ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 住民票 > 住民票の写しが必要なとき

住民票の写しが必要なとき印刷用ページ

2017年8月4日 更新

住民票の写しを交付申請する場合の手続きをご案内します。
マイナンバー(個人番号)記載の住民票の写しは、本人または同一世帯員の方のみ窓口でお渡しすることができます。代理人の場合は、本人宛の郵送になります。
※マイナンバー(個人番号)の記載が必要か提出先にご確認の上、住民票の写しを請求してください。

住民票の写しの発行

本庁戸籍住民課、支所、連絡所のいずれの場所でもできます。請求する人の本人確認できる書類をご持参ください。

郵便による請求

請求は次の1~8を明記し、手数料(郵便局の定額小為替(1通につき300円分)。切手は不可)と切手を貼った返信用封筒、請求する人の本人確認できる書類のコピー(運転免許証、保険証など)を同封し、戸籍住民課に請求してください。

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 世帯全部か一部かの別
  4. 本籍地・続柄の記載が必要か不要か
  5. 必要数
  6. 使いみち
  7. 請求する人の氏名と押印 (認印)
  8. 返送先 (原則として住民登録の住所) と連絡先の電話番号
    ※お手元に届くまで1週間程度時間がかかります。
    ※マイナンバー(個人番号)記載の住民票の返送については、対象者の住所地のみとなります。また普通郵便以外を希望する場合には、料金をご負担いただきます。

電話予約

 開庁日の午前9時から午後4時までに、戸籍住民課・東南支所及び勝田台支所へ電話で予約すれば、市役所が閉庁しているときでも、市役所守衛室、消防の八千代台分署・勝田台分署で、住民票及び戸籍の附票が受け取れます。
 詳しくは電話予約のぺージをご覧ください。 

他人の住民票の写しを請求するとき

本人または本人と同一世帯以外の人が交付請求をする場合は、本人からの委任状が必要です。また、本人の同意なしに請求しようとする場合は、正当な理由を請求書に詳しく記入していただきます。
正当な理由とは、自分の権利を行使したり、自分の義務を履行したりするため、住民票の内容を確認する必要がある、国または地方公共団体に提出する必要がある、などです。
例えば、債権の回収や債務の履行、また、相続手続や訴訟手続等の法令に基づく必要書類として請求する場合で、市が相当と認めるときは請求できます。

他の市区町村で住民票の写しを取得するとき

取得できる住民票 
 本人のもの、本人と同一世帯員のもの
  ※本籍は記載されません。

請求に必要なもの 
 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証など(官公署が発行した免許証、許可証もしくは資格証明書等で顔写真が貼付されたものに限ります。)

請求場所・手数料
 市区町村ごとに定められています。詳しくは請求地にお尋ねください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 戸籍住民課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)