ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > プロポーザル方式等 > かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託に係る公募型プロポーザルの実施

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託に係る公募型プロポーザルの実施

ページ印刷
ページID:000013339

2020年6月24日 更新

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査報告書について

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査報告書が国土交通省のホームページで公開されました。
国土交通省ホームページ

随意契約内容

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託に係る公募型プロポーザルを実施しました

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託事業者選定委員会における審査結果を踏まえ、次のとおり選定しました。

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託に係る公募型プロポーザルを実施します(募集は終了しました)

 八千代市を南北に流れる「新川」周辺の後背地に点在している公共施設を含めた多くの資源は「新川周辺地区都市再生整備計画」により整備されてきました。しかし、これまで個々の目的のもと別々に運営されており、「かわまちづくり」との連携や周辺のソフト事業と連携したエリアマネジメントは考えられてきませんでした。
 現在、「印旛沼流域かわまちづくり計画」を進めており、今年度は計画区域内のほぼ中間地点にある阿宗橋について、桟橋の整備に向けた計画を実施しております。また、新川周辺エリアの民間まちづくり活動についても今年度より具体的に動き出しております。
 本業務は、これらの動きに合わせ、今後人口減少が進展する中で持続可能な公共施設の維持管理に関する課題解決を含め、「印旛沼流域かわまちづくり計画」と連携したエリアマネジメントの先導的な事業として、阿宗橋に近接する宿泊設備を伴う自然豊かな施設である「八千代市少年自然の家」を中心に、新川周辺の自然環境を最大限活かしつつ、また、収益を前提とする民間ノウハウを活用した施設整備等を行うため、官民連携事業の導入の可能性について調査を実施するものです。
 そこで、豊富な経験と高い専門知識を有する事業者から広く提案を募るとともに、本市にとって最も優れている応募者を選定したいことから、公募型プロポーザル方式により事業者を募集します。
 

かわまちづくりと後背地の施設を連携したエリアマネジメント調査業務委託に係る公募型プロポーザルのスケジュール

 提案の募集及び選定は、次の日程(予定)で行います。
 募集要綱の公表(市ホームページに掲載) 令和元年9月27日(金)
 募集要綱に関する質問の受付     9月27日(金)~10月3日(木)
 質疑回答(市ホームページに掲載)     10月7日(月)まで
 応募意思表明書の提出     9月27日(金)~10月10日(木)
 応募資格確認結果の通知     10月16日(水)まで
 企画提案書の受付     10月17日(木)~10月23日(水)
 プレゼンテーション     10月下旬
 最優秀提案及び優秀提案の選出、結果通知     11月上旬
 詳細協議     11月上旬
 契約締結     11月上旬

募集要綱及び付属資料

様式

募集要綱等に関する質疑回答

質問に対する回答は、次の質疑回答書のとおりです。

関連ページ

問い合わせ先

〒276-8501  八千代市 資産管理課 マネジメント推進班

このページに関するお問い合わせ

八千代市 資産管理課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-421-6723(マネジメント推進室)047-421-6724(資産管理班)047-421-6725(施設維持班) ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.