ページトップ

[本文へジャンプ]

_未使用 > 市長への手紙(ふれあいメール) > 寄せられた投書と回答 医療

寄せられた投書と回答 医療印刷用ページ

2013年4月1日 更新

八千代市の人工透析患者数など [村上南・男性] 

意見・ 要望など

 先日NHKの「ためしてガッテン」という番組で、日本で現在猛烈な勢いで人工透析患者数が増加している状況の中で、逆にその数を減らすことに成功し、莫大な医療費を削減しつつある尼崎市の取り組みを紹介していて、大変感銘を受けました。 
 そこで幾つか質問させてください。

 

  1. 最近5年間の八千代市における人工透析患者数の推移を教えてください。
  2. そのための医療費の金額の推移もお願いします。
  3. 人工透析患者を減少させるために、市ではどのような取り組みをしていますか?


 以上、よろしくお願いします。
 

回答

1.最近3年間の本市の人工透析患者実人数、延件数及び2.総医療費につきましては、以下のとおりです。

   平成20年度…293人 3,089件  1,343,713,180円
   平成21年度…308人 3,295件  1,461,109,810円
   平成22年度…327人 3,505件  1,534,068,050円
   ※上記件数等は、国民健康保険及び後期高齢者医療分です。

3.人工透析患者を減少させるための市の取り組みにつきましては、生活習慣の見直し・改善を目的に、医師による「生活習慣病予防講座」、健康運動指導士による「ウォーキング講座(歩いてはじめる健康づくり講座)」、「からだすっきり!はじめて講座」等を実施しています。
 また、「やちよ元気体操」の普及啓発、健康教育等で生活習慣病予防の周知等に努めています。

平成23年10月14日

 

八千代市に於ける循環器救急医療の充実  [ゆりのき台・女性]   

意見・ 要望など

 八千代市・八千代医療センター関係各位様のご尽力により昼夜を問わず、地域医療に大変貢献されている事は、周知の事実であり、一市民として心よりご尊敬し、心より御礼申し上げます。
 小職の両親も、高齢化・生活習慣病の煽りを受け、循環器病を罹患した経験を持ち、生命の危機、瀬戸際を幾度となく経験して参りました。
循環器疾患を経験した者として、八千代市内に於ける循環器医療は、様々な観点から考察した結果、決して充分であるとは言い難い状況と思慮されます。よって、八千代医療センター内に於ける更なる充実、心臓血管外科の開設・地域完結型医療推進を希望します。
 

回答

 八千代医療センターにご要望の内容を伝えました。
 市民のみなさまからの苦言や提言につきましては、同センターの教授を室長とする患者サービス室を中心に、各職種の代表者で構成する患者サービス実務部会を開催し、改善できるものについては速やかに対応しながら、良質な医療の提供に努めているとのことです。
 今回ご要望の心臓血管外科の開設につきましては、可能な範囲での対応をお願いしておりますが、職員の配置等が必要なためすぐには難しいとのことでした。
 地域医療の推進に関しましては、今後とも努力してまいります。

平成23年6月24日

 

子宮頸がん予防接種について[大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 子宮頸がん予防接種ですが、ずいぶん早くに他の県や市は対応してましたが、八千代市はやっとですか?
 娘に受けてもらいたいのですが、今年4月で高2です。予防接種は無料で行えますよね。確認です。
 

回答

 子宮頸がん予防ワクチン接種の公費負担につきましては、国において平成22年11月26日に補正予算が急きょ決定され、県内各市も実施に向け、手続き及び予算の検討を始めました。そして、平成22年度内に実施できた市は、36市中16市で、20市は、平成23年4月以降の実施となりました。八千代市でもいろいろ検討いたしました結果、平成23年4月からの実施とし、現在、準備を進めております。
 また、対象としては、国の基準に従い、中学校1年生から高校1年生といたしました。
 以上のことから、今年高校2年生になられるお子さんの予防接種の公費負担については、ご希望に沿うことができません。大変申し訳ございませんが、ご理解をお願いいたします。

平成23年3月25日

 

乳幼児予防接種について[勝田・女性] 

意見・ 要望など

 ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンの接種は費用がかかり家計の負担が大きい為、躊躇しています。千葉市では2月から全額市で負担してくれる事となりました。
 八千代市でも是非、前向きに検討してください。子育てしやすい市になって欲しいです。
 

回答

 ヒブワクチン・小児用肺炎球菌の任意予防接種ワクチンにつきましては、平成23年4月から全額公費負担で実施する予定で、準備を進めております。
 詳細につきましては、今後、ホームページや広報やちよで、お知らせします。

平成23年2月7日

 

子ども医療費助成制度について[村上・男性] 

意見・ 要望など

 先日、幼稚園の運動会に行きました。運動会の途中で市長が挨拶をされてました。
 今年の12月から小学3年生まで通院が1回200円になります!とアピールなさっていましたが首都圏の市町村では小学6年や中学3年まで医療費無料を実施している所が多いと思います。
 それと比べてしまうと八千代市、如いては千葉県の子ども医療に対する姿勢がいまひとつの様な気がしてしまいます。
 小学3年生まで200円になる事をアピールするのは逆効果だと感じます。
 市民が他の市町村の子ども医療費の事を無知だと思ったら間違いですよ。
 市民は意外と外の事も知っています。それとも市長が他の市町村の子ども医療の実態をご存じないのでしょうか。
 だとしたらもう少し勉強なされてはいかがでしょうか。市長選も近い事ですし・・・。期待しています!
 

回答

 子ども医療費助成事業につきましては、県の補助事業により行っており、平成22年12月診療分より千葉県の助成対象が小学校3年生までと拡充されることから八千代市においても同様に小学校3年生までの拡充を行うこととなりました。
なお、八千代市では県の補助事業に上乗せするかたちで、千葉県内では初めて市の単独事業として、平成20年4月診療分から中学校3年生までの入院費について、助成対象としております。

 他の都道府県において通院医療費を小学校3年生以上まで助成対象としているのは、平成21年4月1日現在で1都2県(東京都、栃木県、兵庫県)であり、都道府県としての助成対象を、小学校3年生までとするものとしては、全国的には進んでおります。
 また、千葉県においては、今後、助成対象をさらに拡充するよう検討していることから、八千代市においても助成対象の拡充について、県の動向を注視し検討してまいりたいと思いますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

平成22年10月22日

 

医療センターについて [高津団地・女性] 

意見・ 要望など

 医療センターに掛ったことがある人から聞いたのですが、初診の際、紹介状がないと、保険料のほかに、3000円ぐらい支払うということです。
 普段病院にかかっていなくて、急に具合が悪くなった時、せっかく八千代にできた医療センターがあるから掛かりたいと思った時、高齢者で年金生活者には、きついです。
 市でも、支援しているんだから、市民に高齢者にやさしい医療センターであってほしいです。
 また、内科でかかって、しばらくして外科にかかる場合も、紹介状がなければ、それぞれ、保険料の他に約3000円支払うことになるのですか。
 

回答

 八千代医療センターは、急性期医療を担う病院です。
 高度医療のほか救急医療、小児医療、周産期医療にも取り組み、市の中核病院として地域医療機関と連携した医療を展開しています。このため八千代医療センターは、他の医療機関からご紹介いただいた患者さんを診療することを基本としております。
 病院と診療所がそれぞれの役割を分担することで、病院の持つ機能を十分発揮することができるようにするためです。

 お尋ねの件は、保険外併用療養費といわれるもので、初診の診療は医院・診療所等(かかりつけ医)で、高度専門医療は病院で行うという目的により厚生労働省によって制度化されたものです。
 これにより初診の際、他の診療所や病院からの紹介状なしで入院ベッド数が200床以上となる病院を受診された場合、初診料に加え別途料金の加算が認められているものです。八千代医療センターでは保険外併用療養費は3,150円となっています。
 また、八千代医療センターでは保険外併用療養費は、初診時のみの負担ですが、病院によっては別の科にかかったり、一年程度空くと再度徴収するなど対応は様々です。

 この制度が設けられた背景には、大きな病院が風邪などの軽症の病気から様々な重症の病気まで、全ての患者さんを診療することが必ずしも地域の皆様に最善の医療を提供することにはならないことがあります。
 患者さんの体のことをよく知っているのは、普段から診察している「かかりつけ医」で、適切な診断をして適切な医療を提供しています。一方、大きな病院は、その病院でなければ提供できない医療を必要としている患者さんを「かかりつけ医」から紹介いただいて診療することが使命です。
 以上の理由から、八千代医療センターに保険外併用療養費の制度があることをご理解いただきますようお願いいたします。

平成22年3月18日

 

予防接種の接種期間が既定期間よりあいてしまった場合 [村上団地・女性] 

意見・ 要望など

 0歳と4歳の2人の子どもがおります。
 それぞれ3種混合と日本脳炎の初回1回目の接種から、子どもが熱を出したり風邪を引いたりが続いてしまったり、医院の予防接種の時間を設けている曜日が連休で休診だったりの事情で所定の接種間隔(3種混合は8週、日本脳炎は4週)を過ぎてしまいました。
かかりつけの医院で2回目の予防接種の予約を取って来院したところ、接種間隔がオーバーしているという理由で持参した問診票では予防接種は受けられないとことわられ、保健センターに問い合わせるように言われました。

 その後、保健センターへ問い合わせたところ、接種間隔が空いた場合は定期外接種という扱いになるということで受けられる医院が限られるということと、別途書類が必要になることを言われ、書類は後日郵送されることとなりました。
 急な病気や病院の休診などの事情で予定通り受けられなくてやむを得ず既定の期間を過ぎてしまうことはありえると思います。その場合、次の予防接種が定期外になるということや所定の書類を保健センターへ申請する必要があるということなどをもう少しわかりやすくしていただきたいと思います。
 

回答

 予防接種は、予防接種法や予防接種実施規則に基づき実施しております。
 この中で、ジフテリア・百日せき及び破傷風の第1期接種は、3週間から8週間の間隔をおいて3回、日本脳炎の第1期接種は、1週間から4週間の間隔をおいて2回接種することと定められております。
 そして、法律に定められた間隔で接種する「定期予防接種」で健康被害が生じた場合、国の救済制度が適用になりますが、それ以外の「定期外予防接種」では、国の救済制度が適用にならず、千葉県市町村予防接種事故補償等条例による補償が適用になり、補償についての対応が異なっております。

 また、定期外予防接種を希望される場合は、「八千代市定期外予防接種申込書」にご記入いただき、八千代市内の定期外予防接種委託医療機関にて接種していただくことになっております。
 接種間隔については、生後2か月頃に個別発送している予防接種の予診票と同封の予防接種手帳やパンフレットの中で、ご案内をさせていただいております。
 しかしながら、ご指摘のように、接種間隔を超えた場合の対応についての記載がありませんでした。深くお詫び申し上げます。
 今後は、市のホームページや予診票の発送時に、その旨の説明を付し、解り易く改善しますので、ご理解をいただきたいと思います。

      平成21年11月6日

 

救急車で運ばれたのにについて[八千代台南・女性] 

意見・ 要望など

 9/6 21:20頃 引ったくりに出会ってしまい、バックごととられ 怪我をしてしまい110番に連絡したが、遅く色々聞かれている内に膝の痛み、肩の脱臼が傷むのに、それからパートカーに乗せられ東派出所に連れていかれ叉同じ事を聞かれ鞄の中身を聞かれ時間ばかりが経ってやっと10時30分頃救急車を依頼して女子医大に着いたらまた待たされレントゲンを撮るまで40分、撮り終わって先生が声を掛けてくれて説明をします、ここまでは多少の不満も有りましたが看護師が先生を呼び止め看護師の担当の患者さんがお腹が痛いと訴えているので一寸診て欲しい、それから約60分待たされやっと私の番が来ましたが整形外科の担当は今日は居ない明日も不在と聞かされ何故救急隊員が運んだのか分からない。

 シップを両足に貼ってテープで止め、肩もシップを貼ってお終い。お粗末な処置でした。
 これでは折角八千代市の為に誘致しても意味がありませんね。素人治療と同格でした。
 友達のご主人も同行して貰い帰宅したのが2時を過ぎていました。
 

回答

 東京女子医科大学八千代医療センターは、救急医療をはじめ小児医療、周産期医療など積極的に取り組んでいるところでございます。
 ご指摘ですが、当日は八千代医療センターが夜間の救急待機病院であったことから医療センターに搬送されたところであります。
 なお、医療センターでは、適切な医療を提供するとともに、病気やケガの緊急度や重症度を判定し、全体の診療をスムーズに進めるためにトリアージシステムを導入しています。 
 従いまして、患者さんの状態によっては多少お待ちいただくこともあります。また、夜間の受診については診療科目やスタッフ数が限られておりますが、緊急性の高い患者さんにはすぐ対応する体制となっているとのことでございます。
 なお、診察に関してご不明な点がございましたら、八千代医療センターにお問い合わせくださるようお願いいたします。

平成20年10月8日

 

集団検診の待ち時間が長過ぎる件について[萱田・男性]

意見・ 要望など

 先日、集団検診を受けました。たった2項目、実質3分程度のレントゲン撮影の待ち時間が3時間も掛かるのは異常です。
 これは明らかにオペレーションの問題です。保険制度や厚労省の問題ではありません。
 いくら時間通りに受付に行っても、朝の5時前から暇な年寄りが列に並んで、それらを先に受付していては意味がない。
そこで要望。
 

  1. 呼び出し(受付)時間を15~30分刻みにする。
  2. 自分の指定された受付時間以外では決して受け付けない。※帰ってもらう。


 これを実行すれば、一度にあんな人数の問診のための保健師も不要になる。
 当日聞いたら、ざっと300名程度が受診したようなので、午前8~12時の4時間で、30分刻みとしても、1セッション37.5名。
 40~50名ずつ30分刻みで案内状を出すだけ。これなら、前回が12時で終わったのなら、最後に呼ばれる人でも最大で30分しか待たないことになります。こんなこと東京都荒川区ではず~っと前からやっていますよ。
 

回答

 八千代市におけるがん検診は、胃・大腸・胸部レントゲン検診、それぞれ選択して受診することができ、方法としては、委託医療機関で実施する個別検診と保健センターを会場として実施する集団検診を行っています。
 集団検診は、1日当たりの受診者数は約190人で、男性の方は、ほぼ全員の方が3つの検診を受けられます。
 そこで、検診のご案内の中で、待ち時間を少なくするために、8時45分~9時30分と9時45分~10時30分の2段階の受付時間を設定し、また、ご案内の人数の多い日は、30分刻みの3段階の受付時間を明記し、ご案内をさせていただいております。

 しかし、ご案内時間より早めに来られる方が多く、なかなか時間を守っていただけないのが現状であります。今後、受付時間を守っていただけるにはどのような対応が良いか、八千代市の地域性も考慮しながら研究してまいります。
 また、併せて、1回の検診の定員数の見直しや医療機関での個別検診を受けていただけるようお願いしてまいります。

平成20年7月14日

 

小児科(検診・予防注射は保健センターでできないか)[萱田町・女性]

意見・ 要望など

 先日小児科に健診の予約をしたところ3ヶ月先の予約になってしまいました。
 予防注射も予約が1ヶ月~2ヶ月先になるのは、当たり前…。
 この状況は、異常です。検診、予防接種は、保健センターで行うとか何か対策をしてください。
 

回答

 八千代市では近年、東葉高速鉄道の開業などにより、子育て世代の若い方の転入が増えており、特に沿線を中心に、小児科が混雑しています。
 また、健診や予防接種に関しましては、感染を予防するため、病気のお子様の診療とは分けて実施する必要があることから、一般の小児科診療以上に予約が取りにくい状況があるかと存じます。

 ご提言いただきました、予約が取れない状況の解決策として健診・予防接種を保健センターで行う方法ですが、八千代市では、乳幼児期からの健康状態を把握でき、継続して相談できるために、かかりつけ医での健診を勧めております。また予防接種についても、関係法令などにより、安全に予防接種を行うために原則として個別接種(委託医療機関での接種)での実施が定められております。
 予約が取りにくい状況については、なかなか解決が難しいのですが、この現状を八千代市医師会に報告してまいりたいと思います。

平成19年9月21日

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

市長への手紙(ふれあいメール)