ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙制度 > 郵便等による不在者投票

郵便等による不在者投票印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 身体に重度の障害のある選挙人が選挙権を行使できるように、郵便等による不在者投票制度があります。
 また、郵便等による不在者投票ができる人のうち、自ら投票の記載ができない人についても、代理記載制度があります。 


 下記の表のいずれかに該当する人は、郵便等による不在者投票を行うことができます。 

条  件 障 害 等 の 内 容 程 度 等
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能の障害 1級又は2級
の所持者 心臓、じん臓、呼吸器、 1級又は3級
  ぼうこう、直腸、小腸
  免疫、肝臓の障害 1級から3級
戦傷病者手帳 両下肢、体幹 特別項症から第2項症
の所持者 心臓、じん臓、呼吸器、 特別項症から第3項症
  ぼうこう、直腸、小腸、肝臓
介護保険法に規定する   要介護5
要介護者

郵便等による不在者投票を行うには、郵便等投票証明書が必要です

 郵便等による不在者投票を行うには、市選挙管理委員会が交付する「郵便等投票証明書」が必要です。
 
 選挙に際し、投票用紙等の交付を請求するには、この「郵便等投票証明書」を添付し、投票日の4日前までに行わなければなりませんので、証明書の交付申請は、あらかじめ余裕のある時期に行ってください。
 
申請書は、市選挙管理委員会にあります。
 
 

  1. 市選挙管理委員会に対し、選挙人が署名した「郵便等投票証明書交付申請書」に、身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証のいずれかを添付して、申請します。
  2. 選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」が郵送されます。


* 要介護者の「郵便等投票証明書」の有効期間は、交付の日から介護保険の被保険者証に記載されている要介護5の認定の有効期間の末日までです。
* 要介護者以外の「郵便等投票証明書」の有効期限は、交付の日から7年間です。
* 期限が切れた場合は、再交付の申請が必要となります。

郵便等による投票の手続き

1 選挙の際、市選挙管理委員会に「投票用紙等請求書兼宣誓書」を備え置きますので、用紙を受け取ってください。
2 「投票用紙等請求書兼宣誓書」に必要事項を記入し(選挙人自身の署名欄があります)、「郵便等投票証明書」を添付して、選挙の期日4日前までに選挙管理委員会へ提出してください。
3 選挙管理委員会から、自宅など現在いる場所に投票用紙・投票用封筒が送付されます。
4 公示日(告示日)の翌日以降、投票用紙に記載します。
5 内封筒に投票用紙を入れて、封をします。
6 外封筒に内封筒を入れて、封をします。
7 外封筒に署名します。
8 郵送により投票用紙の入った内封筒・外封筒を送り返します。(郵便等投票証明書の返送は不要です。) 
* 3と8は、必ず郵便での手続きとなります。
 


郵便等による不在者投票の代理投票制度

このページに関するお問い合わせ

八千代市 選挙管理委員会事務局
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)