまして、回収につきましては、氏名明記の有無に関わらず行っております。
 レジ袋やその他プラスチック(容器・包装類)は、可燃ごみとして収集していますが、建設予定のリサイクルセンター完成に併せ、資源化するための分別収集を予定しています。
今後も、市民の皆さまのご理解とご協力をいただきながら、ごみの減量化を進めてまいります。

平成22年4月16日

 

燃えないゴミの収集日の回数増加について[勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 燃えないゴミの収集日が現在は一月1回ですが、
 出来れば2回収集日を設けていただけたらありがたいのですが、よろしくお願いします。
 

回答

 不燃ごみの収集を月2回等にすることにより市民の皆さまの利便は、向上することと思いますが、収集コストやごみの減量等の問題も考慮した上で、月1回の収集としているものです。
 市では、収集回数を増やさないで、コストを抑えるため、燃えないごみ(不燃ごみ)の収集は、月1回であることから、回収日当日が祝日である場合でも通常どおり収集を行っております。
 また、八千代市清掃センターへの直接の持ち込みにつきまして、平日以外にも受け入れて欲しいというご要望を受け、毎月第3土曜日に受け入れ(祝日を除く)している粗大ごみに加え、不燃ごみ・可燃ごみも平成21年4月から受け入れ可能としましたので、ご理解のほどお願いいたします。

平成22年2月18日

 

ごみ収集所について[大和田・女性] 

意見・ 要望など

 ゴミ捨て場は分譲の8軒で8分の1ずつ権利を持っている私有地です。
 最近、今使っているゴミ捨て場がいっぱいだからと周辺区画の9軒の方達がこのゴミ捨て場を使いたいとのお願いがありました。
 家はこのゴミ捨て場に隣接しており、家まで1mも離れていないので、このゴミ捨て場に10軒以上のごみが何時間も放置されるのは、正直かなり困ります。
 当初は市の方が間に入るとのことでしたが地域の問題なので町会で解決するように…となったそうですが、ゴミ捨て場を新しく作るなど、市の方で対策はできないのですか? 新しく収集所を設けるようにお願いいたします。
 

回答

 ご指摘のごみ集積場所につきましては、平成21年12月21日に現地調査を致しました。
 当該場所におけるごみ集積場所の設置につきましては、当該場所周辺の開発に伴い8世帯の使用で、「ごみ集積場所(新設)申出書」が提出されております。
 ごみ集積場所の設置に関しましては、開発業者及び利用される皆様や地元自治会等において、適切な設置場所等の協議をしていただき、市に「ごみ集積場所(新設)申出書」を提出して頂き、清掃センターで現地調査をして使用開始の許可をしております。

 このようなことから市では、当該周辺のごみ集積場所の新設につきましても利用者からの申出に基づいて、ごみ集積場所の新設を行っていきたいと考えております。
なお、平成21年12月21日に「ご利用についてのご注意」の看板を設置させていただきましたので、しばらくの間、経過観察をお願い致します。

平成21年12月28日

 

小型家電等の回収業者について [上高野・女性] 

意見・ 要望など

 「エアコン、冷蔵庫、小型家電、オートバイ等、無料で回収いたします。」という廃品回収業者が回ってきたので、丁度不要になっていたグリル鍋と電気ストーブを引き取って貰いました。その際、無料という謳い文句とは異なり、グリル鍋は分別に手間がかかるという理由で2000円超の処理料金を取られてしまいました。(そのときのレシートを廃棄してしまい、業者名は不明。但し個人営業だと言ってましたし、市のHPに載っている許可業者一覧の名前とはどれも違うと思われます。)
 それでも資源回収がされるなら粗大ゴミに出して埋め立てるよりいいのだろうと思ってそのときは処理料金を払って引き取って貰いましたが、HPで市の廃棄物処理計画を拝見したら、粗大ゴミも分別していると読み取れる記述があり、先に回収業者に払ったお金は過剰かつひょっとしたら不適正処理を助長し正当なリサイクルを阻害するものだったかと危惧している次第です。

 そこで伺いたいのですが、粗大ゴミとして排出された小型家電等は、市の方で出来る限りの資源回収が行われているのでしょうか?行われているとしたら、ぜひその回収実績や具体例をホームページで分かりやすく情報提供していただけると、ゴミとして出すことへの違和感が減ってありがたいのですが。また、こういう無許可と思われる廃棄物回収業者に、回収をお願いするのは容認されているのでしょうか?複数の業者が市内各地で頻繁に回収をやっているようなのですが、実は違法行為なのでしょうか。
 

回答

 市で収集した不燃ごみや粗大ごみは手作業や破砕機により解体し、金属等をリサイクルし、焼却できる部分は焼却し、そして最後に残ったものを最終処分として埋立処理をしております。
 これらの実績等について、現在ホームページ上に掲載はしておりませんが、今後検討してまいります。
 次に、廃棄物回収業者についてですが、廃棄物処理法第7条により、一般廃棄物の収集運搬をする業者は、市の許可を受けなければなりません。したがって、無許可の業者が、廃棄物を有料で回収する行為は違法行為となります。
 市には、約20の許可業者がありますが、これらの業者が、市内を巡回していることはありませんのでご注意ください。
 今後もごみの減量やリサイクルの推進にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成21年7月8日

 

新川の美化について [村上・男性]

意見・ 要望など

 先日、桜を観に妻と新川の川岸を散歩しました。とても綺麗に咲いており、新しい苗木を植える等、手入れも行っており長閑な雰囲気など良い所(八千代市)と二人話をしております。
 但し、残念なことに川岸に住まい?(誰かの)ごみ?(誰かが捨てた)休憩所?(釣り人)が所々あり汚いです。撤去出来ないでしょうか。強制的に行い(市民参加等)その後違反?には、罰則を設けることを検討してください。綺麗な新川-財産を守りましょう。
 

回答

1.新川周辺に散乱するごみ等について
 新川周辺に散乱するごみ等につきましては、八千代市といたしまして、新川周辺をゴミゼロ運動のメイン会場として指定し、一斉清掃に取り組んでおりますが、さらに、清掃センター職員が週に1度の割合で、遊歩道周辺のごみを収集しており、クリーン推進課職員が月に1度の割合で、スピーカー付き車両でポイ捨て防止等の啓発を実施しております。
 ご提案の罰則につきましては、平成10年に八千代市ポイ捨て防止に関する条例を施行し、その中で、「環境美化重点区域」を指定することができると規定し、当該区域において違反した者に対し、20,000円以下の罰金を科することができると定めております。 

2.新川の「川岸の住まい」「休憩所」等について
 新川の河川管理者である千葉県千葉地域整備センターの所管となることから、問い合わせをしたところ、『ご指摘の「川岸に住まい」につきましては、ホームレス等が住居として使用しているものと思われます。ホームレス対策については、県と市が連携し、福祉対策として安全な住居などへ移転するよう強く進めているところです。強制撤去という手段については、人命や環境に大きな影響が出ない限り実施できないと判断をしています。また、「休憩所」等の非住居施設につきましては、立看板・張り紙等により警告を行い、改善が見られない場合には、撤去等の対策を行いたいと考えています。』とのことでした。
市といたしましては、今後とも新川周辺の環境美化や水辺空間の整備を進め、市民が自然と親しめる憩いの場の確保を図ることは、重要なことであると考えております。

                  平成21年5月18日

 

からす対策のごみ袋について [八千代台西・男性]

意見・ 要望など 

 からすによるごみ袋被害の対策として、ごみ袋の色を黄色にするとからす予防になる。隣接の習志野市は、ごみ網を黄色に変更、(東金市、茂原市等)ごみ袋が黄色である。
 市民は、ごみ収集日に、からすによるごみ荒しの掃除を行っている。早急に対策すべきである。
 

回答

 黄色いごみ袋については、カラスに対し効果があるといわれていますが、ただ黄色いだけでは効果が無く、特殊な材料を使用しなければならないため、販売価格が通常のごみ袋の2倍以上になるということです。また、ある自治体が行った検証では、ほとんど効果が無かったという結果も出ています。習志野市に確認したところ、集積場の網については、配布しておらず、地域の方たちが独自に取り入れているとのことです。
 また、東金市と茂原市の指定ごみ袋については、たまたま黄色い指定ごみ袋であっただけで、カラス対策の為ではないとのことです。(茂原市は現在青色です。)

 このようなことから市では、現在、指定袋の色を黄色に変える予定はありません。
 カラスによるごみ散乱への対策には、さまざまな方法が研究されており、ごみ集積場での対策としては、カラス除けネットやボックスの設置等、ごみをカラスから遮断する方法が一般的に行われております。
 各家庭においてできる対策としては、生ごみや残飯を減らすことや、生ごみを出す際に水分をよく切り、臭いを抑え、外から見えないようにしてごみ袋に入れて出すなどの方法もあります。
 本市としましても、東京都をはじめ、先進都市のカラス対策を参考に、皆様からのご提案や事例等を調査、研究し、今後も対策について検討をしてまいります。  

平成20年11月10日

 

隣接市でゴミ袋が買えないのはなぜについて [八千代台北・女性] 

意見・ 要望など

 八千代台市民は習志野市や千葉市にあるショップに買い物に行く頻度も高いので隣接市内にある店にもゴミ袋を販売できるようにしてもらいたい。
 

回答

 本市では、「有料指定ごみ袋制度」を導入しています。この制度はごみの減量化や負担の公平性を目的として、ごみの収集、焼却や埋め立てなどにかかる費用の一部を、ごみ袋の販売価格を手数料として負担していただき、市が製造から販売までを管理しています。ちなみに千葉市や習志野市はこの制度を採用しておらず、市が袋の大きさや規格を決めるだけで、業者や小売店の自由競争で販売しています。
 本市のごみ袋の購入は、市が指定した取扱店で購入できますが、市が行う業務を委託しています。
そのため、取扱店となる条件として、市内で日用品を取扱っていること、税金等を滞納していないこと、また、公金や指定袋を適正に管理できることなどの要件を設けております。 ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

平成20年6月10日

 

新川大橋橋脚下不法投棄ごみの収集について [村上・男性]

意見・ 要望など

 新川大橋の16号道路側の橋脚下にごみがたびたび不法投棄されます。最近ではダンボール箱に入れられたストーブが捨てられています。また本日は花見客の生ごみが八千代市の分別ごみ袋に入れられ何袋か捨てられています。これらを片づけて欲しいと思います。 この場所はごみが捨てられ易くたびたび私どもが片付けています。この場所を綺麗に整備しごみの捨てられないようなスペースにして欲しいと思います。それまで当面は定期的に見回り、ごみが無いようにお願いします。
 

回答

 ご案内のとおり、市民の憩いの場である新川遊歩道を「八千代市ポイ捨て防止条例」の環境美化重点区域として指定し、環境美化に取り組んでおります。
 取り組みの内容といたしましては、重点的に毎週1回清掃センターが不法投棄(ポイ捨て等)されたごみの回収を行っており、また、クリーン推進課は、毎月1回、スピーカー付きのパトロール車で不法投棄・ポイ捨て防止の監視と啓発活動を行っております。 
 さらに、多くの市民の皆様に参加いただいているゴミゼロ運動や各種イベントの際のごみ回収を行っており、新川の不法投棄によるごみの量は減少の傾向を示していることから、その成果は上がっているものと考えております。

 しかしながら、ご指摘のとおり、心ないマナーの欠如した方もおられることも事実です。
 今後も市民の皆さまと関係行政機関と協働して、マナーの向上をはじめとした不法投棄防止活動に取り組んでまいりますので、ご理解くださるようお願いいたします。

平成20年4月11日

 

エコキャップについて [八千代台北・女性]

意見・ 要望など

 八千代市では、ペットボトルのキャップを捨てていますよね。
そのキャップで世界中の子どもの命を救うことができるんです。
 ただ、集めなければいけない量が400個なので、なかなか個人では集めることができません。
 そこで、八千代市の住民全体で集めることができれば、たくさんの子どもの命を救うことができると思うんです。
 八千代市内の店舗などで回収などをお願いするとか、ご検討のほどお願いします。
 

回答

 現在、市の分別ではペットボトルのキャップはボトルから外し、可燃ごみに出すことになっております。
 しかし、ペットボトルキャップリサイクル運動を行っている「GONET八千代支部」の代表者の方からペットボトルのキャップを回収し、その売上金を市内の教育機関へ寄付したい旨の相談がありました。
 そこで、検討し、庁内調整の結果、市役所本庁舎1階に回収箱を設置しました。
 なお、今後も、学校や自治会等と相談の上、回収箱を増やしていきたいとのことでしたので、市でも可能な範囲で当該運動に協力をしてまいりたいと考えております。

平成20年4月1日

 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

市長への手紙(ふれあいメール)