ページトップ

[本文へジャンプ]

_未使用 > 市長への手紙(ふれあいメール) > 寄せられた投書と回答 戸籍・印鑑(住民票)

寄せられた投書と回答 戸籍・印鑑(住民票)印刷用ページ

2013年4月1日 更新

開庁時間拡大等 [勝田台・男性]

意見・ 要望など

 近年、各自治体では働く層を対象に土日、夜間でも住民票等を発行できるよう開庁時間拡大、自動発行機設置等するなど市民サービスの便宜を進めている中で、八千代市は未だ土日等開庁は原則行わず、市も積極的に取組みをしていると思えない。
 2010年から戸籍課のみ月一度日曜午前中のみ本庁開庁する以外に対応はしていない。
 試験施行は3年目である。あまりにも結論が遅い。
 早急に土日等開庁について方針を定め実現してほしい。

 不況下で非正規雇用社員が増えている中、例えば非課税証明書が必要な市民であれば、平日に仕事を欠勤し、市役所に足を運ばざるを得ない。その日は、収入が減る。
 休みを有給休暇で取得できる方々とは不便さに加え生活にも影響があることを市職員は理解しているのか。併せてお答え願いたい。
 

回答

 開庁時間拡大につきましては、現在、納税課では休日納税相談を、国保年金課では国民健康保険料の休日納付相談を、清掃センターでは一般家庭ごみの休日受付を毎月行っています。
 この他、子育て支援課では、児童扶養手当現況届の特別窓口を開設し、8月12日(日)と平日13日(月)~17日(金)は午後7時まで受付けしています。
 全庁的なものはありませんが、このように各担当部署において、市民の利便性を考慮しそれぞれの業務で対応しています。
 非課税証明書等の税に関する証明も、郵送での受付を実施しており、市役所に来庁できない方でも入手できるようになっています。

 戸籍住民課では、平日開庁時間に来庁できない方のために業務内容等は限定されますが、「郵便請求」や「電話予約」による受取を行っています。また、ご存知のように、平成22年度より市民の皆様の要望を受け、月に1度休日開庁を実施して、利便性の向上に努めているところです。
 今後も更なる市民サービスの向上を目指し、費用対効果を勘案して休日開庁のPRや「電話予約」の業務拡大等も含め、研究してまいります。

平成24年8月6日

 

印鑑証明およびその他証明書の取得 [ゆりのき台・男性]

意見・ 要望など

 平日9~17時の窓口時間では、共働きの家庭では印鑑証明書取得およびその他証明書の取得ができません。
 以前居住していた船橋市では、自動発券機があり、20:00まで自動発券機から取得することができました。
 新しい図書館等の箱物を作る前に、まず電子化による住民の利便性を高めていかないと人口減少社会に対応できませんよ。
 早期の改善を願います。
 

回答

 平日の開庁時間に市役所(支所)窓口の利用ができない方のために、住民票や戸籍の附票及び戸籍謄抄本は、郵便請求で受け取れます。
 この他、電話予約により住民票や戸籍の附票は、業務時間外のいつでも八千代台及び勝田台の各消防分署で受け取れ、土曜日の午前中には市役所守衛室でも受け取れます。
 また、22年4月から毎月第2日曜日には、印鑑証明書の取得や転入出届等を提出する方のために市役所戸籍住民課窓口の開庁を実施しており、広報やちよなどでお知らせしています。

 22年2月から、国によるコンビニエンスストアでの交付実証実験を国内3自治体で開始し、その後全国的に拡大する傾向にあります。
 今後は、自動交付機の導入よりも利便性や経費などの面で有益であるコンビニエンスストアでの交付の実施に向けて、検討してまいります。

平成24年3月22日

 

支所または連絡所の新設 [緑が丘・女性] 

意見・ 要望など

 緑が丘地域に支所または連絡所の新設を希望します
 財政厳しい中、さらに経費・維持費がかかると思いますが、必要な施設だと思います
 よろしくお願いします。
 

回答

 現在、高津・緑が丘地域には高津支所がありますが、この地域では西八千代北部区画整理事業に伴う整備が進んでいます。
 今後、人口の推移をみながら老朽化している高津支所なども勘案し、検討が必要と考えています。

平成24年1月4日

 

市役所の開庁について[大和田新田・男性]

意見・ 要望など

 八千代市に転入した者です。
 本日、印鑑証明書が必要となり、取りに行きたかったのですが、カードを持っているのに平日でなければ取得出来ないと電話で言われました。
 浦安市の場合、休みでもカードがあれば自動交付機で取得出来ました。
 また日曜日でも市役所を開庁しており、非常に住んでいて便利でした。

 私は現在、民間の企業で営業をしておりますが、土曜日も仕事に出ることがほとんどで、あまり自由な時間がありません。最近娘が生まれ、まだ2カ月で手がかかり、自家用車もないために妻も遠出できない状況です。
 八千代市役所の第2日曜日の開庁だけではあまりにも不満です。
 同じぐらいの住民税を支払っているのに、浦安市役所は日曜日も開庁されていて、八千代市役所は閉庁されています。
八千代市のサービスには大いに不満です。

 また印鑑証明書を発行するカードは何のためにあるのでしょうか?
 自動交付機を外に出せば良いだけじゃないですか?
 本当に腹立たしいです。
 こんな住みにくい街に引っ越したことを後悔しています。
 自家用車を購入するために印鑑証明書が必要だったのに、印鑑証明書が手に入らないため、手に入るのが遅くなります。

 明日、妻と娘に無理をさせて取りに行かせようと思います。
 引っ越しの際に市役所の対応がこんなにも大事なことだと、初めて分かりました。
 八千代市を転出し新しい街に転入する時は、市役所の対応も念頭に入れて引っ越ししたいと思います。
 

回答

 「市役所の開庁について」のご意見でありますが、本市では、平日の開庁時間に市役所窓口へ来られない方の対応として、自動交付機の導入や休日開庁の検討を重ねた結果、平成22年4月から第2日曜日に戸籍住民課窓口の開庁を実施したところであります。
 この休日開庁については、利用状況や実施による費用対効果等を勘案し、今後更に検討してまいりたいと考えております。

 また、自動交付機については、国が平成22年2月からコンビニ交付の実証実験を実施し、全国的に拡大していく方針を打ち出していますので、今後においては、コンビニ交付を実施している自治体からの情報を収集し、利便性や経費の面などで自動交付機の導入をした場合との比較・研究をしてまいりたいと考えております。

平成22年10月20日

 

個人情報の取り扱いについて[大和田新田・男性]

意見・ 要望など

 先日、厚生労働省より助成を受けている、「社団法人新情報センター」より、「第5回男女の生活と意識に関する調査ご協力のお願い」のハガキが届き、本日9月20日法人の職員が私の自宅に来ました。
 送付されたハガキには、調査に関する個人情報については外部に流出することはありませんと記載がありましたが、私の自宅の住所や名前については、どこから入手したのか質問しましたら、八千代市より情報提供されたとの回答がありました。

 八千代市では、市民個人の同意もなく、個人情報を第3者に提供を行っているのでしょうか。
 そもそも、八千代市が保有している市民の個人情報は市民の必要がある案件に対して活用するものであり、今回のような事に流用することを行っているのですか。
 同意もなくこのように個人情報を流用することに憤りを感じているとともに、市としての明確かつ納得のいく説明を求めます。
 

回答

 住民基本台帳の閲覧につきましては、従来「何人(なんびと)」でも請求することができました。しかし、個人情報に関するプライバシー保護の観点から、平成18年6月に住民基本台帳法の改正があり、閲覧できる主体と目的を制限したことにより、ダイレクトメール利用等の営利を目的とした閲覧はできなくなりましが、住民基本台帳法第11条の2第1項の規定により統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるものの実施については、閲覧させることができることとなっております。

 今回の「社団法人新情報センター」に係る個人情報の取扱いでございますが、当センターから「第5回男女の生活と意識に関する調査」を目的とした住民票の一部の写しの閲覧の申出があり、市はこの申出を受け、厚生労働省が所管する事業に基づくための調査と判断し、閲覧を認めたものでございます。この閲覧により、今回、調査に伺ったものと考えます。
 なお、個人情報につきましては、法令や八千代市個人情報保護条例に基づいた業務を遂行し、適正に取扱っておりますので、ご理解のほどお願いいたします。

平成22年9月30日

 

第三者による住民票等取得の際の本人通知制度について [村上・男性] 

意見・ 要望など

 いわゆるオレオレ詐欺における預金口座や携帯の契約等本人なりすまし型犯罪が増えている中、住民票や戸籍謄本を本人になりすまして取得する例も多いようです。一方、一部の行政書士等が同和問題等に関する身元調査のため不正に住民票や戸籍謄本、戸籍附票を取得する例も全国数カ所で発覚しているようです。
 調べてみましたら、住民票等の不正取得を防ぐために、多くの市町村で第三者が住民票等を取得した場合に、本人に通知する制度を導入しはじめているようです。

 幸手市の例では、住民票取得者の個人情報保護にも配慮したものとなっています。そのため、導入に向けてクリアすべき課題は少ないと思われます。
 ぜひ、なりすまし犯罪や差別等を目的とした住民票等の不正取得を防ぐためにも、早期に八千代市でも同様の制度を導入していただけないでしょうか。
 

回答

 平成20年5月1日から住民基本台帳法、戸籍法の一部が改正されたことに伴い、本人確認が必要になりました。住民票等の請求があった場合には運転免許証等により、必ず、請求(取得)者の本人確認をし、なりすまし取得の防止を図っています。
 今後、第三者が取得した場合の本人への通知については、県内の他市町村の動向をみながら、不正使用の防止や個人情報の保護の観点から、慎重に検討して参りたいと考えています。

      平成22年8月9日

 

コンビニでの住民票交付について[勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 最近、市川市など一部の自治体で、コンビニでの住民票交付サービスが始まりました。八千代市では導入の予定はないのですか?
 八千代市は、土日祝の住民票申請が出来ず、会社勤めの者にとっては大変不便であり、せめてコンビニでの交付サービスは導入して欲しいです。
 住民基本台帳カードの交付促進にもなると思いますので、八千代市にもメリットがあると思うのですが。
 

回答

 4月から毎月第2日曜日の午前中に戸籍住民課の窓口を開庁し、休日の住民票等の交付サービス業務を行ないます。
 なお、住民票等の交付サービスとしまして、引き続き、郵便による請求ができるほか、電話予約により平日の時間外や休日に勝田台及び八千代台の各消防分署で、また土曜日の午前中に市役所守衛室で取得することができますので、併せてご利用ください。
 コンビニエンスストアでの住民票交付サービスにつきましては、市川市の情報等を勘案しながら、慎重に検討して参りたいと考えております。

平成22年2月24日

 

印鑑証明の取得について [村上南・男性] 

意見・ 要望など

 なぜ本人が免許証等本人である事を証明できる物を提示しているにもかかわらず印鑑証明等は登録カードが無いと取れないのですか?逆にカードを持ってれば委任状(認印でOK)があれば誰でも取れるのも疑問です。
 

回答

 印鑑証明書の交付については、八千代市印鑑条例第13条において「登録者又はその代理人は、印鑑証明書の交付を受けようとするときは、印鑑登録証を添えて、市長に申請しなければならない。」と規定されており、従いまして、印鑑登録証(カード)がないと印鑑証明書の交付ができないことになります。
 また、交付にあたりましては、持参したカードをパソコン端末のカードリーダーを通して読み取り、印鑑証明書を交付しております。

 次に、代理人による印鑑証明書の交付につきましては、代理人が印鑑登録証(カード)を持参して頂くことにより、委任されたものとして、委任状がなくても印鑑証明書の申請(取得)をすることができます。この場合、代理人は申請書の記入事項を正確に記入できなければならないことになります。
 なお、紛失等の場合には新たに印鑑登録をして頂き、印鑑登録証(カード)の再交付を受けることになります。印鑑証明書は財産を守る等、大切なものでありますので、カードと登録印(実印)は注意して大切に保管されますようお願いします。

平成21年9月17日

 

戸籍住民課における職員の対応について[ゆりのき台・男性]

意見・ 要望など

 今日、戸籍住民課にて住民票の発行をお願いしました。
 所定の用紙に必要事項を記入し、発行されるのを待っていたところ、15分ほど経過してやっと発行されました。
 前回は15分もかからなかったと記憶しています。
 15分もかかった原因ははっきりしています。レジ担当が、ほかの来庁者(以降、A氏と記します)の対応をしていたからです。私の番号札が呼ばれたのは、A氏の対応が一段落してからでした。住民票を発行する準備が整ってから10分以上も「不要に」待たされました。にも拘らず、「お待たせしました」の一言もありませんでした。

 ここで問題なのは、A氏と私を含む発行待ちの方々それぞれに対して、なぜ臨機応変に対応できないのかということです。具体的には:

[1]私がお願いした住民票を発行する準備が整った段階でA氏との話を中断し、私に発行し終えてからA氏との話を再開する。会計に要する時間は、正味20秒もかからないはずです。

 
 
[2]レジがA氏との対応に追われているのは、戸籍住民課にいるほかの職員も気づいたはず。代わりに、ほかの職員がレジを操作し会計をすればよいのでは?
とくに上記[2]に関しては、その場で言いました。ところが、以下のような弁解をしました。

 ・A氏の対応ができるのは〇〇だけ。
 ・レジを担当できるのは〇〇だけ。

 仮に弁解が正しいとすれば、ほかの職員の存在理由がわかりません。とくに、レジに関しては、ほかの職員が対応できても良いはずです。出来ないとは言わせません。レジ操作はバイトでもできます。
 さらに腹立たしいのは、私が苦言を呈していると、ほかの来庁者(A氏とは別人ですのでB氏とします)に「待ってるんだよ」と怒られたことです。
 なぜ、私がB氏から怒られなければならないのでしょうか。私が怒られるのではなく、戸籍住民課の職員が怒られるべきだと思います。私の立場がありません。

 八千代市の財政が厳しい中、戸籍住民課の職員の数は適正なのだろうかと疑っています。
 適正な職員数にすれば、市の財政は幾分改善するのではないかと。
 私の記憶では、戸籍住民課の職員は5人くらいいたはずです。5人も必要なのでしょうか?
 私は、オペレーションズ・リサーチという数理工学の分野を専門にしています。この分野には、「待ち行列」という理論があり、窓口担当者の最適人数を理論的に算出することが可能です。
 戸籍住民課における単位時間当たりの平均窓口訪問者数から、最適な職員数を算出することも可能です。
 理論に当てはめた場合、5人という数字は過大なように思われます。今後の改善を期待します。
 

回答

 今回、住民票の取得のため来庁した際、窓口の対応で不快な思いをされたことに対してお詫び申し上げます。
 毎日数多くの来庁者がありますが、日頃より窓口対応については、不快な思いやご迷惑のないよう来庁者に対して配慮し、心掛けているところであります。
 しかし、今回頂きました貴重なご意見を真摯に受け止め、今後より一層、窓口業務の職員に対し指導し、来庁者への対応や接遇について、より良い窓口環境の改善に努力して参りたいと考えております。

      平成21年9月17日

 

印鑑証明書取得等について[大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 サラリーマンの所帯で、印鑑証明書が入用となりましたが、市の対応時間が平日8:30-17:00であるため、休みを取らないと八千代市は取得できません。かみさんも働いており同様で非常に不便さを感じますし、憤りもあります。八千代市は首都圏のベットタウンとして人口も増え、且つそのような市政を行っているものと考えます。平日、首都圏に仕事に行く我々に対し、サービス向上を早期に実現に向け切に希望します。
 

回答

 戸籍住民課及び支所の窓口業務は、ご指摘のとおり、開庁日(平日)の午前8時30分から午後5時までとなっております。
開庁日の業務時間帯に来られない方のための対応として、現在、住民票や戸籍の附票については、平日の業務終了後や土・日曜日の八千代台や勝田台の消防分署での受取り、また本庁守衛室での土曜日午前中の受取りができる「電話予約」制度を設けております。
また、「郵便請求」の方法でも戸籍謄本等の戸籍証明や住民票を取得できますが、印鑑証明書の交付については、現在、開庁日のみとなっております。

 休日や時間外での取得等については、平日業務時間の延長や休日開庁、又は自動交付機の設置などが考えられますが、このことは、戸籍住民課だけでなく窓口業務を抱える部署全体としての問題や休日の庁舎管理や警備上の問題、財源確保の問題等様々な課題がありますことから、今後は少しでも市民サービスの向上に寄与できればと考え、印鑑証明書の取得について「電話予約」による受取り(交付)を検討して参りたいと考えておりますので、ご理解願います。

      平成21年5月18日

 

情報管理(ICカード化)について [上高野 ・男性]

意見・ 要望など 

 昨今情報セキュリティ問題では世界的に管理が問題になっていますが、八千代市を含め各地方自治体では、対応の遅れが甚だしい。
 他の投稿にもあるように、公金のずさん取り扱い、個人情報保護法の勝手な解釈で、DM業者への閲覧公開整備を遅らせている。
 各個別企業体でも、個人情報機器を職場に持ち込ませず徹底管理を図っている現状に、個人情報の最たる印鑑登録証明カードを未だに磁気カード方式のまま構築しているなど。銀行カードなど、社員証、身分証明、電車入出カードなど全てICカード化されており、個人の指紋認証、顔写真等を付与等が、当然のことと思いますし、後発新都市では、土曜、日曜、祝日も対応できている所が増えている現状を鑑み、至急対応を考えて欲しい。
 IC化すると一枚のカードで個人サービスが多機能化されます。
 

回答

 ご要望のありましたIC化につきましては、平成15年8月から実施しております住民基本台帳ネットワークシステムにおいて使用する住民基本台帳カードは、ICとなっております。
 しかしながら、ご指摘の印鑑登録カードにつきましては、現在、IC化への変更について協議検討を行っているところでありますので、ご理解の程お願いいたします。

平成20年11月7日

 

個人情報の流出(DM、電話勧誘)について[ゆりのき台・男性] 

意見・ 要望など

 最近いろいろな会社から娘の着物やら人形やら、様々な業者からDM、電話勧誘があります。しつこいほど来ています。土曜日、日曜日はひっきりなしに電話が鳴り続けます。
 そのうちの1社を問い詰めたところ、市役所から娘の個人情報を入手したと暴露しました。これは犯罪です。個人情報を不当入手した会社、それを提供した八千代市役所。警察に一緒に行ってください。私は電話帳にも電話番号は載せていません。
 

回答

 ご存知のとおり戸籍住民課では、住民基本台帳法に基づき、正確な記録の整備や住民の居住に関する公証等を行っております。
 業者からのしつこい電話勧誘等により、大変不愉快に思われているご心情はご察しいたします。その際、業者は市役所から情報を入手したとのことですが、戸籍住民課では、住民基本台帳法で定められている住民票閲覧制度があります。この閲覧制度は、住民基本台帳法に基づき、市民の氏名・住所・生年月日・性別の4情報のみを記載した台帳を閲覧希望者が有料で閲覧するものでありますが、電話番号は、記載しておりません。

 しかし、この閲覧制度は、個人情報が営利活動の情報源として利用されている恐れがあることから、長年、国に対して閲覧の廃止を含めた見直しを要望すると共に、市におきましても、平成17年9月より、個人情報保護の観点から閲覧請求審査の厳格化を図るべく閲覧要綱を改正したところであります。
 そして、平成18年11月1日に、ようやく住民基本台帳法の一部が改正され、DM等営利を目的とする閲覧はできなくなりました。
 市といたしましても、今後も改正住民基本台帳法に基づき、厳格に対応してまいりたいと考えておりますので、ご理解の程お願いいたします。

平成20年9月19日
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

市長への手紙(ふれあいメール)