ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 市政情報 > 各種計画・報告書等 > 計画の推進のために > 八千代市入札、契約制度に係る中間提言検討結果について

八千代市入札、契約制度に係る中間提言検討結果について印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 八千代市では、公共工事等の入札、契約制度を平成15年度より一部改善することとし、事務を進めておりますので、お知らせします。

趣旨

 本市において、前市長の契約発注をめぐる事件を受け、学識経験者及び公募による市民からなる八千代市入札、契約制度検討委員会を設置し、市の入札、契約制度の検証を行い、更により良い入札、契約制度を推進するため、中間提言が提出されたものであります。
 この提言を受け、調査、検討を行い、入札契約事務手続きの透明性の確保及び公正な競争の促進に向けて次のとおり制度改正を行うことといたしました。

公共工事編

1.予定価格の事前公表 〔実施目標:平成15年9月〕 

(1)公共工事の請負契約に係る入札執行案件は、全て事前公表とする。
(2)積算内訳書は、上記案件を対象に落札者は提出、以外は提示とし義務化する。

2‐1.最低制限価格の設定と公表 〔実施目標:平成15年9月〕

(1)最低制限価格の設定は、原則として一般競争入札及び公募型指名競争入札を対象とする。
 ただし、低入札価格を設定したものは除く。
(2)公共工事で最低制限価格を設定したものは全て事前公表とする。

2‐2.低入札価格調査制度の活用 〔実施目標:平成15年中〕

(1)低入札調査制度の対象は1億5千万円以上の工事とし、八千代市競争入札等業者選定審査会において低入札価格調査制度活用要件に該当すると判断された場合は、試行運用で実施する。
 ただし、最低制限価格を設定したものは除く。

3.入札、契約情報インターネット公開 〔実施目標:平成15年9月より順次〕

(1)インターネットの公表基準は設けず「建設工事に係る入札経過等の公表要領」に基づいて速やかに順次公表内容を充実するものとする。
(2)一般競争入札、公募型指名競争入札の公告等は、インターネットで掲載する。

4.第三者機関の設置 〔実施目標:平成15年度準備、平成16年度実施〕

(1)「(仮称)八千代市入札・契約適正化委員会」設置要綱を設置する。
(2)当該適正化委員会で、提言の4項目についても処理を予定。
・提言の4項目
1.一般競争入札の参加資格の設定
2.指名競争入札の業者選定理由
3.随意契約の相手方の選定理由
4.非指名業者の苦情処理

5.一般競争入札、指名競争入札等の基準及び随意契約に関わるガイドラインの制定

 〔実施目標 : (1)~(2)平成15年9月 / (4)平成15年度中〕
(1)工事の一般競争入札基準は1億5千万円の試行運用から本格運用へ移行する。
(2)公募型指名競争入札基準は1億円~1億5千万円未満とし、試行運用として導入を図る。
(3)希望型指名競争入札は今後公募型の試行運用の結果を見ながら更に検討する。
(4)随意契約のガイドラインを作成する。

6.不正発覚時の罰則規定の設定 〔実施目標:平成15年8月〕

(1)談合等の不正行為による罰則規定として、契約解除および損害賠償額の予定条項を新設し、契約約款に追加整備する。

7.倫理に関する意識の高揚及び倫理条例の制定

(1)「八千代市政治倫理条例制定協議会」を設置し、倫理に関する条例の制定に向け、調査検討する。

委託業務編 〔実施目標:公共工事編に準ずる〕

1.予定価格の事前公表

 役務等の業務委託は、競争入札を対象とした1千万円以上のものについて予定価格を事後公表として実施する。
 予定価格と合わせて委託名称、委託場所、入札参加業者、落札業者、落札金額等を公表する。

2‐1.最低制限価格の設定と公表

 一般競争入札、公募型指名競争入札を対象として、最低制限価格活用要件に該当するものと判断した場合は、試行運用で実施する。
 ただし、低入札価格を設定した場合は除く。
 最低制限価格の公表については、事後公表とする。

2‐2.低入札価格調査制度の活用

 一般競争入札を対象として、低入札価格調査制度活用要件に該当するものと判断した場合は、試行運用で実施する。
 ただし、最低制限価格を設定した場合は除く。

3.入札、契約情報インターネット公開

 5千万円以上の入札物件について、件名・委託の内容・請負金額・受託業者・履行期間等を掲載するものとし、インターネット環境の整備と合わせ順次入札、契約情報の充実を図る。

4.第三者機関の設置

 役務等の業務委託、物件購入契約を審査対象とし、実施するものとする。
 ただし、八千代市入札、契約制度検討委員会において、苦情処理委員会の設置及び外部監査制度の導入の検討が予定されていることから、最終提言を待って、具体的に検討するものとする。

5.一般競争入札、指名競争入札等の基準及び随意契約に関わるガイドラインの制定

 年度当初契約分は従来どおり指名競争入札及び見積競争で執行する。
 年度途中の契約案件は、原則として公共工事の発注基準に基づき一般競争入札及び公募型指名競争入札ついて試行運用で実施する。
 随意契約に関わるガイドラインを作成する。

6.不正発覚時の罰則規定の設定

 役務等業務委託および物件購入契約書に、不正行為による罰則規定として契約解除と損害賠償額の予定条項を整備する。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 契約課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)