ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 広報やちよ青少年版 11月15日号

広報やちよ青少年版 11月15日号印刷用ページ

2017年11月15日 更新

特集「こんな魔法が使えたら」

イラスト 自分だけの世界をつくりたい

 今号の特集テーマは、「こんな魔法が使えたら」です。皆さんは日々の暮らしの中で、「こんなときに魔法が使えたら…」と思う事はありませんか。そこで今回は、1つだけ魔法が使えるとしたら、何をしてみたいか、みんながワクワクするようなものを想像してもらいました。
 また、今回のテーマは、村上小学校の佐藤志帆さん、八千代中学校の木村光伶さんが考えてくれたものです。
 なお、紙面の都合上、広報やちよへの掲載ができなかった記事についても掲載しています。

 

 青少年版のこと バックナンバー

小学生の意見

天気をあやつる!! (大和田小 多和 快隼)

 僕は、この夏休み、梅雨のような雨天が続き、外で遊ぶ機会がありませんでした。さらに、予定がある日に限って強い雨が降り、予定通りに、遊ぶことができませんでした。相手が自然のため、仕方がないと思う反面、いらだたしく思うことがありました。だから、「天気を自由に操れる魔法」が使えたらいいなと思います。天気を自由にあやつることができれば思う存分遊ぶこともできます。また、世界各地で起こる異常気象から世界の人々を魔法で救えると思います。
 

なりたい職業を1日だけ体験したい (睦小 善木 玲佳)

 皆さんの将来の夢は何ですか。なりたい職業に一日だけなれる魔法が使えたらどの職業についてみたいですか。私には将来の夢がたくさんあります。その一つが保育士です。理由は赤ちゃんや幼児のお世話ができるからです。私が1年生の時に、弟が生まれました。その時、お母さんの代わりにミルクをあげたり、寝かしつけたり、弟のお世話をしました。ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、とてもかわいくて、とても良いにおいがします。実際に一日だけでも、なりたい職業が体験できたらどんな仕事をするのか内容がわかり、イメージが湧くと思います。
 

夢を実現するために (阿蘇小 根本 大地)

 僕は悩みのぜんそくを治したいです。僕はアレルギーもあるので動物を飼えません。だから、魔法でぜんそくが治ったら、一番に猫を飼いたいです。猫だけでなくフェレットやハリネズミなど、たくさんの動物と暮らしたいです。ぜんそくがないと夜もぐっすり眠れるし、マラソンも思いっきり走れます。しかし、魔法は夢のまた夢の話です。だから、総合体育祭に向けての陸上練習や、習い事のテニス、剣道などを通して体力をつけて克服し、夢を実現させたいと思います。
 

未来で将来の仕事を知りたい (村上小 佐藤 志帆)

 私は、未来に行ける魔法を使ってみたいです。なぜなら、自分が将来どんな仕事をしているかわかれば、今からその仕事のために詳しくなったり、頑張ったりできるからです。そして、将来のために頑張ったほうが、よりよい未来になっていると思います。ですが、デメリットもあります。未来を知ることによって良い方にいけば良いですが、未来が変わってしまう悪い方にいく可能性もあります。でも、ワクワクするし、メリットもあるので、この魔法を使ってみたいです。
 

必要な物を呼び戻して忘れ物をなくす (八千代台小 堀江 真帆)

 忘れ物をしたり、必要な物がないという時に、自分の代わりに取りに行ってくれる魔法です。この魔法が使えたら忘れ物は一生しなくなるからです。
 

過去に戻ってみたい (八千代台西小 津島 光)

 僕は、未来に行くより過去に行きたいので、この魔法にしました。理由は、未来はこれからきますが、過去にはもう戻れないからです。過去に行って今までやり残したことや後悔したことを全部やりたいです。
 

病気やけがの人を治したい (勝田台小 白鳥 由梨香)

 私は人のためになりたいと思ったことがあります。それは、魔法で病気やけがの人を治すことができるようになることです。例えば、病気で大変な人や障害者や事故でのけがなどを治せるようになったらすごいと思います。そして、病院にいる人たちを少なくして、病院をもっと小さな施設にできたら働く苦労も病気の辛さも小さくなると思います。そうなると、みんなの喜こんでいる姿がきっと見られると思いました。
 

動物たちと話して楽しみたい (勝田台南小 白井 ことの)

 私は、桜文鳥を5月から飼い始めました。もし魔法が使えたら、桜文鳥と会話したいです。とてもなついていて、学校から帰るとかごから出して遊んであげるのですが、その時に会話ができたらもっと楽しくなると思います。今まで気にしていなかった野鳥も、とても気になるようになりました。夕方になると、つばめが駅前を飛んでいて、巣作りや子育てに一生懸命な様子を立ち止まって見るようになりました。会話ができたら、何か協力してあげられるのにと思います。
 

物を作り出して人助けをしたい (米本小 アベリア・ノリ・アン・メイ・アルナイズ)

 忘れ物をしてもすぐ出せるし、自分で考えた物が、世界になくても、物を出す魔法があれば、出せるからです。友達が筆記用具がなくて困っている時、この魔法で出してあげれば、その子もしっかり授業を受けられるからです。
 

ペットと心を通じ合うために (米本南小 村井 亜衣)

 私は、ペットと話ができる魔法を使ってみたいです。なぜかというと、私は犬を飼っていて、一緒に寝たり、遊んだりしていると、今、何を思っているのか、ここにいて幸せなのかなどいろいろと知りたくなるからです。今は、犬や猫に虐待をしたり、かわいいから飼ったけれどお世話が大変で勝手に捨ててしまう人がいます。だからこそ、動物たちと話ができたら、今よりも、もっと心が通じ合い、お互いにとってよいと思います。きっと楽しいことも増えるはずです。
 

人や動物の気持ちがわかったら (西高津小 安重 柚希)

 私は人や動物と言葉で話すのではなく、心の中までわかる魔法が使えたらいいなと思いました。その理由は動物と話したりすることはできないけれど人は言葉で話します。だけどその人が本当はどう思っているかを知りたいからです。「大丈夫」と笑顔で言っていても、その子が突然いなくなってしまうかもしれません。その時に後悔してしまうのは嫌だからです。「どうしてちゃんと聞いてあげられなかったのだろう」と悲しく、悔しくなるのは嫌だからです。
 

大変!ピンチ!そんなときに・・ (大和田南小 五十嵐 千遥)

 9月から2学期が始まり、最初は持ってくるものが多く、忘れ物も多くなる時期だと思います。そこで私は、「大変、忘れ物をした!」という時に忘れたものを思い浮かべながら、机の中やポケットなどの「穴」に手を入れると、そこから忘れたものを引っぱり出せる魔法が使えたら良いです。ただし、使わない物まで出てきたり、手品に使おうとしたりすると、その人が大嫌いな物が出てくるようにして、忘れ物をしたピンチの時しか使えなくします。嫌いな物は出てきてほしくないので有効活用したいです。
 

全ての生き物や物と話したい (高津小 實川 泰芽)

 もし魔法が使えたら、世の中に存在する全ての生き物や物などと話せる魔法を使いたいです。理由は二つあります。一つ目は、世界中の人々と会話できたら、いろいろな人とコミュニケーションがとれ、さまざまな国のことを知ることができるからです。二つ目は、動物や物の本音を聞いたら、面白い発見ができそうだからです。例えば、ぼくのことを刺した蚊に、血がおいしかったかどうかを聞いてみたいです。他にも、スマートフォンやパソコンは、多くの時間使われているので、疲れているかなども聞きたいです。
 

削る必要のない鉛筆を使いたい (南高津小 北村 仁菜)

 私が使いたい魔法は、削る必要のない鉛筆魔法です。私の学校ではシャープペンシルを使ってはいけない決まりなので、鉛筆を使いますが、すぐに芯が削れてシャープペンシルみたいに細く書けません。そこで困るのが鉛筆を削ることです。1日に何本も使うので時間がかかります。しかし、シャープペンシルみたいに押すと芯が出てきて何本も使わなくて済むので、時々シャープペンシルみたいな鉛筆があったらいいのにと思います。もし、この魔法が使えたら鉛筆が一生使えるのでゴミの減量にもつながって一石二鳥だと思います。
 

両親の子ども時代をのぞきたい (村上東小 弘中 耀)

 あなたは、両親に「勉強しなさい」「ゲームのやり過ぎよ」などと言われたことはありますか。僕はよくあります。「はい」とは言っていますが、心の中では「うるさいなあ」と思っています。もし、魔法が使えたら両親の子どもの頃の様子をのぞいてみたいです。勉強をしないで遊んでいたら、「しっかり勉強はやったの」と言いたいです。両親は今の僕と同じように「うるさいなあ」と思うことでしょう。でも、僕も大人になったら、自分の子どもに「勉強しなさい」と言うかもしれません。
 

全ての人や動物の言葉が分かったら (大和田西小 髙𣘺 乃愛)

 すべての言葉が分かる魔法が使えたらいいなと思います。理由は、全ての人々、全ての動物や生物の言葉が分かったらとても素敵で、楽しそうだからです。すべての人々の言葉が分かったら、他の国、いろいろな国の人たちと話をして、遊んだり、他にも一緒に出掛けたりできて、お友達になれます。動物だと、普通はわからない言葉が分かるようになって、一緒に動物たちと森や林で追いかけっこや探検できていいです。なので、全ての言葉が分かったらウキウキワクワクするので、この魔法が使えたらいいと思います。
 

自分の未来に行ってみたい (村上北小 神田 果奈)

 私は、自分が気づかないうちに他の人にとって嫌なことをしてしまっているかもしれないので、自分の未来に行きたいです。未来に行ったら、自分のしてしまっているいけないことが分かり、直そうという気持ちになるからです。でも反対に優しすぎるのも嫌です。世界の人たちは、短所や長所があるからこそよいと思います。もし、皆が優しかったり怖かったりしたら世の中おかしくなると思います。また、皆が一人一人違う顔で違う性格だからこそいいんだと思います。
 

誰とでも意思疎通ができたら (新木戸小 平井 璃央)

 先日、私は外国人から「この場所はどこですか?」と聞かれました。しかし、外国語で質問をされたので私はうまく答えられませんでした。そのようなときに、もしこの魔法があればもっといい答えを返すことができました。日本は2020年に東京オリンピック、パラリンピックを開催します。開催期間中は多くの外国人が日本を訪れます。そのためにも、この魔法があれば便利だと思いました。そして、この魔法はノーマライゼーションの一環にもなって欲しいです。
 

鳥と一緒に空を飛んでみたい (萱田小 宮原 花奈)

 道などが混んでいて、急がなくてはならないときに、空を飛べたらなとよく思います。空を飛べたら誰にも邪魔をされず自由に遊べます。鳥と空を飛んでみたいです。その中でも一番一緒に飛びたいのは、カモメです。きれいな夕陽の中を一緒に飛んだら、時が経つのを忘れてしまうと思います。
 

どんな病気でも治して笑顔に (萱田南小 森本 匡亮)

 今、日本や世界の国々では、様々な病気に対応した薬や治療法が研究されています。しかし、薬の開発には莫大な費用が掛かり、高額な薬を買えずにいる人や治療を受けたくても受けられない人がたくさんいると聞きました。また、まだ薬が開発されていない病気に苦しんでいる人もいます。さらに、治療法が分からない病気も世の中にはたくさんあるそうです。だから、僕はこの魔法を使って病気を治し、世界の人々を笑顔にしたいです。
 

未来が分かったらいい選択が (みどりが丘小 髙橋 優季)

 答えられないような難しい質問をされたり、行くか行かないか迷ったりして、考えてしまうことが生活の中では起きます。そのとき、未来が分かったらいい選択ができるのになと思ったことがあります。でも、毎回そういう時に魔法を使うのは、少しつまらないので、3回に1回程度使ってもいいかなと思います。たまに使えればそれでも楽なので、使わないときは自分で考えます。
 

動植物の声を聞いてみたい (八千代台東小 箱守 琴葉)

 私は動植物の声が聞こえる魔法を使ってみたいです。奇妙で不思議な動植物はどのように進化していったのか、またその動植物なりの工夫などを聞いてみたいからです。他にも、育てていた植物が枯れてしまったとき、飼っているペットの元気がないとき、何が原因だったのかも知りたいです。世界では地球温暖化や森林の伐採などによって、環境破壊が進み、多くの動植物が絶滅しています。動植物の声が聞こえれば、環境破壊も進みにくくなると思います。

中学生の意見

自分だけの世界をつくりたい (八千代中 木村 光伶)

 私は、自分だけの世界をつくれる魔法を使ってみたいです。自分だけの世界では、空を飛ぼうが、火を手から出そうが、物を浮かせようが、何でもやりたい放題です。そうしたら、私はそこで魔法が使える異世界のような世界をつくって、冒険をしたいです。そこでは、モンスターも出てくるようになっていて、倒しながら進んでいきます。RPGの様で夢がありますよね。もし、あなたが自分だけの世界をつくれるとしたら、どんな世界をつくりたいですか。
 

空を飛んで日常生活を便利に (睦中 安原 悠稀)

 僕がこのような魔法が使えたらいいと思う理由は、空が飛べると学校に早く行けるし、町の景色などを眺めながらどこにでも行けるし、普段見られないような景色を見ることができるからです。また、道に迷った時や誰かとはぐれた時などに、空から見下ろせばここがどこだかわかるし、友達などとはぐれたときなどはお互いに空を飛んでいれば見つけあうことができると思います。空を飛んでいると自分の肌に風が当たるので普通では味わえないような体験ができるだろうと思ってこの魔法が使えたらいいなと思いました。
 

瞬間移動と教科書の軽量化をしてみたい (阿蘇中 大石 彩加)

 私は学校へ行くたび思うことがあります。それは、教科書が重すぎて学校に行くだけで疲れるということです。ただ体力がないだけと思われる方もいるかもしれないですが、本当に重いです。この理由から、瞬間移動と教科書が軽くなる魔法を使いたいと思います。こんな自分のエゴの塊のような魔法ですが、先生や生徒にもメリットがあると思います。例えば、瞬間移動を使えば、登下校で事故や喧嘩が起きることは絶対ないし、教科書を軽量化できます。さらに、ノートの共有も簡単に行えるようになれば、楽しく内容の濃い授業が行えると思います。
 

病気を治して苦しんでいる人を助けたい (勝田台中 向井 康大)

 僕が使えたらいいと思う魔法は「病気を治す」という魔法です。なぜなら、世界にはさまざまな病気があり、それが原因で苦しんでいる人たちがたくさんいるからです。厚生労働省から発表されたデータによると、日本人の死亡する原因ランキングでは約30%が、がんで、その他の多くも病気が原因だと言えます。そして世界には、薬を買うお金もないほど貧しい中で生活している人たちがたくさんいるのでそのような人たちのためにもなると思います。このようなことが叶ったら、世界中で死亡率が大幅に減り、毎日健康に過ごすことができる人が増えると思います。
 

瞬間移動をして時間を有意義に (大和田中 小島 未波)        

 私は決められた時間を守るのがとても苦手です。でも瞬間移動できる魔法があれば、しっかり時間通りに行動できると思います。例えば、私はよく寝坊します。そして友達との待ち合わせに遅刻してしまいます。もしこの魔法があったら、寝坊しても約束の時間に間に合います。また移動の時間を省くことができるので、効率よく動けます。そうして浮いた時間は課題をするなどの別のことができるので、この魔法を使ってみたいと思いました。
 

瞬間移動ですぐにどこへでも (高津中 篭原 彩乃)

 私は寝坊することが多いので、瞬間移動できる魔法を使って、すぐにどこへでもいける魔法が使えたらいいなと思いました。今は急いで走ったり、電車に飛び乗ったりしていて、これがなくなるのは少し不思議な気分になります。走って疲れたり、電車でかっこいい人を見つけたりすることがなくなってしまうかもしれません。すぐに目的地に着いてしまうので、人に会うことも減ってしまうかもしれません。それはすごく楽な事ですが、寂しい気分にもなります。
 

宇宙ができる前の世界がみたい (八千代台西中 山崎 音愛)

 私は、昔のことを映像化できる魔法がほしいです。なぜなら、今、私がすごく気になっていることがあるからです。それは、宇宙ができる前にはどんな世界が広がっていたのか、そして、宇宙ができる瞬間はどんな物質同士が混ざり合っていたのか、ということです。かなり前のことなので、科学が発達し、何か分かったことがあっても本当に真実なのかは誰にも分かりません。そこで、宇宙ができる前からできる瞬間を魔法で映像化させ、はっきりとした真実を自分の目でしっかりと確かめたいです。
 

病気やけがを抱えた人を救いたい (村上東中 福原 葉月)

 もし、病気やけがが治る魔法が使えたら、近くの友達が転んでけがをしたり、自分が転んでけがをしてもすぐに治せるのでこの魔法にしました。この世界には治すことのできないけがや病気がたくさんあります。戦争で大けがをして手足がなくなってしまう人もテレビで見ました。また、難病や死んでしまう重い病気もあります。そのせいで夢をあきらめたり、失ったりすることはとても悲しいことです。私は夢や希望を持っている人が病気やけがで夢をあきらめないように、どんな病気や怪我でも治せる魔法がほしいです。
 

重力を自由に操ってみたい (東高津中 稲本 遥)

 僕は重力を自由に操れる魔法を使いたいです。なぜなら、重力を操ることができれば、とても高くジャンプできるようになり、空も飛べるようになるからです。また、重いものでも重力を少なくすれば運ぶことが楽になります。空を飛ぶことができれば事故に遭う可能性だって大きく減らすことができます。もしかしたら世界中のためになることができるかもしれません。重力を操作できれば、今までできなかったことができるようになります。とても魅力的です。
 

毎日ずっと起きていたい (村上中 落合 佑奈)

 私は、毎日ずっと起きていられる魔法を使いたいです。私は、テストの前や、宿題が終わらないときに「もっと前からやっておけば良かった。」とよく後悔します。そんなときにこの魔法を使えたら、時間をたっぷり確保することができます。また、ずっと起きていられたら、趣味の読書やゲームにも時間を使いたいです。充実した毎日を過ごせたら素敵だと思います。「時は金なり」という言葉があるように、時間はとても大切なものなので、この魔法が使えたら、有効に使いたいです。
 

全世界の言語が話せたら (萱田中 笠井 叶子)

 世界には196カ国、6900もの言語が存在しています。今、私達は世界共通の言語、英語を勉強しています。それは、世界の人々と国境を越えて通じ合うためです。しかし、英語だけでは、世界中全ての人々と話すというのは不可能です。6900言語、これを話すことができるようになれば、人々は心と心で会話ができるようになると思います。そうすれば、戦争のない平和な世の中が訪ずれるのも夢ではなくなるのではないでしょうか。
 

世界中の言葉を話せたら (秀明八千代中 山本 貴穂)

 一つだけ魔法が使えたなら、今困っていることに使いたいと誰もが思うでしょう。しかし、今回のテーマは皆がワクワクするようなものということなので、私は世界中の言葉が話せるようになる魔法を使ってみたいと思います。その理由は、今年の4月にイギリス英語研修に参加した時、日本とは違う風景や文化や暮らしを体験し、海外にとても興味を持ったからです。英語だけではなく、世界中の言葉が話せたら、世界中の暮らしを体験してみたいです。そして、2020年東京オリンピックで各国の選手に会ってサポートしてみたいです。
 

海外遠足をしてみたい (八千代松陰中 青木 音羽)

 中学校に入ってから、勉強や部活などが忙しく、ゆっくり過ごす時間があまり取れなくて、最近では旅行という楽しみが減ってしまっています。しかし、この魔法が使えることによって、一日の休みでも海外遠足が可能となります。目的地へ行く過程の楽しみはなくなってしまいますが、時差ボケがなく、パスポートも不要で、多くのメリットがあります。それに加え、飛行機代が浮くため、お小遣いの範囲内で旅行を楽しむことができます。気軽に遠足気分で海外へ行けるのは大きな魅力であるので、この魔法を使いたいと思いました。
 

高校生の意見

世界中の武器を無くしたい (八千代東高 篠原 拓海)

 大国が持つ「核兵器」やイスラム国の「テロ」、そして北朝鮮の「ミサイル」など、様々な平和を脅やかす問題があります。世界中の人々が平和を願いながら、その平和のためだと言って、争い合うのはとても悲しいことです。争いが起きる理由は宗教や主義・主張の違い、各国の利害の対立によってですが、戦うための武器さえなくなれば、その問題に対して武力以外の解決方法が出てくると思います。そこで僕が魔法を使えたら、世界中の武器を無くします。そして世界の人が安心して暮らせるようにしたいです。
 

自分の想像どおり物事ごとを進めたい (八千代西高 稲葉 洋平)

 人生において、自分の想像どおりに物事が進むことはほとんどないと思います。そこで自分の想像どおり物事が進む魔法が使えれば、世界を平和にできたり、好きな人に告白してふられることもなければ、ゲームで負けたりすることがなくなって、世界中みんなが幸せになると思います。しかし、みんながこの力を手に入れてしまうと、必ず1人は悪いことに使ってしまうかもしれません。そこで、誰かが「悪い人にはこの力を手に入れることができない」と言えば、悪いことをしようとしていても、その力を手に入れることはできないのでいいと思います。
 

死者と話してみたい (千葉英和高 佐野 ひまり)

 私は魔法が使えるとしたら死者と話せる魔法がいいです。理由は死者と話すことによって得られるものがあると思うからです。もちろん、良い事ばかりではなく、時にはつらい思いをすることもあるでしょう。しかし、死ぬ前にどうしても話したかったことや伝えたかったことなどができずに後悔している人々にとってはこの魔法は救世主と言えるのではないでしょうか。また以前、似たような映画を見て衝撃を受けたので死者と話せる魔法を選んだのかもしれません。死者と話すことはできませんが、今ともに生きている人とは支え合いたいなと思います。
 

将来の自分をのぞきたい (八千代松陰高 岸原 直輝)

 僕は自分の将来を見ることのできる魔法を使いたいです。なぜなら、それによって自分の目標に向かって頑張りたいという気持ちが湧いてくると思うからです。「将来の夢に向かってこういった勉強をしよう」と決めて取り組み始めたものの、
「自分はこんなに頑張った」と自己満足で終わってしまうことがあります。しかし、勉強を始めた目的は、将来の夢をかなえるためのはずです。ですから、自分の将来をのぞいて今の自分に喝を入れたいです。
 

相手の気持ちが分かったら (秀明八千代高 吉水 雪乃)

 「何でこんな事言うんだろう」、「何で怒ってるんだろう」皆さんは、普段そう思う事はありませんか?相手の気持ちが分からなくて、ケンカをしてしまったり、傷つけてしまったりすることはたくさんあると思います。本当は仲良くしたいのに、傷つけてしまうのも、傷つくのも嫌ですよね。そんな時、人の気持ちが分かる魔法が使えれば、相手とケンカすることもないでしょう。しかし、現実にはこんな魔法はないので、しっかり怒らせてしまった理由を考えて、素直に謝ってみてください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)