ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > ご意見・お問い合わせ > やっちご意見箱 > 寄せられた投書と回答 教育

寄せられた投書と回答 教育印刷用ページ

2017年6月9日 更新

 

八千代市通学区域審議会に関する質問および要望 [村上南・女性] 

意見・ 要望など

(1)会議中に使用された資料が添付されていないので、資料に関する発言内容で理解できないところが多々あります。
 資料および説明に使用されたスライドを添付してください。特に児童数に関する資料は重要であると思われます。

(2)下記の発言抜粋にもあるように、緑ヶ丘西の開発による児童増加が予想されるが睦中学の収容可能人数は限られています。
 高津中学校と睦中学校で収容しきれるのか、非常に懸念しております。(1)(4)にも関連しますが、各校の現在の児童数および今後の増減予想を公開してください。
 『現在適正規模を上回っている萱田中学校は、今後徐々に減少し、適正規模の範囲内になることが予想されますが、大和田中学校と高津中学校については、ほぼ横ばいの状態になることが予想されます。
 高津中学校に関しては、現在進んでおります大型マンションの建設や、はぐみの杜の宅地開発が進むと、生徒数は増加することが予想され、検討を要するような状況になるかもしれません。』(平成27年度第1回 八千代市通学区域審議会記録より抜粋)

 『高津中学校は現在は通常学級が25学級、そして特別支援学級が2学級の27学級になっております。
来年度は児童数・学級数とも、ほぼ横ばいの状態が予想されますが、2年後からは生徒数が減少することが予想されております。
 現在建設中のマンションの販売状況や「はぐみの杜」の開発状況次第では、高津中学校の収容能力を超えてしまう恐れもあります。
 しかし、高津中学校学区内のみどりが丘小学校や新木戸小学校、西高津小学校と高津小学校の児童数の推移を見てみると、みどりが丘小学校と西高津小学校は児童数が増加する見込みになっていますが、高津小学校と新木戸小学校の児童が減少することが予想されております。
 新木戸小学校と高津小学校の減少の方が数が多くなっておりますので、トータルすると高津中学校の生徒は減少していくと、現在のところ予想されます。』(平成27年度第2回 八千代市通学区域審議会記録より抜粋)

 『次に睦中学校ですが、睦中学校は増加傾向にあります。許可学区もあるので、大幅な増加にはならない見込みですが、みどりが丘小の正門前の道路から北部が昨年度の4月より睦中の学区になっておりますので、「はぐみの杜」北部と睦中学校付近の開発状況次第では、増加傾向が強まる恐れがあります。
 睦中学校は校舎がとても小さく、使用可能な教室数は6になっており、もし睦中が7クラスになりますと美術室などの特別教室を無くさなければ収容できないという状況になります。』(平成27年度第2回 八千代市通学区域審議会記録より抜粋)

(3)通学路の記載について
 八千代市教育委員会のホームページには通学区域はありますが、通学路に関する資料が見つかりませんでした。
 公開していないのであれば、通学路を地図で示したものを公開してください。

(4)生徒数の増減見込みについて
 下記の議事録を読むと、これまでの会議中に議論されいてる児童数は現在居住している子供の数であり、増減見込みが含まれていないという風に理解できますが、その解釈で合っているのでしょうか?。
 (1)で要望しているように資料が確認できませんので数値自体分かりませんが、今後の議論において複数の架設に基づき予想数を計算することは必須と思います。
 住宅の建築予定をすべて把握することは困難であることは承知しておりますが、だからこそ最小・最大のケースを予測し対策を講じることが必要ではないでしょうか。

 以下、平成28年度 第2回 八千代市通学区域審議会記録より抜粋。
 『もう一つは提案なのですが、この数字を見るときに7年間、毎年の増減が書かれていますが、例えば今年度と6年先の平成34年度の増減率や、見込みで計算していますか。』
 『こちらの計算方法としましては、資料下に書いていますが、平成28年度の1年生につきましては実数になりますが、平成29年度の1年生につきましては、実際に学区に住んでいる方の数から計算しています。
ですので、増減率を加味してはおりません。
 
 平成30年の1年生は現在の4歳の子供の数を、平成31年度の1年生には現在の3歳の子供の数を基準に計算しています。
 一番左の学校の名前の下にパーセンテージが書かれていますが、進学率と言いまして、例えば大和田小であれば住んでいる子供の数と実際に大和田小学校に在籍している児童の数を比較しますと、学区内の98%の方が大和田小に通っていることになります。
 この数字を、各年代の数にかけたものになります。増減は加味していません。』
 『今、説明していただいた内容は理解しているつもりなのですが、例えば長い目で見て審議するという点で、28年度比34年度では、児童数は何人増の見込みだとか、何パーセント増というような数字が余白に入るようであれば、数字を全部追わなくても判断しやすいし、この資料の利便性が高まると思います。』
 『要望ですよね。事務局、可能ですか。』
 『次回作ってみて、みなさまからのご意見をいただければと思います。』

(5)会議を傍聴したいのですが、会議の日程はどのように告知されているのでしょうか?

平成29年4月27日

 

回答

(1)審議会の資料等の公開につきましては、「八千代市審議会等の会議の公開に関する要領」に則って実施しています。審議会で使用いたしました資料は市ホームページでは公開していませんが、市役所1階にあります法務課分室(情報公開班)にて閲覧及びコピーをすることは可能です。

(2)各校の昨年度の児童・生徒数と推計につきましては、(1)でお答えしたように、法務課分室(情報公開班)にてご覧ください。
 また今年度の児童・生徒数につきましては、5月1日が児童・生徒数を確定する基準日と定められていることから、現在作成をしています。5月下旬には教育委員会のホームページに掲載する予定です。今年度の児童・生徒数の推計につきましては、次回の通学区域審議会で資料とする予定です。
 今年度の高津中学校と睦中学校の学級数につきましては、今年度は高津中学校が特別支援学級を含めて25学級、睦中学校は5学級で、収容可能な状態にあります。また、今後急激な開発が予想されます西八千代北部特定土地区画整理事業区域(はぐみの杜)の開発状況につきましては、随時情報収集を行い、通学区域審議会において適切な対応を審議したいと考えています。

(3)通学路の公開につきましては、子供たちの防犯上の理由からホームページによる公開は行っていませんが、お問い合わせがある場合にはお答えをしています。通学路についてご質問がある場合は、教育委員会保健体育課(047-481-0303)か当該学校にお問い合わせください。

(4)児童・生徒数の増減の見込みにつきましては、昨年度までの児童・生徒数の推計は、毎年5月1日に住民登録している子供の数から作成しています。しかし、昨年度の通学区域審議会において増減率を表に加えるようご要望をいただきましたので、今年度の推計表には増減率を付け加えたいと考えています。住宅の建築予定につきましては、随時関係機関と連携を図り、情報の収集に努めています。その情報を通学区域審議会に報告し、適切な対応を審議しています。

(5)通学区域審議会の日程の告知につきましては、八千代市のホームページ画面左にあります「市民参加・会議の公開」から確認することが可能です。

平成29年5月16日






 

阿蘇米本地域の小学校統廃合について [米本・女性] 

意見・ 要望など

 要望です。小中一貫校の話を一度止めてください。
 その理由は、教育委員会が平成28年3月に小中一貫校にするという基本方針を出したにも関わらず、地域の方・保護者に対し一切説明のないまま平成28年10月の教育会議で市長の承認を得たとしているからです。

 私は平成27年6月に行われた中間報告会の後からずっといつ結論がでるのかと気にかけていました。中間報告会では答申が出て統合についてどうするか決まったら、必ず地域の方向けに説明会を行うと言っていました。しかし、適正配置委員会が答申をまとめた後にも、教育委員会が小中一貫校という基本方針を出した後にも説明会は行われていません。なので、地域に対して説明会を行ってほしいと要望を出しました。すると帰ってきた答えは市長主催の教育会議にて小中一貫校が承認されたとあり、これから説明会を開く予定であるというものでした。

 承認されたということは小中一貫校にすることが確定されたという理解でよろしいですか?
 だとしたら、なぜ、地域住民、学校保護者に説明しないまま承認に進めてしまうのでしょうか?
 学校に通っているのは地域の子ども達です。うちの子が通う学校が知らない所で小中一貫校になると決まっているのは普通のことですか?

 教育委員会の方は教育会議の中で、「検討に際し16回地域に出て保護者・地域の声を集めた、また、自治会長、社会福祉協議会、民生児童委員、青少協等の方々にもお話をして、その声を参考にした」と仰っていますが、あの説明会は3校統合のものであり、小中一貫の話はありませんでした。それなのにどう参考にしたら小中一貫という方針になるのでしょうか?

 それから、16回の説明の中に自治会長、社会福祉協議会、民生児童委員、青少協等が含まれているので、「16回地域に出た、また、自治会長…」という話し方は16回とは別に訪ねたかのような話し方で事実と違います。そして、16回の内訳は意見を伺う会が15回、中間報告会が1回でした。意見を伺う会の内11回は校長会、PTA会議や地域関係団体など限られた人にしか行われておらず、私のような一般PTAが話を聞けた場は各小中学校の体育館で行われた4回のみであり、この意見を伺う会は全て同じ説明をしているため、話を聞く方としては意見を伺う会1回と中間報告会1回の合わせて2回の説明会があったという感覚です。16回が細かく進捗を説明してくれた訳ではないことも伝えさせて頂きます。

 答申を受け、「阿蘇地域小・中学校の適正配置の進め方検討委員会」が設置され議論を重ねたと仰っていますがその議論を重ねたという議事録は探しても出てきませんでした。つまり、肝心の方針を決めた過程についてはまったく公開されていません。
そんな状態の中、小中一貫校の話が勝手に決まって、しかもどんどん話が進んでいるのかと思うとぞっとします。

 とにかく一度この話を止めて頂き、改めて阿蘇米本地域の小中学校の統合について考えて頂きたいです。
 適正配置委員会では何パターンか考えて下さっていました。適正配置委員会の議事録に、栄町では何パターンか作った案を地域の人に投げかけ、一番票の集まった案を採用したとありました。
 是非このようなやり方を取り入れて頂き、私たち地域住民、保護者に選ばせて頂きたいと思います。

平成29年3月10日

 

回答

 保護者や地域の皆様に対する小中一貫校の説明会の件ですが、ご指摘のとおり、保護者や地域の皆様を対象とした説明会は実施していません。教育委員会を含め、市として阿蘇米本地域の学校適正配置に関する方針を固めるために時間を要したことにより、説明会を実施することができませんでした。平成28年10月19日の総合教育会議では、阿蘇米本地域の学校適正配置については4校を統合し、小中一貫校(義務教育学校)にするという基本方針だけでなく、地域住民や保護者の皆様に対して丁寧に説明を行い、ご意見を伺うことも確認されました。  

 教育委員会では、阿蘇米本地域の小・中学校におきまして、保護者の皆様を対象とした説明会を4月に実施し、今までの経緯や今後の予定等の説明を行い、保護者の皆様からのご意見を伺うことを予定しています。その後、阿蘇米本地域の住民の皆様を対象とした説明会を行う予定です。今後、保護者や地域の皆様のご理解が得られるよう、丁寧に説明を行ってまいります。ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。

平成29年4月7日



 

八千代市小中学校音楽会について [緑が丘・男性]

意見・ 要望など

 第52回八千代市小中学校音楽会が11月10日、11に予定されておりますがその件についてお伺いしたい。
 私は、子を八千代市内の小学校に通学させている保護者であります。八千代市小中学校音楽会実行委員会委員長平瀬典子さんからのお知らせによりますと、保護者への留意点として「例年通り、保護者の皆様による写真撮影、録音、録画は「個人情報保護法」及び「演奏曲著作権」の関係から禁止とさせていただきます。記録用写真・映像は、演奏曲著作権・肖像権に対応した業者に依頼し、販売を予定しております。」とあります。

1.「八千代市小中学校音楽会実行委員会」とはどのような組織なのでしょうか。
 
2.子供を半ば強制で参加させておいて、晴れ姿を撮影させることを禁止するのはなぜでしょうか。「個人情報保護法」及び「著作権」の法的根拠をお示しください。あくまでも親が自分の子供を撮影し個人で楽しむことを前提にお答えください。
 
3.「記録用写真・映像は、演奏曲著作権・肖像権に対応した業者」とはどのような業者なのか具体的にお示しください。
 
4.記録用写真・映像はいくらぐらいなのか記入してください。また、バックマージンは実行委員会にどれくらい入るのですか。

 結論として、保護者による撮影は、撮影マナーを考慮した上で解禁してください。法的に納得できるご回答が得られない場合は、音楽会において自分の子供を撮影させていただきますのでご許可の程よろしくお願いいたします。また、他の自治体の禁止状況もお知らせください。このようなことをやっているのは八千代市だけなのではないでしょうか。

平成28年11月8日

 

回答

1.「八千代市小中学校音楽会実行委員会」について
 「八千代市小中学校音楽会」は小中学校音楽会を運営するために、八千代市教育研究会音楽部会世話役、各小中学校音楽科主任、教育委員会指導課担当者で組織するものです。
 
2.撮影をご遠慮いただいている理由について
 多くの方々に音楽会をご覧いただきたく、保護者席を設けていますが、例年、多くの方が来場され、発表が終了するたびに参観者の入れ替えをお願いするなどしていますが、席の確保ができず苦慮しています。そこで、音楽会の様子を広く皆様にお伝えするため、ケーブルテレビの放映やDVD業者による販売で対応してまいりました。

 また、昨今のネット社会の普及により、映像の広がりへの配慮も必要と考えます。万一、ネット上にアップされた場合、法に触れることが懸念されます。個々で対応することが難しいため、ご理解をお願いしています。

 このように保護者席が充分に取れない状況であるため、座席の移動をしながらご覧になる方もいらっしゃいます。撮影を巡っての混乱やトラブルが起きることが懸念され、児童生徒の演奏に支障が出ないよう、例年、小中学校音楽会実行委員長より、保護者の皆様へ文書でお願いしているところです。

 また、各校では、担当職員1名がビデオ撮影をしています。これは、学校にご相談いただければご覧いただくことができます。
 鑑賞される皆様が気持ちよく鑑賞できるよう、ご理解をいただきたいと思います。

3.業者について
 今年度は、コンサート全般における業務で実績のある「東京コンサートシステム」に依頼しています。日本音楽著作権協会(JASRAC)へ申請をし、著作権に関する許諾を得た上で作成をする業者です。
 
4.記録用写真・映像について
 写真 カラーアップY(15cm×10cm) 200円(税込)
 全景八切タイトル入り(21.5cm×16.5cm) 800円(税込)
 DVD 2,000円
 実行委員会への収益は一切ありません。
 
5.その他
 近隣市の状況を確認しましたところ、船橋市、習志野市は写真、ビデオの撮影をご遠慮いただいていました。市川市は、写真の撮影はご遠慮いただき、ビデオ撮影は、自席においてお願いしていました。浦安市は、写真撮影はフラッシュをたかないことを条件に、ビデオ撮影は、自席での撮影をお願いしていました。
 

平成28年11月10日
 


 

小中学校の冷房設備設置について [勝田台・女性]

意見・ 要望など

 小学校入学前の子どもがおります。平成26年7月の投書にて、小学校の冷房設備について、普通教室へのエアコン設置について扇風機の導入効果・他市の状況等を踏まえて検討、とありましたが検討された現状はどうなっているのかを教えて頂きたくメールさせて頂きます。

 平成26年度の文科省の統計では、千葉県普通教室のエアコン設置率は24.3%。東京都99.9%、神奈川県71.3%と比較して低すぎとはお思いにならないでしょうか。また、他市の状況を鑑みて検討とのことですが、松戸市は学校内の暑さ対策の一環として今年度内にエアコン設置、船橋市は6年も前にエアコン導入を決定しています。

 以前に私は●●に勤務しておりましたが、6月に入ると暑さも厳しく、勉学に集中できないと教員からも苦情があったのを記憶しています。暑い中での勉強は学力低下につながらないのでしょうか。
 八千代市役所では業務中に冷房を入れているかと存じます。扇風機では代用可能とは思えませんがいかがでしょうか。

 2年以上も検討事項とされています。具体的な検討の経過・内容をお伺いしたいです。財源がない、これに尽きてしまうのであれば、財源確保のためにどのような対策をされてきたのか、また他県でも国からの補助金が乏しくても導入に踏み切ったところから学べることはなかったのか合わせて教えてほしいと思います。

 また、平成25年10月の投書で、「勝田台南小学校はトイレがとても古いまま、雨漏りもしている。いまだに和式、夏場は冷房もない」とあります。トイレの洋式化は「計画的に」進めていると回答がありました。既にかなりの年数がたっておりますので、もう完了されているとは思います。念のためこちらも回答頂ければ幸いです。

 万が一、小中学校で重度の熱中症での事故が起こったとき、何かあった後にエアコン設置を即決定することがあったならば、やればできることだっだのでは、ということになりますよね。防げる事故を未然に回避し、将来ある子どもの安全を守っていただきたいと強く願います。

平成28年8月15日


 

回答

 八千代市教育委員会では、公立小中学校の暑さ対策を検討し、児童生徒の体調管理について十分な対策を講ずるため、「八千代市公立小中学校暑さ対策検討委員会」を設置しました。ここで平成26年11月に教育委員会に提出された検討結果の報告書を基に協議を進めた結果、27年4月に「八千代市公立小中学校暑さ対策基本方針」を策定しました。

 この方針に基づき、国庫補助金である学校施設環境改善交付金を活用しながら、音の問題から窓が開けられない音楽室などの特別教室、夏休み中でも使用する職員室などの管理諸室への空調設備の設置を優先することを計画として、実施しているところです。
 現在、小中学校の普通教室に設置している扇風機は、空気が循環して体感的に涼しく感じられるといった一定の効果が報告されています。今後は、空調設備につきましても、他市の設置状況や健康への影響などの情報収集を行うとともに、将来の学級数などを見据えながら、検討を進めたいと考えています。

 なお、現在、空調設備以外の暑さ対策として、総合的な学習の時間などと関連させてグリーンカーテンを設置する、遮光ネットやすだれ、よしずなどをベランダ等に設置する、水筒を準備し、こまめに水分補給を行うなど、学校の状況に応じて取り組んでいます。
 トイレ改修計画につきましては、整備改修計画(第1次)を策定し、平成30年度までに全小中学校の各フロアにおいて、児童生徒がふだん利用する普通教室周辺のトイレを最低1カ所、洋式・乾式化するための整備改修をすることとしています。

 なお、勝田台南小学校につきましては、平成26年度に耐震改修工事と併せてトイレ改修工事も実施いたしました。
今後も学習環境の整備に努めたいと考えますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

 財源の確保に関しまして、市では、平成26年7月から2か年プログラムである「財政リスク回避戦略2014」に取り組むことで、財政面も含む持続可能な自治体の実現を目指してまいりました。
 平成27年度末までに、同戦略にもとづき「財政運営の基本的計画」を策定した他、ネーミングライツ導入ガイドラインを整備し、「行財政改革後期推進計画」も策定しました。

 27年度決算におきましては、市税徴収率の向上等で市税は約2.7億円、地方交付税は約1.1億円、地方消費税交付金は約12.8億円の歳入増となり、歳出では、人件費で約1.3億円、補助金(東京女子医科大学八千代医療センターにかかわる2件の補助金を除く)で約1.2億円の削減を行いました。
 以上の結果、一般会計の各種基金残高の合計は約13.6億円増え、29.1億円とすることができました。

 しかしながら、東消防署や児童発達支援センター、市役所本庁舎等の建て替えの必要がある他、渋滞解消などのための都市計画道路3・4・1号線等の整備、1校あたり9千万円程度かかる小中学校トイレの洋式化・乾式化、中学校屋内運動場の大規模改修、複数の市立保育園の耐震化、公民館・支所等の老朽化対応等、多額の財政負担を必要とする事業が今後も多数控えています。
 さらなる財源の確保に引き続き努力してまいります。

平成28年10月7日



 

八千代市郷土博物館 [高津・男性]

意見・ 要望など

 2016年7月2日9時45分に八千代市郷土博物館に電話をしました。何故最初の資料室の使えない期限がすぎてるのに使えないのか?と聞いたら職員が上から目線でしばらく使えないとかいてあるでしょ?とのこと。
 しかしその前にしばらく使えないとはいつまでか?別の職員に聞くと6月いっぱいです。と言っていたのに使えないってそもそも計画的に仕事してない証拠ですよね?いい加減すぎです。

 計画もたてず、しかもバックヤードである程度整頓してから市民が使う場所をせいりするならわかりますがそれもしない。
 計画的にもやらずにさぼり放題なやり方が八千代市の仕事ですか?しかもこの職員はいつまでか?なんていってません!って他の誰にも確認取らずに逆切れでいう始末!��れで650万円の仕事ですか?いい商売ですね。横柄な態度の職員は辞めてもらいたい。ただの税金泥棒ですよ!

平成28年7月22日

 

回答

 この度は職員の応対により、たいへん不快な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
 郷土博物館では、市民の皆さんが図書資料を使いやすい状態に配架するための作業を行っていますが、その作業に長期間を要することとなり、ご不便をおかけいたしました。

 今後の図書資料の整理には期限を設け、郷土博物館ホームページや館内掲示等にて整理期間を明示することにより、利用者の皆さんに利用期日を明確に示すなどの措置を行うとともに、館職員全員が作業期間等の情報を共有するよう、徹底してまいります。

平成28年8月24日
 

八千代台中学校長、教頭、PTA [八千代台北・女性]

意見・ 要望など

 以前も八千代台中学校長の件で相談しております。前回は入学式当日、入学式終了後の来賓の方々との食事後校長はまだ生徒が居るのにも関わらず帰宅していたとの投稿でした。お返事は手紙で頂きました。「生徒指導の当たった」との内容でした。
 そのまま反論致しませんでしたが、あの時校長は来賓と食事をした部屋から出てきて、そこに居た先生に手を挙げ、「では、あとはよろしく」と言い車にのって帰りました。
 生徒指導で車で外出しますか?「お疲れ様でした」と頭下げられますか?この様にごまかす方がトップです、市長への手紙では証拠をお見せできませんので苦情、相談をしたいのですが証拠をもってお伺いすることはできませんか?

平成28年1月27日
 

回答

 前回も回答させていただきましたが、校長は入学式終了後、子どもたちの様子を把握するために校外に外出いたしました。学区が広いので車で見回ることもあります。
今後とも、八千代中学校長として、生徒のために全力で取り組み、地域、保護者に信頼される学校経営をしていくよう指導、支援していく所存です。

平成28年3月18日


 

子供を4時に帰らせる放送について [ゆりのき台・男性] 

意見・ 要望など

 11月から4時の放送で、子供に帰るよう呼びかけていますが
[1] これは市の条例ですか。なぜ4時に帰らなければならないのですか。
[2] 僕の子供の頃は、夕食までに帰るというのが、我が家のルールでした。子供もそのように育てました。子供は元気に遊ばせるべきだと思います。帰宅時間は、行政が決める事ではないと思います。帰宅時間は、各家庭が決める事だと思います。行政が入る事ではないと思いますがいかがでしょうか。
[3] 塾、稽古事、スポーツ等で、4時を過ぎることに対してはどのように考えていますか。
[4] 萱田第五公園では、5時頃まで学童保育の子供達が遊んでいます。学童保育は市が行っていることと思いますが、これは、自己矛盾ではありませんか。保護者が付いているから良いと、もし考えておられるのでしたら、塾、稽古事、スポーツ等は往復を保護者が付きなさいということになるのですか。
[5] そもそも子供とは何歳以下を言うのですか。

                          平成27年11月16日

回答

1.放送実施までの経緯
 この放送につきましては、平成26年3月に萱田・ゆりのき台地区青少年健全育成連絡協議会から八千代市へ要望書の提出がありました。また、27年6月に八千代市PTA連絡協議会より教育委員会に依頼があり、教育委員会と市で検討、協議してきたものです。実施にあたって、八千代市防犯組合連合会役員会・八千代市自治会連合会役員会を通してご意見を伺いました。
 また、総合防災訓練来場者へのアンケ-ト調査等も行い、「実施してほしい」という声を反映させ、内部の手続きを経て実施に至りました。内容や方法についてはPTA連絡協議会の依頼(提案)を尊重した内容となっています。
 なお、「見守り放送」は市の条例で定められたものではありません。

2.目的
 この放送は、安全対策の一環として、子供(主に小学生)に対し、暗くなる前に家に帰るように促すものです。
 また、広く市民の皆様に子どもたちを見守る意識をもってもらうことで、犯罪の抑止と子供たちの安全・健全育成に資することを目的としています。公園等で子供たちだけで遊んでいるような場合には、暗くなる前に帰るように促すとともに、地域住民の方にも見守っていただくためのものです。
 青少年の健全育成や犯罪に巻き込まれないような安全な地域づくりを進めるためのものです。ご理解とご協力をいただけるよう、お願い申し上げます。

平成27年12月15日



 

教科書展示について [村上・女性]

意見・ 要望など

 八千代中央図書館オープン記念イベント開催中に、緑ヶ丘図書館にて、八千代市習志野市の公立中学校で使用される教科書(7社)の展示会が開催されていました。
 が、このような、私達の子供に何を教育するかの大切な事柄にも関わらず、ほとんど広報もされず(知り合いでご存知の方は一人もいませんでした)、緑ヶ丘図書館に行っても何の案内も表示されておらず、大人が見るものなのに児童館の最奥でちらっと置いてあるだけというお粗末な展示振りに呆気にとられました。敢えて目につかないよう意図しているようでした。
 歴史や公民で扱う内容は、7社それぞれかなり異なり、親としては意見が分かれるところです。現在市の中学使用中の教科書は、大東亜戦争のとらえ方が事実と全く異なり、7社中最も自虐史観に基づくものでした。しかも、自虐史観を煽る事件は、事実と異なることは、従軍慰安婦の例もあるように最近続々と明らかにされています。
 

 私達の血税で賄われる教科書、学校教育において、子供達に反社会的な心を養わせるような教育をしないでください。様々な意見があるなら、せめてしっかり教科書を公表、公開し、意見を募集してください。
 反社会的な心は反社会的人間を形成し、反社会的組織(暴力団やテロ組織)の人間へと向かわせます。正しい認識を持たせ、日本を背負って立つ気負いと自立心を養う教育をしてください。
 八千代市は、子供に自虐史観を抱かせ、個人主義で反社会的な、日本をダメにする子を増やそうとしているのですか?

                          平成27年7月13日

回答

 本展示会は、平成27年3月2日文部科学省告示第33号として官報に登載された通り、6月19日から14日間の日程で行いました。
 地域の方が足を運びやすい場所であること、平日は休館日以外夜7時まで開館していること、土曜日・日曜日も5時まで開館していること等から、昨年までと同様、緑が丘図書館を展示場所としました。
 日時、場所、内容については、「広報やちよ」6月15日号6ページに掲載しました。広報や展示の方法等につきましては、今後検討していきたいと考えています。
 尚、展示された教科書は、すべて文部科学省による検定を経たものであることをご了解ください。

平成27年8月21日


 

 

 

市立学校の図書室について [大和田新田・女性] 

意見・ 要望など

 八千代市内の学校で読書指導員をされている知人がいるのですが、その方から「今年度は予算がほとんどなくて、新しい本が買えない」という話を聞きました。
 私には小学校に通う2人の子供がいるのですが、先生方のおかげで読書が大好きな子に育っています。毎年図書室に新しい本が届くと、真っ先に借りてきては家で読んでいます。
 八千代市の財政が厳しいことは、市内に住んでいる私もよく知っています。しかし、もっと予算を削るところはあるのではないでしょうか。残念であるのと同時に、怒りも感じています。
 ぜひ誠意のあるご対応を、よろしくお願い致します。

                          平成27年4月27日

回答

 児童生徒の創造力を培い、学習に対する興味・関心等を呼び起こし、豊かな心を育むことや、授業で学んだことを確かめ、また、自分の考えをまとめて発表するなど児童生徒の主体的な学習活動を支援することなどを目的として、各小・中学校の図書の整備を図っています。
 しかしながら、今年度につきましては学校施設の耐震化工事及びトイレ改修工事等の大規模改修工事を優先的に進めていること、ご存知のとおり市の財政状況が極めて厳しいことなどで、図書の整備が十分に図れない状況となっています。
 今後は、児童・生徒がより良い環境で学校の図書館を使用できるよう図書の整備に係る財源の確保に努めてまいりますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

平成27年7月14日

 

 

 

 

八千代中学校校長の適格性の疑問点 [八千代台北・男性] 

意見・ 要望など

 八千代中学の校長ですが、全てにおいて大柄怠慢であり、人任せ、我関せず責任回避などで目に余る言動多く、信用性に大きく欠け、一学校の長としての適格性に欠けると強く感じました。
 
 

 例1、技術科の担当が急遽退職!その授業は半年出来ず、心配した保護者が技術系の仕事をしている地域の職人を実質ボランティアとして授業を受け持ち再開。(その職人は教員免許なし)
 この様な場合、教育委員会より、臨時的に技術科の免許を教員が取得し授業を補っていたと私は記憶しております。長期にわたるなんら手だてもせず放置状態!その後の、補填授業対応も不適切なプログラム(担任を教室の隅に置かせ、無資格者2名が授業をする)これで授業が成り立つのでしょうか?
 例2、 入学式式典終了後、来賓との食事を終えたら、まだ他の保護者、生徒が居るにも関わらず、学校から車で立ち去った。(どこに行ったか、他の教員たちも知らず)
 例3、 PTA総会の会場で、保護者が、総会の流れや、役員の採決等に疑問が有ることを校長に口頭で指摘した所、校長は「私はPTAでないから」と逃げ腰、その保護者に「では、PTAのTって何ですか?」と問われていました。 もちろん校長は無言で「私は関係ない」と立ち去りました。
 

 以上の様な事等々、不適切ぶりが露呈しています。この様な校長に任せている事に不安を感じえません。

                          平成27年4月20日

回答

 例1につきましては、昨年度途中の10月に技術科の教員が退職したため、2名の教員が千葉県教育委員会より免許外教科教授を許可されました。さらに、もの作りの専門性の高い地域の方々にゲストティチャーとしてご協力を頂き、安全面に配慮し、きめ細かなティームティーチングによる指導を行いました。
 例2につきましては、入学式終了後、下校後の子どもたちの様子を把握するために、校外に外出したものです。
 
 例3につきましては、総会の流れやPTA役員採決の進行は、その場でコメントすべきことではないと判断したものです。
 今後とも、八千代中校長として、生徒のために全力で取り組み、地域、保護者に信頼される学校経営をしていくように指導していく所存です。

平成27年6月3日

 

 

 

 

小学校で使用する教材について  [萱田町・女性] 

意見・ 要望

 この春に長男が小学校に入ります。その準備のために算数セットを購入して名前つけをしながら、疑問を感じました。
 これは、なぜ個人が購入するのでしょうか?我が家は下の子が二人おり、年も近いので、その都度購入しなければなりません。
 金銭的な負担ももちろんのこと、名前をつけるのがとても大変、市では1日100グラム家庭ゴミの削減を打ち出していると思いますが、これは小学校を卒業したら、ほぼゴミになることと思います。
 みな使うのであれば、学校で購入して、授業でその都度配り、使用後に回収すれば色々な意味で無駄がないと思います。おはじき位であれば許容範囲内ですが、大きな箱にたくさん入った立派なセットなので、もったいない気がします。
 小さなことから一つずつ、少しでも子育ての負担、地球環境の負担を減らしてもらいたいです。

                          平成27年4月1日

回答

 算数セットにつきましては、自分の持ち物として、いつでも自由に操作できることで、児童の思考力・判断力を高めていくことが期待でき、また、自分の物を大切にする心を育てることにもつながります。
 教材の目的や効果、費用などを十分に精査し、保護者の負担軽減も考慮した上で年度初めに各学校で計画を立て、購入につきましては保護者の皆さまのご理解とご協力をお願いしているところです。
 なお、算数セットは、ご兄弟が使っていたものや近所の方から譲り受けたものでも利用できます。詳細につきましては各学校に御相談ください。

平成27年5月19日



 

学童保育所について [勝田台南・女性] 

意見・ 要望など

 今年小学3年生の長女が、4月から学童保育所を待機にさせられました。3月まで学童に入所していたのに、今年基準の変更があったせいです。
 小学3年生で学童保育所に入れない自治体を聞いたことがないと、会社でも疑問に思われてしまっています。
 これだけの待機が出ることが、1月終わりにはわかっていたのに、今週の月曜日に市役所の担当者に話を聞いたところ、何も話が進んでいませんでした。検討すべき視野が広すぎて、決定できる様子ではありませんでした。


 まず対処すべきは今年退所させられた2.3年生ではないでしょうか。夏休みはあと2ヶ月半後の話です。
 国でも新しい制度の際には措置を取ります。本来であれば、きちんと整備されたところで、基準の変更をしなくてはならなかったのだと思います。 しかし、変更してしまった今、特例等早急に決定しなければならないですよね。急務です。
 市長はどのように考えているのでしょうか。どうか、会社の上司や八千代市外の方に話しても恥ずかしくない回答であることを願っています。
 回答は平成27年4月30日までにお願いします。
 また、上記期限が無理なのであれば、いつ回答できるのかを文書にて回答ください。

                          平成27年4月23日

回答

 学童保育所の申請児童数は例年増加傾向にあり、27年度においても相当数の申請を予想していましたが、限られた予算のなかでの整備には限界もあり、26年度中に定員の拡大を実施できたのは2施設でした。
 待機児童数も毎年増加しており、26年度は64名(4月1日時点)の待機児童が発生しており、そのうち58名が1年生でした。
 この状況を是正するため、審査基準表の改正も行い、前年度在籍者含む新年度入所申請者全てを審査対象としました。これにより前年度入所していた児童が待機児童となってしまう可能性も考えられましたが、低学年の児童を優先するよう1~3年生の中でも学年差を考慮して選考を行いました。
 現在、待機児童数や各地区の状況等を考慮し、可能な範囲で早期の定員拡大に向けた検討をしておりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

 市長への手紙の文書による回答につきましては、市ホームページでもご案内のとおり原則1カ月以内となっています。
 お急ぎのお問い合わせは、直接担当課にご連絡ください。

平成27年5月8日

 

 

 

八千代市の教育について  [村上・女性] 

意見・ 要望など

 質問が2点ございます。先ず、市教研についてです。
 昔は市教研などなかったのですが、今は休みの多い月でも必ずあり、年度の大会などもあると月2回もありますね。
 その割には生徒は教室の三分の一の生徒が、高学年なのに九九や分数など低学年で覚えるべき内容もおぼつかない子がいるなど、生徒が昔(私達が子供の時代)より進歩していません。むしろ退化しています。授業態度も全体的に悪化しています。
 市教研では、毎回どんな内容が行われているのか(その日のプログラム、年間のプログラム)、成果に関する報告も合わせてお伺いしたく存じます。
 

 もう一つ、教育委員長に関してお聞きします。教育委員長とは、どのように、何を基準に選考されるのでしょうか?
 誠に失礼ではございますが、現教育委員長のお話を聞く機会があり、聞きましたところ、現在の授業時間を減らしたい趣旨の内容でした。学力低下が叫ばれて久しい現在ですのに、何故公の場でそのような発言をするのか耳を疑いました。
 私は子育てをしてきまして、歴代の校長で素晴らしい校長がいらっしゃいました。矢口校長と武田校長です。お話も素晴らしかったですし、ご人格も尊敬しておりました。そう思うのは私だけではないでしょう。
 その様な方々がいらっしゃるにも関わらず、なぜ今の教育委員長が選ばれたのか、明確な理由を説明願います。

                          平成27年3月4日

回答

 八千代市教育研究会(市教研)につきましては、昭和38年に八千代市教育研究協議会として設立され、本市の教育を前進させるため、長い間貴重な教育実践を積み重ねてまいりました。
 現在は、約870名の本市公立小・中学校の教職員が29の部会に分かれ、月に一度、計画的・組織的に研修を行っています。研修は、学習指導要領に基づいた小中学校合同の授業研究、実践報告、実技研修、施設参観、講演会、グループ別協議等が、部会ごとに計画され、運営されています。
 研修成果は日々の授業実践に生かされているとともに、毎年「やちよの教育」という教職員向けの冊子にまとめることにより、共有し活用しています。

 教育基本法第9条には「法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない」とあります。御指摘の通り、今日、小・中学校の現場には様々な課題が山積しており、その対応として教育改革もさまざまに進められています。
 八千代市教育研究会では、今後も研修を通して教職員の資質や専門性の向上を図り、未来を拓き、豊かに生きる人間の育成に努めてまいります。

 授業時数につきましては、学校教育法施行規則に定められており、各学校はそれに従い、教育活動を実施しています。
 

 教育委員長の選考基準はということですが、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第12条第2項で同委員長の任期は1年(再選もできる)とされています。本市においては同委員長が1年で交代しており、最近では平成26年9月の教育委員会定例会で選挙が行われ、委員長が選出されています。
 なお、選出過程につきましては、会議録(市ホームページで公表しています)でもご確認いただけます。

平成27年4月24日

 

 

 

八千代市小学校ミニバスについて  [村上・男性、女性] 

意見・ 要望

 学校よりミニバスケットボール大会内容変更の案内をもらいました。
 今年度大会はブロック大会。次年度は開催もせず部活動も募集しないとの主旨でした。
 学校単位で行われる大会は私共が小学生の頃から行われている伝統的な行事と認識しておりました。
 親子共々楽しみにしていた行事です。説明等もなく突然の案内を配られる事に疑問を感じます。
 経緯や背景などをお伺いしたいです。
 大会が今後も継続して行く事を切に願います。子供達の体力低下が問題視されている今、学校での運動系の部活動までなくなってしまうのは問題ではないでしょうか。
 事情により地域のクラブチームには入れず学校での部活動での活動を楽しみにしている子達が周りにも多くいます。どうぞご検討願います。

                          平成27年1月19日
 

回答

 ご要望の小学校のミニバスケットボール大会の継続につきましては、大会を主催している八千代市教育委員会、八千代市小中学校体育連盟及び八千代市小学校校長会により、数年前から競技種目の変更やローカル・ルールでの実施方法等、大会の在り方について協議、検討してまいりました。

 現在の競技種目である「ミニバスケットボール」は、野球やサッカーと同じように、地域にクラブチームが根付き、バスケットボールの普及やバスケットボールに関心のある子どもたちの活動の機会が定着してきました。
 したがいまして、当該ミニバスケットボール大会を、他種目の大会に変更する方向で検討が進んでいました。
 そうした折、国が定める貸切バスの運賃・料金制度が平成26年3月に変更され、バスの借上料が高騰したこともあり、26年度をもって教育委員会等の主催による市内小学校が一堂に会したミニバスケットボール大会は終了することとしました。
 ただし、現在の小学5年生のために経過措置が必要なことから、27年度は1年限りではありますが、中学校区を基本とする地区別の大会を開催する予定です。

 今後は、児童の体力向上と子どもたちの活躍の場を設けるという観点から、28年度以降のスポーツ活動の在り方につきまして、八千代市小中学校体育連盟と八千代市校長会とともに検討を行ってまいりたいと考えています。なお、部活動の継続につきましては、直接学校にお問い合わせいただくようお願いします。
 今後とも、八千代市の教育活動にご理解とご協力をお願いいたします。

平成27年4月6日

 

 

 

小学校の冷房設備について  [萱田町・男性] 

意見・ 要望など

 先日、小学校に授業参観に行きました。まだ6月とはいえ、晴れた日の教室は大人が一時間いるだけでも堪え難い程の暑さを感じました。
 昨今の温暖化などで夏休み前においても30度を超える日が続くような状態でなぜ学校に冷房設備を設置しないのか?
 熱中症などの事故が起きる可能性が高い確率で予測されますが、その場合は教育委員会もしくは役所の担当課が責任を負うのでしょうか?
 議会でも冷房施設の設置が否決されているそうですが、議会などが行われている時は冷房等は当然の事ながら利用されていないのでしょうか?
 子供に我慢をさせて議員や職員が冷房を利用しているとしたら情けない事です。
 誠意あるご回答をお待ちいたします。

平成26年6月5日
 

回答

 小学校の冷房設備の設置につきましては、平成23年度に児童・生徒の健康面等を考慮して、小・中学校の普通教室全室に壁掛け式の扇風機を各教室3台設置しました。
 その数は小学校407教室、中学校158教室の合計565教室に対し、1,695台です。また、防音の為常時窓を開けられない音楽室等の特別教室や、保健室にはエアコンを設置しました。
 なお、夏休み期間中も使用する管理諸室への配備についても順次進めています。
 今後、各小・中学校には熱中症の予防や適切な対応について引き続き指導し、普通教室へのエアコン設置につきましても扇風機の導入効果、他市の状況等を踏まえて検討してまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

平成26年7月14日

 

 

 

学校について、鳩の駆除をしてほしい!  [緑が丘・女性] 

意見・ 要望など

子供たちのために、未来のためにご検討と実行をお願いします!

☆学校について…国道246から駅や緑が丘小学校の間、叉は緑が丘小学校の近くに中学校を新設して欲しいです。また、小学校や中学校を選んで入れる制度に変えてください!!(高津中学校の評判が悪く、うちの子を入れさせたくありません。通学も危険性があると思います!)

☆鳩の駆除…船橋日大前や坪井の新築が進み、木が無くなってしまったせいで、緑が丘駅周辺にある木に鳩や色々な種類の鳥がきています。糞や死骸被害が多いです。

                          平成26年3月26日
 

回答

 鳥のフン害については、大変お困りのことと思います。野鳥は、鳥獣保護法で守られており、駆除することなどは原則禁止されていますので、駆除を行うことはできません。
 また、鳥の死がいを見つけた場合には、清掃センター(電話:047-483-4521)にご連絡いただきますと、職員が回収します。
 なお、電線に鳥がとまることによる被害等、電線の対応策のことについては東京電力の京葉支社(電話:047-769-2108)で、街路樹の鳥害については都市整備部土木建設課で対応していますのでご相談いただきますようお願いいたします。

 

 八千代市におきましては、児童生徒数が急増している地域や、減少している地域があります。
 緑が丘地区の中学校については、平成14年の都市再生機構による西八千代北部区画整理事業の事業認可の際、採算の合う事業とするためには同区域内に中学校を建設することはできないという結論が出され、今日に至っています。
 

 今後の対応として教育委員会では、学校の適正配置や通学区域の見直しなどを適切に検討しています。
 八千代緑が丘駅周辺の開発につきましては、社会情勢により、流動的に推移するものと考えられます。
 学校は地域社会と深く結びついていることを鑑み、八千代市では居住地による通学区域を設定しており、学校の自由選択制度は導入していません。「就学指定校の変更」については、文部科学省の「学校教育法施行規則の一部を改正する省令等及び学校教育法施行令第8条に基づく就学校の変更の取り扱いについて(通知)」に基づき、学期途中の転校や、学校行事への参加、卒業学年などの理由により、個別に対応しています。

平成26年5月12日

 

 

 

学校の設備老朽化等への対応  [勝田・男性] 

意見・ 要望など

 子供が勝田台南小学校に通っていますが、トイレがとても古いまま、雨漏りもしているそうです。
 トイレは未だに和式であり、洋式でしか用を足せない子供もいるのに、いつになったらこの現状に対して着手するのでしょうか。夏場はこんなに暑くても冷房がありません。なぜでしょうか。

 早く小中学校にエアコンを完備してください。新川グラウンド、図書館、橋の建設よりも、もっと重要と思います。そこに使うお金はあっても小中学校に使うお金はないのでしょうか。
 市役所の職員はご存知でしょうか?学校で使うほうき等の掃除用具、給食のエプロン、サッカーボール、サッカーゴールですが、これは家庭で集めたアルミ缶等を回収して購入しているものです。
 今までいくつかの自治体に住んできましたが、八千代市は今までで一番ひどい自治体です。

平成25年10月15日
 

回答

 現在、学校の設備老朽化等につきまして、耐震改修と併せてトイレの洋式化、乾式化への改修を計画的に進めています。
 エアコンの設置につきましては、普通教室への扇風機の配備が完了したところで、順次管理諸室や常時窓を開けることのできない音楽室等の特別教室への配備を進めています。
 掃除用具等につきましては、PTAをはじめ、各ご家庭から掃除用具等の拡充に多大なるご協力をいただいており、重ねてお礼申し上げます。学校でも掃除用具等の整備には日々努めており、設備老朽化の著しい箇所等におきましては、今後とも改修に努めてまいります。また、学級費のあり方、額等につても今後の見直しを検討してまいります。

 (仮称)八千代市総合グラウンドや(仮称)八千代市立中央図書館・市民ギャラリーなどの建設につきましては、新川周辺地区都市再生整備計画に基づき、国からの社会資本整備総合交付金や制度に基づく起債を活用しながら進めており、それらの費用は小中学校のトイレなどの改修に利用できるものではありません。
 小中学校のトイレ等については、別途文部科学省の交付金を申請し、それを活用しながら進める予定ですので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 

平成25年11月20日

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

ご意見・お問い合わせ