ページトップ

[本文へジャンプ]

都市計画税印刷用ページ

2013年4月1日 更新

 都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用にあてるために目的税として課税するものです。

都市計画事業
1.交通施設(道路、駐車場等)
2.公共空地(公園、緑地・広場等)
3.上下水道、電気・ガス供給施設、汚物処理場、ごみ焼却場、その他の供給施設又は処理施設等

納税義務者

 都市計画税を納める人は、毎年1月1日(賦課期日)現在に都市計画法による都市計画区域のうち、市街化区域内に所在する土地、家屋の所有者です。

課税標準額

土 地
1.住宅用地については課税標準の特例があります。

  課税標準の特例
小規模住宅用地 価格×1/3
一般住宅用地 価格×2/3 
 宅地評価においては、評価額に占める税負担の割合が高い土地については、その課税標準額を据置き又は引き下げ、低い土地については、引き上げて税負担の均衡化を図っています。

家 屋
 固定資産税の課税標準となるべき価格と同じです。

免税点

 固定資産税について免税点未満のものは、都市計画税についてもかかりません。

税率

 都市計画税の税率は、地方税法の規定により、八千代市税条例で定められています。
    税率 0.3%

納税の方法

 都市計画税は、固定資産税とあわせて納めていただくことになっています。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 資産税課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)