ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 市民税 > 台風26号被害による個人市民税の減免

台風26号被害による個人市民税の減免印刷用ページ

2013年10月31日 更新

 台風26号で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 台風26号における被害を受けた人に対して、負担を軽減するための市民税・県民税の減免措置については、下記のとおりとなります。

適用要件

・平成25年度の市民税・県民税が八千代市で課税されている人
・「床上浸水」のり災証明書の交付を受けている人
・前年中の合計所得金額が1000万円以下の人
   上記条件に当てはまる場合、平成25年度の市民税・県民税のうち一部減免を受けることができる場合があります。 
   なお、同一世帯に複数の納税義務者がいる場合、世帯主が対象となります。
   (但し、世帯主が所得割非課税の場合は、この限りではありません。)

適用基準と減免割合

(1)居住住宅が床上50cm以下の浸水被害と認定されたとき

合計所得金額 軽減又は免除の割合
500万円以下であるとき 2分の1
750万円以下であるとき 4分の1
750万円を超えるとき 8分の1

(2)居住住宅が床上50cmを超える浸水被害と認定されたとき
合計所得金額 軽減又は免除の割合
500万円以下であるとき 全額
750万円以下であるとき 2分の1
750万円を超えるとき 4分の1

減免の対象税額

 被害を受けた日以後に到来する納期限の税額について適用されます。

手続きに必要なもの

・り災証明書(写しでも可)
・市民税・県民税減免申請書

雑損控除の申告について

 災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。
 雑損控除については、千葉西税務署(電話:043-274-2111)までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 市民税課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)