ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 市民税 > 市民税・県民税の申告には、マイナンバーが必要です

市民税・県民税の申告には、マイナンバーが必要です印刷用ページ

2016年12月6日 更新

 この度、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、平成29年度分市民税・県民税の申告に、マイナンバーが必要となりました。    
 申告書へのマイナンバーの記入と、提出の際のマイナンバーカードなどによる本人確認に必要です。

申告書へのマイナンバーの記入

 記入が必要なマイナンバーは大きく分けて以下の3種類があります。
 これらのマイナンバーを、申告書にもれなく記載してください。

  1. 本人のマイナンバー
  2. 控除対象配偶者のマイナンバー
  3. 控除対象扶養親族および16歳未満の扶養親族のマイナンバー

本人確認のための必要書類

 市民税・県民税の申告書を提出する際は、なりすまし防止の観点から、番号確認(正しいマイナンバーであることの確認)と、身元確認(提供を行う人が番号の正しい持ち主であることの確認)の、2つの本人確認を行います。
 以下、提出方法の3つの場合に分けてご案内します。

  1. 本人が申告に来られる場合
  2. 郵送または支所・連絡所へ提出する場合、記入済みの申告書をご家族などが提出するだけの場合
  3. 代理人が申告に来られる場合

※番号確認と身元確認の他にも、源泉徴収票や各種控除証明書などはこれまでどおり必要ですので、あわせてお持ちください。

1.本人が申告に来られる場合

 マイナンバーカードをお持ちの人は、番号確認と身元確認を1枚で行うことができます。
 お持ちでない人は、番号確認で使用する通知カードまたは個人番号が記載された住民票の写しと、身元確認で使用する運転免許証などを用意してください。
 いずれの書類も、原本をお持ちください。

本人による申告には、マイナンバーカードもしくはマイナンバーがわかる書類と身分証明書が必要です

2.郵送または支所・連絡所へ提出する場合

 郵送での提出または支所・連絡所へ提出する場合は、
 「1.本人が申告に来られる場合」の必要書類の写しを添付してください。

 記入済みの申告書を、ご家族などが提出するだけの場合も同様です。

3.代理人が申告に来られる場合

 代理人が申告に来られる場合は、本人の番号確認に必要な書類のほか、代理人の身元確認と、代理権の確認のための書類(委任状)が必要です。

代理人の申告には、委任状と、代理人の身分証明書が必要です

関連ホームページ

このページに関するお問い合わせ

八千代市 市民税課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)