ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > ご意見・お問い合わせ > やっちご意見箱 > 寄せられた投書と回答 環境

寄せられた投書と回答 環境印刷用ページ

2017年3月10日 更新

『樹木消毒』に関する八千代市の方針について [上高野・男性] 

意見・ 要望など

 以下について教えていただきたい。

  1. 予防的『樹木消毒』(農薬散布)に関する八千代市の方針。
  2. この件で過去に各自治会に対して『樹木消毒を自粛するよう要請(指導)』をしたことがあったかどうか。もしあったなら、その時期と内容。
  3. 学校や公園などの公的施設に対する『樹木消毒』の現状、ならびにケムシ発生の実態。
    もし八千代市の方針が農水省・環境省の方針に見合うものであれば、
  4. 当自治会に対して、自粛要請(指導)をお願いしたい。
     

〔補足説明〕
 私の属する自治会では毎年2回、業者に依頼して散布車2台で自治会ぐるみの『樹木消毒』を行っております。“ケムシ発生予防”のため、垣根をはじめとする植栽への一斉散布です。数年前に1年だけ中止したことがありましたが、次の年度で復活してしまいました。この背景には、農水省・環境省の方針が“住民に周知されていない”ことも一つの要因ではないでしょうか。

 個人的には“健康への懸念”から『樹木消毒』に反対であり、ここ数年『樹木消毒』をパスしておりますが、ケムシの発生はありません。ケムシによる腫れや痛みは一過性でしょうが、農薬による健康への悪影響は一生だと思います。
 3月末に自治会の総会があるので、早期に回答・対応をお願いします。

平成29年1月11日

 

回答

  1. 八千代市独自の方針はありませんが、環境省からの通知「住宅地等での農薬使用について」に沿って、学校や保育所、街路樹及び住宅地に隣接した農地(市民農園や家庭菜園を含む)等で、できるだけ農薬を使用しない管理を心掛けるよう呼びかけています。また、住宅地等でやむを得ず農薬を使用する場合の注意点も広報しています。
     
  2. 自治会に対して、「樹木消毒の自粛の要請」を行ったことはありませんが、以前に自治会主催の農薬散布に関する勉強会への市職員の出席及びパンフレットの個別配付による周知を実施したことがあります。
     
  3. 学校樹木の消毒につきましては、学校及び近隣の住民より、毛虫の発生による消毒要望が出た場合のみ、業者に委託して行っています。予防を目的としたプログラム散布は行っていません。
    使用する薬剤は、人体に無害なセルコートアグリのみとし、散布時間も早朝に行い、終了するようにしています。

    また、強風の場合は中止しています。消毒の頻度は、年間、市立小中学校2~3校で各1回という程度です。公園などの樹木消毒の現状と毛虫の発生状況につきまして、八千代市の管理する公園では消毒は実施していません。毛虫の発生状況につきましては、桜の木に「モンクロシャチホコ」と「アメリカシロヒトリ」、椿やサザンカに「チャドクガ」が初夏と秋に発生します。

    毛虫の発生場所につきましては特定の公園ではなく、これらの樹木があればどの公園でも発生することがあります。毛虫が発生した場合は捕殺を実施しています。

    なお、新川千本桜につきましては、公益財団法人八千代市環境緑化公社において毛虫の発生状況を見ながら年2回程度の樹木消毒を実施しています。
    街路樹につきましては、市内各所より毛虫等の発生報告があるため、専門業者と委託契約を締結し、市道上の街路樹植樹地域に樹木消毒のための薬剤散布作業を実施しています。

    散布薬剤(スティンガー、セルコートアグリ、シーテン)は人体や動物への安全性が確認されたものを使用していますが、念のため、作業開始前には近隣住民及と小中学校に対し、ポスティング・事前説明等の周知活動を実施しています。
     
    4.自治会長に対し、パンフレット(千葉県発行)の趣旨を説明し、自治会内での回覧を依頼します。

平成29年2月6日



 

●●●●●●の杉花粉について [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 ベランダやウッドデッキに杉花粉が大量についており、家族全員、花粉症になり、非常に迷惑である。●●●●●●の杉花粉であるため、花粉の無い高木にして頂きたい。なぜ杉の木にしているのか、音の問題だけではなく、花粉被害の問題も対応するように指導して頂きたい。不可なら法人税を上げて、その資金で市役所で伐採して頂きたい。目で見える程の花粉が飛んでおり、許容範囲を逸脱している。企業の重大なコンプライアンス違反である。                                              

平成28年11月18日

 

回答

 ご指摘のありました件につきまして、現地を確認しましたところ、杉(スギ科)は、雄花を固く閉じた状態であり、花粉の飛散は確認できませんでした。
 また、他の樹木を観察しましたところ、ヒマラヤ杉(マツ科)から落下した雄花から黄色の花粉を確認しました。
 このことから、今回の花粉飛散の原因は、ヒマラヤ杉(マツ科)のものであると考えられます。

 また、現地確認の際、敷地から道路に越境している樹木の枝等を取り除く作業が行われており、聞き取りを行ったところ、「敷地を囲っている樹木は、定期的に剪定を行っている」とのことでした。
 樹木は所有者の財産であると同時に、所有者に管理する責任がありますことから、近隣住民の方からの花粉の被害があることを伝えたうえで、敷地内の樹木の適正管理を依頼しました。

平成28年12月14日



 

遊水池の蚊 [大和田新田・男性]

意見・ 要望など

 大和田新田フレッシュタウン在住です。2年前、シンガポールに観光しましたが、蚊と蠅がいませんでした。国をあげて撲滅を図っているとのこと。我が町内に1000坪位の大きな遊水池があります。水溜りが多く、蚊が多いです。葦か葭かしりませんが、毎年2回刈り取り処分をしています。1回の処分費が100万円かかるとして40年間、毎年の累計は8000万円。その無駄を省くべく提案します。

 まず蚊の発生を防ぐため遊水池全体をコンクリートの土間にすること。或いは駐車場にすることです。鉄骨柱と鉄板の駐車場です。遊水量を確保して可能です。条例の改正が必要でしょうか。100台以上の駐車が可能です。土間も駐車可能にすれば倍増です。駐車料金が年間600万円から1000万円かせげます。

 不動産業者にまかせれば投資する業者もあるかと思います。融資するか駐車料金の折半にするかなどの方式にするとかがあります。遊水池は各所にありますが、全市的にいりいろ知恵があると考えます。

平成28年9月20日

 

回答

 ご指摘の調整池は、昭和50年代半ばに開発事業に伴って事業者が設置し、その後、八千代市に移管され、現在も管理をしています。
 この調整池の中央には、常時、水が溜まっていますが、これは、当該調整池に雨水と共に流入する土砂を堆積させ、下流域の管渠への土砂の流出を抑える堆砂池として設置された構造物です。
 この堆砂池内の蚊を駆除するために農薬等を使用することは、下流域への水質に影響することが懸念されるため、使用は控えたいと考えています。

 また、調整池全体を駐車場にするとのご提案ですが、調整池は上流部の雨水を一時的に溜めて、下流部の浸水を防ぐためのものです。調整池は綿密な計算のもとで容量を決定して設置されており、駐車場を設置する場合に必要な柱、基礎などで、貯留量を減少させるような構造物は設置できません。

 調整池の管理につきましては、引き続き草刈りを実施し、適正に維持管理してまいりますので、ご理解の程、宜しくお願いいたします。

平成28年10月26日

 

時間外の自衛隊の訓練がうるさい! [高津・男性]

意見・ 要望など

 22時50分頃三、四発のドーンという銃声が響き渡りまたトラックはこの日以外でもこの時間帯しょっちゅう通り、その度に家はガタガタ揺れていますし、うるさいです。更に朝6時10分頃パパパパパパパーンという銃声の応酬が聞こえ、目が覚めました。いつも目覚ましを6時20分にかけてるのでそれがなる前の出来事だったので間違いなく6時10分頃でした。

 訓練時間は7時~21時までのはずでは?自衛隊に電話で聞くと届け出を環境保全課に出しているのでとの話で届け出を出したら何時でも訓練できるシステムはおかしいのでは?近隣住民は深夜も早朝もたまったもんじゃないですよ!

 環境保全課に電話したら自衛隊に言っておきますと、お互いに責任を取ってないですよね?こんな時間帯に近隣の迷惑も考えずに届け��を出す自衛隊の常識も疑いますがそれを受理してなんの疑問も持たない環境保全課もどうかしているのでは?市役所の良識を疑います。
なめた態度や良識の職員が八千代市は多すぎです。そんなんを雇うために税金など払いたくもないですよ。市民の血税をなんだと思っているのでしょうか?

平成28年3月22日

回答

 習志野駐屯地広報室に問い合わせたところ、3月17日夜間の銃声につきましては確認できていないとのことでした。トラックの走行訓練につきましては実施していたこと、また、3月18日早朝の銃声についても確認できましたので、周辺住民が騒音被害を受けている事実を伝えたところです。
 
習志野演習場における火薬を使用する訓練につきましては、毎日7時~21時まで行う可能性があるとの情報を得ています。時間外に実施する際、市に事前または事後の連絡はありません。また、「訓練の実施を市に届け出ている」ということですが、習志野駐屯地からそのような届出はありません。
 「広報やちよ」で市民のみなさまにお知らせする目的から、航空機を使用する訓練(落下傘降下訓練及び離発着訓練)の日程は、事前に情報を得ています。

 本市では、演習場近隣市である千葉市、船橋市、習志野市とともに落下傘降下訓練を対象とした航空機騒音調査を実施しています。その調査結果とともに、本市に寄せられた騒音(騒音の大きさ及び時間帯)に対する苦情や要望について、習志野駐屯地に対し、報告及び騒音改善の要請を行っています。
今後も調査を継続し、習志野駐屯地に対し騒音改善を要請していきます。

平成28年4月27日


 

街路樹の伐採について [萱田・男性]

意見・ 要望など

 昨年、八千代緑が丘駅前通りの街路樹が枝ごと伐採され、街路樹そのものの役割ならびに景観の観点から問題となりましたが、八千代中央駅から市役所へ通ずる「ハミングロード」の街路樹においても同様の伐採が行われました。さらには、街路樹そのものが切り落とされ、切り株のみとなっているものがあります。

 ムクドリの騒音・フン対策、もしくは街路樹の病気による腐食等、理由はおありかと存じますが、一見乱暴とも思える伐採方法について、その真意をお聞かせいただければ幸いです。

平成28年3月7日

回答

 ご指摘の「ハミングロード」内の街路樹の剪定及び伐採の理由につきましては、夜間通行時の「明るさ」を確保することを目的に実施しました。
以前より当該地区の利用者より、「街路樹が街灯の光を遮り、見通しが悪く危ない」等のご意見を多数受けていました。その為街灯の光を遮断していたクスノキ7本の枝を強く剪定し、中でも枝が街灯を大きく覆っていた1本を伐採しました。また、切り株を高く残して伐採したこの1本は、特に大きく生育しており、見通しの悪さの一因となっていると判断しました。

 この木は、通行スペースの中心にあり、歩行者が伐採痕で躓くなどの危険が予想された為、通常よりも高い位置で伐採しました。近日中に防腐処理し、ベンチとして活用する予定となっています。
 
 尚、街路樹の剪定・伐採と併せて街灯を増設し、夜間時の視界を確保しました。
 街路樹が都市の景観向上の役割を担っていることは認識しており、様々なご意見があるとは存じていますが、本件につきましては道路の安全管理を優先いたしました。

平成28年4月28日
 

 

枯葉焼却による異臭、火災の恐れ及び大型車の通行 [村上・男性] 

意見・ 要望など

 当地に居住し十数年になりますが、毎年この季節になると枯葉の落ち葉焚きが近隣で盛んに行われています。
 昔は秋の定例行事として認められていましたが、近年では環境問題及び消防法からも禁止されているところです。乾燥した季節では火災に繋がりかつ洗濯物も乾せない状況となっています。

 また、当宮内地区には国道16号線の迂回路として利用される市道がありますが、深夜・早朝等迂回のため多数の大型車がスピードを上げ走行しています。振動・騒音は耐え難くまた、近隣小中学校の通学路にも指定されていることから市としてはどの様に善処されるかご回答お願いします。

                       平成27年11月18日

回答

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、野焼きは原則禁止されています。
 しかしながら、一部例外として稲わらや果樹の剪定木の焼却など農林業に係るものや、どんと焼きなどの風俗習慣上の行事、落ち葉焚き等の日常行われる軽微なものは認められています。
 ただ、これらの例外行為であっても周囲の方が臭い等でお困りの場合は、市公害防止条例の規制対象になります。
 市では、「広報やちよ」や市ホームページに野焼きに関する注意事項の記事を掲載し、市民への周知に努めています。今回ご連絡をいただいた地区周辺の住民に対しては、野焼きに関するパンフレットの自治会回覧を実施し、個別的な周知に努めます。
 

 また、当該地域につきましては、市街化調整区域であることから、道路交通に伴い発生する音や振動についての規制基準は定められていません。

平成27年12月15日

 

新川の年中草ボーボーなんとかして [高津・男性] 

意見・ 要望など

 市民のいこいの広場でもある新川。が、草ボーボーで憩いどころではない。現状は不法投棄や犯罪の温床となっている。人の背丈以上に草が生えていて何が起きてもおかしくはないと思うのだが。
 今まで何も起きなかったのだろうから放置してるのだろうけど、このご時世、何が起きてもおかしくはないと認識してほしい。
 他の自治体などは年に数回は草刈りしている話を耳にするが、何故八千代市はやらないのか?
 納税者の一人として言いたい!せめて、村上橋周辺だけでも定期的に草刈りをしてほしい。立派な施設があるのに川の土手は年中草ボーボーでは、あまりにも格好悪い!一市民はこういう所にも目を向けているのだ。
 もう少し、市民の目の高さになってほしいものである。

                          平成27年5月18日

回答

 毎年、新川の草刈りにつきましては、遊歩道の両側1メートル部分を年に3回市で実施しています。
 また、それ以外の土手の部分につきましては、河川管理者である千葉県により、基本的には年に1回実施しているとのことです。
 今年度の草刈りにつきましても、例年通り実施してまいります。

平成27年6月23日

 

 

 

最近気になること  [村上・女性] 

意見・ 要望など

 初めてお便りいたします。
 タイトル通り、今日は最近気になって仕方がない事があってメールしました。

 通勤時に小学校が見えるのですが、帰宅時間の19~21時でもほとんどの教室の照明が煌々と付いているのです。
 恐らく終業式前に先生方が残業されているのだと思いますが、この時期はそれぞれ暖房器具も使用されているでしょうし、CO2排出量が史上最高を迎えた昨今、1教室に一人の先生はもったいないなぁと思うのです。
 大事な子供達の教育を担っているので、時短出来ない事や、自宅に持ち帰れない個人情報などあると思いますが、職員室で行う事が可能な仕事はなるべくみなさんで纏まってお仕事をされれば、いろんな意味で効率が良いと思うのです。

 市内には30校以上の小中学校がありますので、日没からの3~4時間でも光熱費が減れば結構な節約になりますし、先生方が1か所で残業をされれば分からないところは他の先生に聞けて作業効率UPに繋がり、なるべく残業を減らして早く帰ろうという意識も生まれやすいのではないでしょうか?

 私の勤める企業では、経理部は朝は照明を付けずに仕事をしていました。
 一瞬だれも出社していないのかと呆然としていたら、ほぼ全席にいて、一気にこちらを見たので焦った位です。
 

 もちろんここまでする必要はないと思いますが、生後1か月から結婚した今でも住んでいて大好きな八千代市にずっと財政再建団体などにならずに、住みやすい八千代市でいてほしいので、私のつたないアイディアですが、ぜひともご一考いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

                          平成26年12月22日
 

回答

 光熱費の節約や省エネルギーに関しては、市全体で取り組んでいることでもあり、教育委員会におきましても、各学校で常に光熱費の節約に努めるよう、校長会議や教頭会議を通じて指導しています。

 しかし、学期末など時期によっては、保護者面談や教室内掲示作品の点検等、各教室でしか行えない業務もあります。

 また、器物破壊防止のために防犯効果を狙って点灯している場合もあります。

 今後も計画的に、効率の良いエネルギー利用や光熱費の節約を心がけながら、学校運営に努めてまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

平成27年1月5日

 

 

 

カラス被害について  [八千代台北・女性] 

意見・ 要望など

 このところカラスの姿をよく見かけます。
 ごみ集積所の生ごみを漁って荒らすのはもちろん、外で飼っているペットのえさを盗み食べしたり家庭菜園の野菜を食い荒らしたり落とす糞で窓や外壁、屋根、自動車、洗濯物、果ては人間の頭まで汚れる被害にあっています。
 またカラスは意外と大きくくちばしも鋭いので小さい子供やペットなどにも危害を加えられる恐れもあり、大変不安です。このところ飛来する数が増えているような気もしますし、大きな事故が起きる前にカラスの駆除をお願いしたいと思います。

                          平成26年8月11日
 

回答

 カラスは野生獣であるため、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に係る法律」により許可なく捕獲・駆除することが禁止されており、市が駆除することはできません。
 やむを得ず駆除する場合は、葛南地域振興事務所(電話047-424-8092)の許可を得たうえで捕獲するか、指定業者(千葉県害虫防除協同組合電話043-221-0064)に依頼する必要があります。

 カラスは6月から8月にヒナが巣立ちます。この期間はヒナ等を守るため威嚇・攻撃を行うなどその行動が目立ちますが、時期的なものと考えられます。
 ごみ集積所にカラスが集まらないようにする対策としては、既にご存じかと思いますが、ネットをかける、生ごみを目立たせない、決められた時間に出す等の工夫をしていただきますよう、合わせてお願いいたします。

平成26年9月19日



 

村上南地区の環境について  [村上南・男性] 

意見・ 要望など

 村上地区の環境について、この場所に住んで数年が経ちます。
 子供が通う予定の村上小学校までの道に、歩道と車道を隔てるガードレールが無く、狭く危険だと思います。
 住宅との関連もあるのでガードレールは難しいのかも知れませんが、スピードが出ないよう、道を段差にしたり、信号をつける等できると思います。
 通行時間の制限だけでは、危険が防げない気もします。最近はスマホの見ながら運転もかなり多いですし、、、

 もう1つは村上南地区に点在する、高圧線鉄塔の存在です。
 景観の悪さはもちろん、電磁波の人体への影響も問題視されています。
 子供が多い地域だけに、将来的な地中への移設、または、完全な撤去を東電に要望をだして頂きたいです。よろしくお願いします。

                          平成26年6月23日
 

回答

 ガードレール等は、主に急カーブや道路と隣接地の高低差が著しい箇所などに設置していますが、ご指摘の道路につきましては、このような形状となっていません。
 また、新設には車道部の幅員確保が必要なため、新たな用地取得が必要です。
 このことから、現段階での設置は困難であると考えます。

 通学路の安全確保としては、毎年各小中学校からの要望を受けて、教育委員会が関係機関と検討を行っています。
 昨年度は、市が実施した村上小学校前道路の舗装補修工事の際に、教育委員会の要望により歩行空間を拡幅して通学路の安全確保に努めました。
 道路に段差をつけることにつきましては、車両の速度を抑える一つの手段ですが、車両が通過する際に近隣住宅への振動が発生するなどの弊害もあることから難しいと考えています。

 村上南地区に点在する高圧線鉄塔につきましては、市民の方から景観の悪さ、電磁波の人体への影響から高圧線鉄塔の将来的な地中への移設又は撤去の要望があったことを東京電力株式会社にお伝えいたします。

平成26年9月29日

 

 

 

福島原発事故による賠償金の請求協議に関する件  [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 6月4日の議会において、市長より諸般の行政報告の中で、主題の件に関して報告がありました。
 東電に対する賠償金の請求、70,272,476円に対して内容確認・協議の結果、賠償金として5,065,115円で合意したとの内容でした。
 この内容に関して、以下疑問点に関してお答えを頂きたくお願いします。

1.要求金額と妥結金額が大きな差異がある理由
2.八千代市が24年度分として計上した賠償金の項目内容
3.この中の認められた項目と認められなかった項目
4.23年度の賠償金要求額と妥結金額はどの様な結果だったのですか。

 市の要求金額の10分の1以下の金額で合意に至ったと言うだけの説明では、市民は納得できません。
 東電との折衝は何回されたのでしょうか、市の算出根拠が妥当であれば、徹底的に争って頂きたかったと感じています。

                          平成26年6月6日
 

回答

 東京電力福島原子力発電所の事故による、清掃センターにおいての賠償金の請求及び合意の内容についての質問にお答えします。

1.要求金額と合意金額の大きな差異について
 要求金額のうち最も金額の大きい項目である「最終処分場の埋立容量の減」に係る費用について、事故に伴う実際の支出が無く損害と認められないのとの理由で、東京電力(株)が支払いの対象外としたことによります。

2.平成24年度分の賠償金の請求項目
 2つの項目に分かれており、1つは放射性物質の検査費用となっており、もう1つは副次産物の保管・処分に係る追加的費用となっています。

(検査費用)
[1]放射性物質の測定費用
各種放射性物質測定費用(2,050,230円)から国の補助金等(2,024,800円)を差し引いた金額の25,430円。

(保管・処分に係る追加的費用)
[2]埋立覆土
放射性物質対策として購入した山砂の代金の5,064,885円。 

[3]最終処分場の埋め立容量の減
放射性物質対策として埋め立てした山砂が、最終処分場の埋立量を圧迫したと考え、過去において整備された最終処分場の整備費の一部の負担を求めた代金の65,182,161円。

の3件となっています。

3.請求項目のうち認められた項目、認められなかった項目

(認められた項目)
[1]のうち、国の指定外の測定項目を差引いた金額230円
[2]の全額5,064,885円

(認められなかった項目)
[1]のうち、ろ過材の測定費用25,200円
[3]の全額65,182,161円

4.平成23年度分の賠償金請求と合意金額
 賠償請求額57,805,887円、合意金額8,182,860円となっており、平成24年度の請求・合意と同様に「事故に伴う実際の支出が無く、損害と認められない」項目については支払いの対象外となっています。

 なお、折衝については、担当者間で電話交渉の後、東京電力(株)より賠償金の請求に関する回答を受けております。
 その中で「支払い対象外となった項目について、本合意により請求権を放棄したものにはならない」とされていることから、東京電力(株)の賠償の方針の変化や他市の状況等により、支払い請求について検討を行ってまいります。

平成26年8月7日

 

 

 

千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて  [八千代台北・男性] 

意見・ 要望など

 今般、千葉県では、国の補助制度である「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」を受けて、「千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定しました。
 それによりますと八千代市には8か所の充電設備が必要で、設置を想定する施設としては・県庁、市役所、町村役場等公共施設・道の駅・遊園地、公園等観光施設・大型ショッピングセンター、カー用品店等商業施設・ホテル、旅館等宿泊施設などと策定されております。

 電気自動車の一オーナーとして市役所や道の駅、市民会館、八千代医療センターなどの公共施設に電気自動車用の急速充電器の設置を強く希望しておりますが、市ではこのビジョンに対してどの様な対応をお考えかお聞かせ願います。

平成25年7月29日
 

回答

 電気自動車の急速充電器の設置費用において、本体価格が200万~300万円に加え、工事費が200万~300万円と高額であること等から、普及が進まないため、千葉県ではこの度「千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」(以下「県ビジョン」)を策定いたしました。

 現在のところ、本市としてどの公共施設に設置するか、等具体的な計画には至っていません。
 今後は「県ビジョン」に沿って、電気自動車の急速充電器を順次配備していくために施設管理者へ導入を働きかけていきたいと考えています。また、市内の大型ショッピングセンターやカー用品店等商業施設等に設置していただくよう市ホームページ等で「県ビジョン」を広報しています。

平成25年8月23日


 

商店街の街路樹伐採に関して  [勝田台・男性] 

意見・ 要望など

 東京都でも街路樹を増やす方向であるのにあれだけ大きな街路樹を全部伐採した経緯を教えて欲しい。
 今後街路樹は植えないのか?
 同等の樹木を植えた場合は100万以上かかると思われるが伐採を決定した責任と今後の埋め合わせはどう考えるのか?

平成25年7月17日
 

回答

 過去におけるみずき通り商店街での倒木による人身事故や、歩道整備における歩行空間の確保等について勝田台地区連合自治会及び勝田台駅前商店街組合と協議し、これに基づいて歩道の改修工事に伴い街路樹は撤去いたしました。
 なお、歩道改修工事に併せ歩道部の花壇も改修し、今後における花壇の管理については勝田台駅前商店街組合が花を植える等により、街の景観に配慮し維持管理していくこととなっています。

平成25年8月7日

 

 

ゆりのき通りのゴミ  [ゆりのき台・男性] 

意見・ 要望など

 ゆりのき通りのツツジをボランティアが管理をしているが、その際に出たゴミがボランティア袋に入れて歩道に置かれています。
 市は街路樹の手入れをボランティアに任せているのだから、ボランティアと適切に連絡を取り、ゴミの回収を速やかに行なって欲しい。
 ツツジは綺麗になっているが、ゴミ袋が歩道に放置され、非常に見苦しい。早急に改善してください。

平成25年7月2日
 

回答

 先日の作業に伴う、ボランティア袋は既に回収いたしました。
 ゆりのき通りのツツジについては、地域の皆様が街の美化を目的として、ボランティアで刈込等の維持管理を実施しています。
 活動は、ボランティア団体の判断により実施され、作業で発生した枝葉等の回収については、ボランティア団体からご連絡をいただいた後、市が回収することとしています。
 
 しかしながら、回収にあたり他の業務との調整がつかず、即日回収が難しい場合もありますが、できるだけ速やかに対処できるように努めてまいります。
 

平成25年7月24日
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

ご意見・お問い合わせ