ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 債権管理 > 八千代市の債権管理業務

八千代市の債権管理業務印刷用ページ

2016年11月15日 更新

 八千代市では、地方自治法等の法令及び債権管理条例に則り、債権管理課と各所管課が共同して債権管理業務を行っています。

債権管理課の業務の概要

1 債権管理課による徴収業務
 債権管理課は、平成24年度に、徴収一元化による市民負担の軽減と徴収効率化による財源の確保のために設置され、市税等の強制徴収公債権(注1)について、各所管課より移管を受け、滞納処分を前提に徴収業務を行ってきました。
 これに加え、平成27年度からは、非強制徴収債権(注2)についても移管を受け、裁判手続への移行を前提に徴収業務を行っています。

2 各所管課の徴収業務に関する助言・指導
 債権管理条例に基づき各所管課が策定した徴収計画のヒアリング、債権管理研修等を通じ、各所管課の徴収職員の徴収スキルの向上を図っています。

(注1) 強制徴収公債権
 地方税法(国税徴収法)の例による滞納処分ができる債権で、市税、国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育園保育料などがあります。
(注2) 非強制徴収債権
 非強制徴収公債権と私債権があります。
 非強制徴収公債権とは、滞納処分ができない公債権で、行政財産使用料、学童保育料、し尿処理手数料などがあります。
 私債権とは、自治体と住民との間で、私法上の契約関係が成立することによって発生する債権で、水道料金、市営住宅使用料などがあります。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 債権管理課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)