ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > ご意見・お問い合わせ > やっちご意見箱 > 寄せられた投書と回答 市政運営

寄せられた投書と回答 市政運営印刷用ページ

2017年11月10日 更新

目標管理のPDCAについて [大和田新田・男性] 

 

意見・ 要望など

 現在、八千代市は最上位の行政の総合第4次計画をはじめ、各種の計画を「PDCA」によって推進していると報告しています。 
 しかしながら、第4次総合計画の後期基本計画は前期の成果がほんど検討されず、DCAは不明確のまま立案、推進されています。

 この点に関して、昨年来「やっちご意見箱」を通じて総合企画課とQ&Aを繰り返してきました。
 8月29日の「やっちご意見箱」へ、「PDCAは機能していない、立案・運営・管理のマニュアルを作成して実行して頂きたい」との内容の投書に対し、総合企画課から9月8日に「貴重なご意見として今後の参考にさせていただきます」とのご返事を頂きました。

 しかし、このような改革は行政のトップが必要性を感じ、取り組まなければ改善されません。
「目標管理」は、行政の計画立案、実行に関わる重要な事であり、直ちに見直しをスタートすべきだと考えます。
 
「市民の意見が市政に反映されていると感じている市民の割合が7.8%」と言う現況を変える方法の一つです。
 
 服部新市長にお願いします。
 現状をよく調査されて、是非「目標管理」の推進に「5W1H」「PDCA」が確実に実行されるようにリーダーシップを発揮して頂けませんか。
 よろしくご検討ください。

平成29年9月15日

 

回答

 目標管理の推進につきまして、リーダーシップを発揮して頂きたいということにつきましては、貴重なご意見として今後の参考にさせて頂きます。

平成29年10月17日


 

市長は何をしたいのですか [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 本年第3回定例会の開会を傍聴しました。
 傍聴者の少ない事にも落胆しましたが、新市長の報告には全くがっかりしました。
 今何が問題で、市長は何をどのように取り組んで行こうとしているのか全く説明がなかったことです。

 職員が書かれた原稿で、議案の提案理由と「原爆慰霊碑」「ふるさと親子祭り」「バンコク子供親善大使」の行政報告でした。
 市長になられて2回目の議会の冒頭挨拶がこの様な内容で良いのでしょうか。

 今、市長は八千代市にどのような問題意識を持たれているのでしょうか、
「市民の声を聴かない行政」「公共施設の老朽化」「小中学校の統合化」「待機児童・学童」「ゴミの問題」と問題山積で一方多くの借金を抱えている。

 これら対応に「第4次総合計画」「財政運営基本計画」「公共施設再編計画」が立てられていますがPDCAと言いながら、実行が伴わずぐるぐると同じ場所を回っているだけです。改善が進まず、将来に夢の持てない街になっています。
 斯様な街を変えたいと思いで市長になられたのではないのでしょうか。 しかし本日の議会での説明では街に対する問題意識もそれを解決しようと言う気概も感じられませんでした。

 貴方を市長に選んだ市民、選ばなかった85%の市民は本日の議会冒頭あいさつには失望したと思います。
 新市長誕生3か月が経過しました。
 今後の議会討論、市長の職務の中で、八千代市に何を、どの様に作るのか、理由も含めて示して頂けることを期待しています。

平成29年8月29日

 

回答

 市議会における冒頭の挨拶につきましては、議長から求められて行う議案の提案理由の説明であり、この際、併せて諸般の行政報告も行っています。
 例年、第1回定例会におきましては、それらに先立って施政方針を述べ、新年度の予算編成と規模、重点施策の概要について説明しています。

 このほか、市長選挙後に開会する最初の定例会におきましては、挨拶の後、政策やビジョン、目標などについて所信を述べています。
 議会の場だけではなく、広報紙やホームページなどでも、市の現状や市政運営について、市民の皆様にしっかりと伝えてまいります。

平成29年9月27日

 

 

 

新市長の公約に関して要望 [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 新市長の6月議会で5つのテーマに関して所信表明、議員との討議をお聞きしました。
 何れも魅力ある目標ですが、現在の八千代市の最上位計画である第4次総合計画後期基本計画にどのように織り込むのでしょうか。 
 公約実現のアクションプランをお示しください。

1.「東葉高速の運賃値下げ 在職中に目途を付ける」 
  現状の総合計画に案ナシ。
  後期基本計画のアクションプランとして織り込むか、公約実現の計画案を示していただきたい。
2.「子育ての改善」
  第4次総合計画では待機児童、学童の問題に関して、前期目標を達成していません。
  後期計画目標値も32年度で待機保育児童、学童ゼロであるが、前期に対する目標未達の原因検討もありません。
  市長の公約実現のため目標値と同時に後期の計画に具体策(5W1H+財源)を示してください。
3.「高齢者に優しい環境作り」
     前期基本計画の公共交通に関するテーマの目標値は全て未達で、後期目標値も22年度立案時と変わりません、又、具体的な対応策もありません。
     市長のテーマ実現のため目標値と同時に後期の計画に具体策(5W1H+財源)を示して頂きたい。
 (特にコンパクトカーによる高齢者の移動方法改善に期待しています)
4.「京成八千代台周辺の開発に目途を付ける」
  現状の総合計画に立案ナシ。
  後期基本計画のアクションプランとして織り込むか、公約実現の計画案を示していただきたい。
5.「新川周辺の開発」 
  後期基本計画には具体案がありません。
  市長の公約実現のため具体的な目標値と具体案(5W1H+財源)を示して頂きたい。
   
 以上が要望です。
 一方八千代市27年度決算は関東類似自治体比較で、殆どの財政指数は下位にあります。
 斯様な財政状況に就いて服部市長はどのような認識を持ち、上記テーマ実現と並行して財源改善に如何に対応するのか併せてご説明ください。
 新市長の公約に対して期待と実現に疑問を持つ多くの市民の一人として回答を期待しています。

平成29年7月11日

 

回答

1. 東葉高速鉄道の運賃値下げにつきましては、東葉高速鉄道株式会社と東京メトロ、つまり東京地下鉄株式会社との経営統合により実現するものと考えています。
     短期間で実現できるような問題ではありませんが、国・県等々のパイプも最大限活用させていただき、公約の実現に向けて取り組んでまいります。
  また、総合計画後期基本計画には、「東葉高速鉄道(株)の経営安定に向けた支援と利便性の向上の要請」が施策として掲げられており、その中で関係機関と協議を進めていきたいと考えています。
 
2. 保育園の待機児童解消につきまして、国の「待機児童解消加速化プラン」では、平成29年度末までに待機児童を解消することを目指しています。
    本市におきましても、平成27年3月に策定した「八千代市子ども・子育て支援事業計画」に基づき、市の教育・保育の提供体制の確保について、計画的に整備を進めていました。
 しかしながら、潜在的な保育ニーズが表面化されたことや、女性の就業率向上、共働き世帯の増加などにより、依然として待機児童は増加傾向にあります。

 このため、国は平成29年6月に、「子育て安心プラン」を策定し、3年先の平成32年度末までに待機児童の解消を目指すこととしました。
   これに基づき、本市におきましても、平成32年度末を目標に、新たな認可保育所の整備をはじめ、認定こども園の拡充や既存施設の増改築及び公立保育園の老朽化対策に合わせた定員の拡大を図り、待機児童の解消に努めてまいりたいと考えます。

 また、財源につきましては、国や県の補助制度を活用してまいりたいと考えています。
 なお、学童保育事業につきましても、待機児童は増加傾向にあります。「八千代市子ども・子育て支援事業計画」の中間年に当たる今年度については、学童保育事業の量の見込み等の見直しを検討しています。
 
3. コンパクトカーによる移動方法につきましては、過去に運行していた公共施設循環バス「ぐるっと号」や八千代台コース以外の「コミュニティバス」を廃止した経緯を踏まえて検討する必要があると考えています。

4.  京成八千代台駅周辺の開発につきましては、京成線の高架化とともに、民間の活力による再開発を誘導し街の活性化を図ろうとするものです。
まずは、地域における具体的な課題や長期的な展望について調査・分析する必要があるため、これに取り組み、検討を進めてまいりたいと考えています。
 
5.  新川周辺の開発につきましては、「水と緑と太陽がある街」に係る施策としてお答えいたします。
    新川は「印旛沼流域かわまちづくり計画」の推進に合わせ、県への水質浄化施策を図るよう協議しつつ、新川がやすらぎと潤いの場所となるよう整備したいと考えています。
 

 
【財政状況の認識と改善について】
 
 平成27年度普通会計決算における本市の財政状況は、地方債現在高は増加したものの、経常収支比率、将来負担比率、実質公債費比率、公債費負担比率、財政調整基金残高、いずれの財政指標においても前年度と比べ改善傾向を示しています。

 しかしながら、ご指摘のとおり類似団体との財政指標の比較では依然として低い順位となっていること、また、今後の支出の傾向として、扶助費、物件費などの経常的経費の増加や公債費が高い水準で推移するほか、総合計画後期実施計画に掲げた小・中学校校舎トイレ改修事業、東消防署移転・建設整備事業、公共施設や道路・橋梁の老朽化対策など、臨時的経費の増加も想定していることから、引き続き厳しい財政状況が続くものと認識しています。

 以上のことから、実施計画や1から5に挙げられた事業の財源を確保するためには、限られた財源をより効果的に配分するための適切な見極めや、事業の選択と集中による既存事業の一層の見直しが肝要であるものと考えます。

 今後の財政運営にあたりましては、「財政運営の基本的計画」に基づき、将来負担の圧縮、基金残高の確保のほか、事務事業の見直しによる経費の節減、歳入確保の取り組みなどを不断に行い、財政規律に配慮した財政運営を進めてまいりたいと考えています。


平成29年8月10日

 

市庁舎の耐震対応について [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 2月26日の市民説明会があり、主題の対応方針を「耐震・改修から市庁舎の建替えに変更した」との報告であった。しかし、説明資料を含め方針変更の理由が不明確であった。

  1. どのような議論が庁内でされたのか分からない。 (方針決定時の庁内議事録が無い)
  2. 財政改善目標値との関係も不明。 (金額の記述全くなし)
  3. 熊本地震類似の地震発生の確率、想定する被害状況について、専門家の意見を含めて説明なし。
  4. 説明会への参加者は20名足らず。(人口、約196,000、世帯、85,500)
     

 斯様な状況の「市民の説明会」で市民の理解が得られたと認識していないと思います。
 従って、今後の対応に関して、以下の要望をします。

  1. 市民理解のため、市庁舎耐震対応「市民説明会」の情報連絡を改善し回数を重ねる。
  2. 金額を含め耐震・改修と建替えのメリット、デメリットの比較表の提示、説明。
     (50年間の費用比較で、耐震・改修の費用が高額のような恣意的なデターは疑問)
  3. 市民アンケートで耐震・改修方法も選択できるような設問を提示する。
  4. 財政改善と並行して高額投資ができる理由の明確化。
     

 以上の要望に対し、検討のうえご返事をお願いします。
 私見ですが、市民サービスを低下させず、八千代市の現状財力に会った投資計画が必要と考えます。

平成29年3月2日

 

回答

1.市庁舎耐震対応「市民説明会」の情報連絡を改善し回数を重ねることについて
 市庁舎耐震化に関する市民説明会開催の告知方法等につきましては、より多くの市民にご参加いただくため、告知期間を十分に確保するとともに、市のホームページや広報紙への掲載に限らず自治会回覧など様々な方法を活用してまいります。
 
2.金額を含め耐震・改修と建替えのメリット、デメリットの比較表の提示、説明について
 現在、進めている庁舎整備手法等検討調査業務におきまして、平成30年3月までを調査期間とし、建て替える場合の新庁舎の規模や求められる機能、合同庁舎化の範囲等整備手法の検討の他、PPPやPFI等、民間のノウハウを活用した事業手法を検討してまいります。
 
3.市民アンケートで耐震・改修方法も選択できるような設問を提示することについて
 アンケートの設問につきましては、整備手法等専門会議の委員の意見も参考にしながら、検討してまいります。
 
4.財政改善と並行して高額投資ができる理由の明確化について
 庁舎整備基金の積み立てを行うことにより、自己資金を確保し、市債発行額の抑制に努めてまいります。また、庁舎建設事業を市の第4次総合計画後期実施計画に位置付けるとともに、中長期財政収支見通しに反映させるなど、市の行政計画との整合を図りながら、事業を進めてまいります。

 市庁舎の建て替えにつきましては、災害発生時に来庁している市民、議員及び執務中の職員の安全を確保するとともに、災害対策拠点としての機能をはじめとする各種行政機能を維持し、市民の安心・安全な生活を確保するために必要な事業であると考えています。
 今後、市庁舎の検討状況等の情報につきましては、適宜お知らせしてまいります。本事業にご理解・ご協力を賜りますよう、お願いいたします。

平成29年4月7日

 

市役所本庁の老朽化について [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

 証明書の取得のため、2016年8月に市役所本庁を訪問しましたが、改めて老朽化ぶりを目の当たりにしました。
 改修や建て替えについては、膨大な費用が発生するため実現度は低いかもしれませんが、現状のままでの懸念点も存在します。

1.巨大地震発生時のリスクについて
 耐震基準は満たしているのでしょうか?地震発生時の災害対策拠点として果たして機能するのでしょうか?それ以前に庁舎内の職員の方や来訪者の安全が保障されるようには思えません。

2.古い設備による労働生産性低下
 職員の方の机や椅子、キャビネット等かなり年式の古い什器を使用されています。経費削減の意図は理解できますが、度を過ぎると生産性の低下を招き、無駄な人件費につながっていないでしょうか。訪問して見る限り、一般的なオフィスと比較すると劣悪な部類といっても過言ではありません。
 
 空調設備についても同様です。見えない部分ですので、断言できませんが、古く効率の悪い設備ではないでしょうか。これも労働生産性や電気使用量への影響が大です。
 従来の発想のまま、今後も本庁庁舎を自前で建設し、資産として所有する考え方で思考停止していませんか?
 
 東葉高速鉄道の駅近辺にオフィスビルを誘致し、建設コストはなくして、メインテナントとして入居する等のアイデアはないのでしょうか?
 東葉高速開通よりはるか以前に建設された現在の本庁庁舎であるがゆえに、無駄に広い土地を確保し、そのほとんどを駐車場として使用しています。職員のかなりの方が自動車通勤で駐車場を利用されていると想定しています。また、来訪者の自動車利用率も高いのではないでしょうか。
 
 駅近辺であれば、駐車場の確保は最小限で済みます。また、職員の東葉高速利用切り替えに伴う、累積赤字削減の効果、ひいては運賃低減も見込まれます。
 どうお考えでしょうか?                                                  

平成28年10月6日

 

回答

 市庁舎は、本庁舎(旧館・新館・別館・第2別館)、教育委員会庁舎、上下水道局庁舎の6つの庁舎があり、そのうち本庁舎旧館、本庁舎新館及び上下水道局庁舎の3つの庁舎において、耐震性能が不足している状況となっています。
 
 本庁舎の旧館及び新館につきましては、耐震補強工事により耐震性能を確保するよう、これまで検討を進めていました。しかしながら、本年4月の熊本地震では、震度7の地震が複数回発生し、耐震補強工事を行った庁舎でも被災したことにより、行政機能の維持に支障を来しました。
 
 このため、地震発生時に来庁している市民、議員及び執務中の職員の安全を確保するとともに、災害対策活動としての拠点機能やその他市民生活を支える行政機能を維持するために、庁舎の耐震補強工事よりもさらに高い安全性を確保できる庁舎の建て替えに向けて、現在検討を進めています。

 加えて、ご指摘のとおり、空調をはじめとする設備の老朽化や、バリアフリー化への対応の他、1箇所で複数の手続きを完了できるワンストップサービス・総合窓口化も課題となっており、新庁舎では、来庁する市民の皆様、執務する職員にとって便利で使いやすい、また災害に強く、環境に配慮した庁舎を目指してまいります。

 一方、庁舎の建て替えには多額の事業費が見込まれることから、現在、民間資金の活用や現庁舎用地の有効活用など、整備手法についても様々な検討を進めています。
 このような中、新庁舎完成までには7年程度は要すると見込まれることから、ご指摘の老朽化した備品等については、予算の制約はあるものの、買いかえも程度に応じて検討してまいります。
 
 なお、本庁舎の空調設備に係る補修工事を本年7月までに行った他、本庁舎の非常用電源装置交換工事についても今年度予算に計上しており、来年1月頃には完了する予定です。

平成28年12月15日


 

市の財政リスク回避戦略について  [大和田新田・男性] 

意見・ 要望など

市の財政リスク回避戦略について(1)
 10月5日に行われた主題の件に関連して、以下の質問に対してお答えを頂けませんか。

1.会場で回答が頂けなかった、27年度末の財政指標の目標値について。

1)会場では25年度まで[1]~[12]項目(資料1)の財政指標が説明され市の財政の厳しい現状の説明をお聞きしました。
 質問は「第4次総合計画の前期が27年度に終了するので、計画時に設定された27年度の財政指標の目標値を教えて頂けませんか」でした。

2)27年度の目標値に対して、現状(26年10月)で27年度末の財政指標はどの様に予測されていますか。

3)目標値と乖離が大きければ、その原因を教えてください。
 

2.財政悪化原因の究明
 財政の現状に関して、市長の説明資料(参考資料3)から全ての指標が類似団体の比較で、最下位にランクされている事は理解できました。
 この原因は、人口変化の予測違いも原因の一つかもしれませんが、市政、市議会を含めて運営上の問題などもあると思います。この際、第三者も含めた「財政悪化究明の委員会」を構成し、原因究明をして頂けませんか。

 問題発生の原因を明らかにして防止策をマニュアル化しなければ再発防止を防ぐ事が出来ません。
 又、財政の改善も一時しのぎの対応になるのではないでしょうか。
 

市の財政リスク回避戦略について(2)
 主題の件に(1)に関連して以下の要望を致します。
 

3.財政悪化状況について市民との認識共有
 市の財政の悪化に関して、市全体として危機感はないように感じます。
 一部の議員は「東葉高速へ増資が28年度で終わるので心配ない」、「市長だけが財政危機をあおっているだけだ」と言う声も聞きます。

 又、2014年9月12日の八千代市のHP「平成25年度決算に基づく健全化判断比率」の記載では、特に財政上の問題はないように思いえます。
 斯様な状況で市民へ財政のリスク回避を訴えても、市民の協力を得るのは困難だと考えます。
 財政の危機状況を分かりやすく市民に知らせてください。 

 例えば、現状では「他市で出来ているあんな事、こんな事が出来ない」、市民の協力で財政状況がこの様なれば「他市でも出来ていないあんな事、こんな事が出来る」と言うような数値を含めた具体的な説明です。
 

要望1:分かりやすい財政危機状況の市民への説明。
要望2:HP「平成25年度決算に基づく健全化判断比率」と「市の財政リスク回避戦略」
    内容を読み説明を聞くと市の全体の意識が不統一に感じられます。
    HPの記載の目的と「市の財政リスク回避戦略」との関連を教えて頂きたい。
    同時にHPの記事は修正又は加筆した方が良いと考えます。

                          平成26年10月6日
 

 

回答

1-1)27年度末の財政指標の目標値は以下のとおりです。

「八千代市第4次総合計画前期基本計画」での目標値
       経常収支比率   90%
        公債費負担比率 15.0%

「八千代市第2次行財政改革大綱前期推進計画」での目標値
        標準財政規模の5%以上の財政調整基金残高   

    

1-2) 前述の27年度末での目標値に対する26年10月時点での予測ですが、「財政リスク回避戦略2014キックオフ~持続可能な市政運営のための立て直し戦略(2か年プログラム)~」(以下、「財政リスク回避戦略」と略)の参考資料1に基づき説明しましたとおり、27年度において約35億円の歳出超過が見込まれていることから、同プログラムで示されている立て直し策[1]から[9]を着実に実施していくこととしています。

  現時点で予測することは困難ですが、大きな方向性としては、経常収支比率に関しては、同プログラムの取組みにより、各経常経費の削減、経常収入の確保などにより、25年度決算時の93.6%からの改善を見込んでいます。

 公債費負担比率に関しては、公債費は過去に借り入れを行った地方債の償還額であり、同プログラムの取り組みに合わせて平成27年度以降の地方債発行の適正化に努め、将来的な公債費の縮減に努めますが、26年度では地方債の元金償還額を超える新規の借り入れを予定していることから、現時点で改善を見込むことは困難と考えられます。

 財政調整基金残高は、同プログラムの参考資料1に基づき説明しましたとおり、27年度において約35億円の歳出超過が見込まれ、今後、基金などの活用も考えられることから、標準財政規模の5%以上の財政調整基金残高の確保を現時点で予測することは非常に困難と考えられます。
 

1-3)目標値との乖離の原因につきましては、「財政リスク回避戦略」にも記載していますが、計画人口と実際の人口のずれによる、市税収入の不足、生活保護費を初めとする扶助費の増加、国民健康保険事業・介護保険事業・後期高齢者医療特別会計への繰出金などの経常経費の増加傾向、臨時財政対策債の累増、義務教育施設の地震補強事業や新川周辺地区都市再生整備事業などの財源として、地方債(市債)や事業実施を優先した財政調整基金の活用を行ってきたことなどが考えられます。
 

2.財政悪化原因の究明につきましては、第4次総合計画前期基本計画期間(平成23~27年度)における一般会計の財政収支見通しとの比較では、東日本大震災の影響などから、その基礎となります人口想定に対し、24年度で約6,500人、25年度で約9,200人程度実績が下回っています。
 このため、5か年の総計で60億円を超える市税収入の減が想定されるところです。

 財源対策として多額の財政調整基金の取り崩しを行うなど、歳入の下振れによる影響が大きいものと考えています。
 

平成27年2月23日

このページに関するお問い合わせ

八千代市 広報広聴課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)

ご意見・お問い合わせ