ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 職員における新型コロナウイルス感染者の発生及び対応について

職員における新型コロナウイルス感染者の発生及び対応について

ページ印刷
ページID:000014285

2020年4月13日 更新

(第3報)4月9日(木)千葉県発表【千葉県内272例目】の市職員の新型コロナウイルスの感染について(続報)及び感染リスク低減のための市職員の勤務体制の変更による対応について

(第3報)4月9日(木)千葉県発表【千葉県内272例目】の市職員の新型コロナウイルスの感染について(続報)

 4月8日(水)に、本市職員が新型コロナウイルスに感染し、同じ執務室にいた職員及び当該職員と接触のあった職員について自宅待機としておりましたが、4月11日(土)に習志野保健所より、濃厚接触者に該当する者はいないとの報告がありました。
 このため、自宅待機としていた職員は、マスクの着用など通常の感染予防策をとったうえで、4月13日(月)から出勤することといたしました。また、4月13日(月)朝までに体調不良を訴えている職員はおりません。

感染リスク低減のための市職員の勤務体制の変更による対応について

 新型コロナウイルスに係る国の緊急事態宣言を受け、令和2年4月15日(水)から5月6日(水)(※状況により延長の可能性あり)までの間、本市職員の勤務体制について、時差出勤及び要勤務日の振替により、極力職場内の密集及び通勤時の密集を減らし、感染リスクを低減させる勤務体制といたします。
 なお、市役所及び各施設の開庁時間に変更はありません。

(第2報)職員の感染に係る続報及び拡大防止の取組状況

4月9日に感染が確認された本市職員につきましては、専門医療機関に本日入院し、熱が少しあるものの、その他の症状はなく安定しております。
なお、当該職員の勤務については、市役所本庁舎勤務の内勤職員であり、窓口にて直接市民に接する業務ではございません。
今回コロナウイルス感染者が発生した所属については、執務室内の消毒を2回行ったほか、同じ執務内で勤務していた全職員について8日午後から全員自宅待機措置としております。

今後においても引き続き、感染予防の取組について強化してまいります。

【現在実施している拡大防止の取組】
1、出勤したらまず手洗いを行う。
2、毎朝、職員の体調確認を行う。
3、執務室は基本的には窓を開けて、換気が良い状態とする。
4、対人距離の確保とマスクの着用の徹底を行う。
5、歓送迎会等の多くの人が集まる会合及び不特定多数の人が集まる場所の利用は自粛する。
 

(第1報)職員での発生状況

 4月9日に、県より本市職員の新型コロナウイルスの感染者が確認されたという報告がありました。
 当該職員につきましては、発症前からマスクを着用して通常業務を行っており、現在は自宅療養中です。
 市職員に感染が確認されたのはこれが初めてで、感染経路は不明です。
事例 患者の概要
1 30代男性

症状・経過
4月 6日 発熱(38℃台)、倦怠感が出現。
4月 7日 県内医療機関を受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)
4月 8日 検査の結果、陽性と判明。

※行動歴:発症前2週間以内に海外渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認されていない。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

八千代市 職員課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-487-5111(人事研修班)※給与厚生班は代表番号へ ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.