ホーム > くらしの情報 > 教育 > 社会教育 > 博物館実習生の受け入れについて

博物館実習生の受け入れについて

ページ印刷
ページID:000013787

2020年1月7日 更新

要項

1 趣旨

博物館の専門職員である学芸員の資格取得をめざし、博物館法施行規則第1条に定める「博物館実習」の単位を当館で実習によって修得しようとする学生(以下「実習生」という。)を受け入れるものとする。

2 実施期間

令和2年7月~8月中の10日間(詳細は後日決定)

3 受入人数

5名程度

4 対象者

次の(1)~(3)の条件を満たす者または(4)による者を対象とする。
(1)博物館学芸員の取得に必要な他の科目を修得済み、または履修中であり、大学が適当と認めた者
(2)市内在住か実習に際して通うのに支障のない地域に居住、あるいは市内大学に在籍し、すべての実習に参加できる者
(3)歴史・民俗・経済・美術・自然等に関連する学部を専攻する者
(4)八千代市立郷土博物館長が特に認めた者
 

5 申込方法

実習を希望する者は八千代市立郷土博物館において配布する所定の書類に記入の上、郵送もしくは持参すること。
(1)書類配布期間 令和2年1月5日~令和2年1月31日
(2)申込期間   令和2年1月5日~令和2年1月31日(必着)
(3)提出書類   ア.博物館実習申込書
           イ.身上書
           ウ.博物館実習希望理由書
           エ.返信用長3型封筒(84円切手添付
(4)提出先    八千代市立郷土博物館 博物館実習担当
           〒276-0028 八千代市村上1170-2

6 決定通知

提出書類の内容に基づき選考を行い、実習生を決定し、3月末日までに本人宛に受入決定通知を送付する。

7 その他

(1)受入決定通知のあった実習生は、令和2年4月1日以降、速やかに大学を通じて依頼文書及び誓約書を提出すること。
  誓約書の様式は受入決定時に本人に郵送する。
  大学からの依頼文書及び誓約書の提出後、正式に実習受入の回答を大学に送付することとする。
(2)実習の集合時間、カリキュラム等実習生への連絡は、原則として大学を通じて行う。
(3)実習費は無料とする。
(4)実習終了後、実習修了証明書と実習ノートを大学に送付する。
(5)実習は、原則として八千代市立郷土博物館内で行うこととするが、館外で行うこともある。

要項・申込書ダウンロード

申込みに必要な博物館実習申込書・身上書・博物館実習希望理由書はこちらよりダウンロードして記入し、提出してください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 郷土博物館
〒276-0028 千葉県八千代市村上1170-2
電話番号: 047-484-9011 ファクス:047-482-9041

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.