ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 市民税 > 平成27年度適用の主な税制改正点

平成27年度適用の主な税制改正点印刷用ページ

2015年12月1日 更新

1.住宅ローン控除の延長・拡充

 所得税の住宅ローン控除の適用者(平成26年から29年までの入居者)について、所得税から控除しきれなかった額が、次の控除限度額の範囲内で個人市民税・県民税から控除されます。
 
(1)住宅ローン控除の適用期限(現行:平成25年12月31日入居まで)が29年12月31日まで4年間延長されます。

(2)消費税率引上げに伴う税負担の増加による影響を平準化する観点から、特例的な措置として、所得税の住宅ローン控除の適用者(平成26年から29年までの入居者)について、所得税の住宅ローン控除可能額のうち所得税から控除しきれなかった額を次の控除限度額の範囲内で市民税・県民税から控除します。

居住年 現行(~平成25年12月) 平成26年1月~3月 平成26年4月~29年12月
控除限度額 所得税の課税総所得金額等の5%(最高9.75万円) 同  左 所得税の課税総所得金額等の7%(最高13.65万円) 
※27年度改正で、延長期間が31年6月末に変更されました。
  詳しくは、平成28年度適用の主な税制改正点を参照してください。 

2.上場株式の配当・譲渡所得等に係る20%本則税率の適用

 上場株式等の配当・譲渡所得等に係る10%軽減税率(所得税7%、市民税・県民税3%)の特例措置は、平成25年12月31日をもって廃止されました。26年1月1日以後は、本則税率の20%(所得税15%、市民税・県民税5%)が適用されています。 
 それに伴い、市民税・県民税配当割・株式譲渡割の控除額が、下記の内容に変更となります。
 

所得税 25年分まで 26年分以後
市民税・県民税
適用課税年度
 26年度まで  27年度以後
税額控除額 軽減税率 3%
(市民税1.8%、県民税1.2%)
本則税率 5%
(市民税3%、県民税2%)
 
 

3.非課税口座内の少額上場株式に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の施行日の延長(平成26年1月1日から適用)

 非課税口座内の少額上場株式に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の施行日が2年延長となります。 

4.ゴルフ会員権等の譲渡損失に係る損益通算等の改正

 譲渡損失の他の所得との損益通算及び雑損控除を適用することができない、生活に通常必要でない資産の範囲に、主として趣味、娯楽、保養または鑑賞の目的で所有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権等)が追加されました。
 このため、ゴルフ会員権等の譲渡損失については、総合課税において、他の所得との損益通算が適用できなくなりました。申告の手続きなどは、税務署でしてください。

 なお、この制度は、26年4月1日以後の資産の譲渡等により生ずる損失の金額及び同日以後の災害等により生ずる損失の金額について適用されます。

5.給与支払報告書等の電子的提出の義務化(平成26年1月1日から適用)

  26年1月1日以後に提出する給与支払報告書等について、下記の「税務署に提出する法定調書等の提出において、国税電子申告・納税システム(e-Tax)または光ディスク等により提出する義務のある人」は、地方税ポータルシステム(eLTAX)による送付または光ディスク等による電子的提出が義務化されます。

「税務署に提出する法定調書等の提出において、国税電子申告・納税システム(e-Tax)または光ディスク等により提出する義務のある人
 23年6月の税制改正により、所得税の「給与所得の源泉徴収票」や「公的年金等の源泉徴収票」等に係る法定調書等の各々において、提出期限の属する年の前々年の1月1日から12月31日までに提出すべきであった枚数が1,000枚以上の場合は、その法定調書等の提出義務者は、以下のいずれかの方法により、所管税務署長に提出する事となりました。
 (1) 法定調書等に記載すべき事項を記載した光ディスク等を提出する
 (2) e-Taxを使用して送付する

6.記帳・帳簿等の保存制度の対象者拡大(平成26年1月1日から適用)

 26年1月から、個人の白色申告者のうち、前々年分あるいは前年分の事業所得、不動産所得または山林所得の合計額が300万円を超える人に必要とされていた記帳と帳簿書類の保存が、これらの所得を生ずべき業務を行う全ての人(所得税の申告の必要がない人を含みます)について必要になります。
 記帳・帳簿等の保存制度や記帳の内容の詳細は、国税庁ホームページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。
 詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。 千葉西税務署 電話:043-274-2111(代表) 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 市民税課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)